陸中「自殺」騒動

 小6から中1になる春休み、やっと「横山図鑑」を手に入れた。欲しくて欲しくてたまらず、両親や祖母、親戚からもらったお年玉をずっとキープし、仙台まで連れて行ってもらって買った。
 思えば、何かを手に入れるために計画的に金を貯めたっていうのはこのときくらいのもの…。
 真新しい図鑑のページを繰るときのあのちょっとひっかかる感触がなんともいえなかった。毎日飽かず眺めた。特に気に入ったのが増補の部分で、そこに「チョウセンアカシジミ」が載っていた。解説によれば最初に岩手で発見されたチョウであるという。「凄い!」と思った。
 何せ「日本のチベット」と称された岩手県である。そこに住む者として少なからずコンプレックスがあった。だから、たとえちっぽけなチョウチョでも、岩手で初めて採れたということは、そのコンプレックスをいくらか軽くするものでもあったのだ。
 その日以来、「龍泉洞」はボクにとっての聖地になった。同じ県内なのに、当時、盛岡まで急行で2時間、山田線に乗り換えてさらに盲腸線の岩泉線で浅内まで、接続がうまくいっても3時間以上、列車の本数を考えると、どう足掻いても日帰りのできない所だった。そうこうするうちに、弟の病気の治療で転地を勧められ、おフクロの実家のある宮城に越すことになり、さらに聖地は遠くなった。
 高校3年になったとき、1学期の期末試験後の「試験休み」がチャンスだと思った。国体予選までは1ヶ月以上あるから2,3日は部活を同級生に委ねられる。Sに、「龍泉洞へ行かないか?」と声をかけた。「チョウアカ、すか?」、「んだ!」で決まった。
 Sはいろいろと調べてくれ(ここがSのいいところで、言いだしっぺのボクは「行きゃ何とかなるさ」の能天気…。今だって…)、スケジュールは出来上がった。
 「どごさ泊まんの?」、「洞の前に休憩所があるみでぇだから、野宿でもいいっちゃ…」。
 ボクらは長竿を手に勇躍旅立った。朝一番に出て龍泉洞に着いたのが昼前、休憩所に荷物をほっぽり出して、すぐ前の清水川に沿って叩き始めた。「こいづが『トネリコ』だがら…」。そう、ヤツはちゃんと食樹の下調べもしてきているのである。特徴のある木肌はすぐに覚えた。4、5本叩くうちにあっさりと採れてしまった。3頭ほどがヘラヘラと落っこってきたからである。「あおらやぁ~(これは宮城県北の感嘆詞)」というSの声が響いた。川をさかのぼること1kmくらい、あらかたを叩き終えて休憩所に戻った。完品だけをキープしたので2人ともやっと10頭くらいであったが十分に満足できた。
 休憩所脇の食堂で遅めの昼食を食べ、「この後は、なじょすんの(どうするの)?」と問うと、「あっちさ入ってみねすか?」と宇霊羅山を指す。今は新洞の入り口になっているところの脇の辺りに道があった。手当たり次第に叩くとゼフが飛び出す。「凄いなや!」とかいいながら登っていくと、でかい葉っぱの木が群生する場所に行き当たった。「あぁ、こいづは『カシワ』だ。ダイセンがいっかも(いるかも)…」。確かに柏餅を包む葉っぱに似ていた。叩いてみてチラチラと飛び出すヤツをネットに入れてボクが叫んだ。「あれ?こいづは『クボウラミスジ』だっちゃ」。そう「横山図鑑」では、「ウラミスジシジミ」、「クボウラミスジシジミ」と分けて載っていたのだった。
(クボ=signata、ウラミスジ=quercivora、というのは、この翌日に出会う仙台一高のチョウ屋、Kが使っていたので、「あっ、そうだった!」と…)
 「京浜(昆虫同好会)の人達が書いた『山の昆虫たち』っつ本さ、この裏の模様でaがらzまで集めた人がいんだど。オレらもやってみっぺが…」。夢中になった。「qだ!」、「こいづはsに見えねべが?」。26種類は無理だった。ウラジロミドリやウスイロオナガなどのカシワっ食いのゼフを始め、初めて採ったいろいろなゼフで三角缶をいっぱいにして下りてきた。
 「今度は『ヒメジョオン』だがら…」、「何で?」、「『キマルリ』だっちゃ…」。夕刻近くになって、川沿いのヒメジョオンの咲いている場所に出向いた。「いだ!」、Sが叫んだ。「どご?」、「ほれ、そごにたがってっちゃ…」。確かにいた。Sがネットを振ろうとすると、そいつはビュンと舞い上がった。そしてまるでアブのように翔び回る。よく見ると同じように翔んでいるのが2つ、3つ…。慌ててネットを構えるが翔んでいるのにはタイミングが合わない。「止まるまで待だねっけダメだ…」。Sがいうのに、「んだら、あっちさ行ってみっから…」。ボクは20mほど先のもう1つのヒメジョオン群落に移った。じっと見てみると1つ止まっている。それを確認してネットを振ると入った。「採ったどぉ~」と叫ぶと、「オラもぉ~」という声が返ってきた。よく見ると尾状突起が1本欠けたスレだったが、とにかくうれしかった。
 休憩所で一泊して朝になり、ボォ~っとしていると、テント場からやってきた2人連れの一方に話しかけられた。「『チョウアカ』ですか?どちらから?」。Sが「オラだづ、宮城県の小牛田がらなんだよね」と答えた。Sはかたくなに「宮城県北弁」を使い通し、状況に応じて「東京弁」を使うボクを冷ややかな目で見るのが常だった。ボクはボクで言語センスの差だと思っていたのだったが…。しかし、やつの宮城弁に彼らは反応した。「えっ?オレら仙台なんだっちゃ~」。話し始めると年も同じ、すぐにうちとけて、4人で田野畑へ転戦することが決まった。
 先方のKが前年に田野畑に入っていて、甲地や尾肝要のポイントを知っているというのである。問題は「足」で、岩泉と田野畑は一日に1便か2便のバスしかなく、その日は夕方の5時過ぎになってしまうのであった。
 若いということは恐ろしい。すぐに来るという安家行きのバスで峠近くまで行き、歩いていこうとなった。もっとも荷物はみなKたちのテントに突っ込んで、ネットと三角缶だけの軽装だからさして苦もなく、バスを降りて2時間ほど歩いて田野畑に着いた。集落に1軒だけある「喜久屋」という小さな宿に宿泊を頼み、Kの案内でチョウアカのポイントへ出向いた。何てことのない畑の脇の細い2mほどのトネリコがホストだった。成虫はスレてはいたが、メスの中には完品もあった。「オ~イ」とKの呼ぶ声で駆け寄ると、「こいづなんだよね」と幹に産みつけられた卵を示す。それではと辺りのトネリコで探してみると、造作もなく卵塊を見つけることができた。
 1泊2食付で1300円の「喜久屋」は、その後5年ほど厄介になったが、ず~っと1300円だった。当主は当時70歳近いおばぁちゃんで、話に夢中になって大声になるボクたちを注意するでもなく、まるで孫を見るような優しい目で接してくれた。また、同宿の大人たちは、長期の工事や行商でやってきている人達で、食事時に「アンチャンら、こっちさ来て一緒に飲んだらいいべっちゃ…」と誘ってくれた。もちろん「まだ、高校生ですから…」と遠慮して、広間のテレビを見ていた。
 翌日、朝食後に支払いを済ませ、もう1つのポイントに出向いた。そこに着いたとき、Kの相棒が「あれ?バスは何時だっけ?」と洩らした。「8時20分だっちゃ!」。時計を見ると8時10分、4人はダッシュでバス停に戻ったが間に合わなかった。一計を案じたボクたちは郵便局にまわった。集配の時刻が9時…。これしかないということで、1人が50円ずつ出しあって赤い車を待った。9時にあと5分くらいのところで郵便車がやってきた。バスに乗り遅れて龍泉洞へ戻れない。何とか乗せていってもらえないかと懇願すると、あっさりとOKが出た。
 4人で200円の御礼を渡して龍泉洞前で郵便車を降りたのは10時過ぎだった。清水川にかかった橋のたもとに2台のパトカーが停まっていた。橋を渡ると洞の入り口には20人ばかりの人だかりが…。「何かあったんだべか?」と話をしながら近づいて聞いてみると「自殺」だという。ボクらも野次馬の一員になって見ていた。しばらくして洞から出てきた警察官が「『仙台一高』って言ったよね?」と一緒に出てきた人に問うのが聞こえた。Kに「一高の人間だど…」と言うと、驚いて「一高の何てやつですか!」と声をかけた。警察官と一緒に出てきた人が目を上げ、「あっ!アンタ」と言った。捜索対象はKたちだったのだ。
 警察官と一緒の人は管理事務所の人で、夕方からテント場に人影がなく、朝になっても気配を感じない。不安になってテント内を覗くと荷物だけが置いてある。キャンプ場の利用申込書を見ると「仙台一高3年」となっている。ひょっとして受験ノイローゼで…と想像がいったみたいなのである。当然、キャンプ場を離れる旨の連絡を怠ったこちらのミスで、Kたちはもちろん、ボクとSも「ヤベェ~」となった。とにかく4人で必死に詫びた。警察官が「事情を聞きたいからちょっと来て」と言うものだから、不安な気持ちのまま食堂へついていった。
 一番奥の席に腰を下ろすと、「まぁ、何事もなくてよかった。こちらだって妙な仕事はしたくないから…。でも、事務所へはちゃんと伝えていくべきだったね」と優しく諭された。4人そろって頭を下げると、「さて、時間ができたから冷たいものでも飲んでいこう。ビールがいいかい?あっ、まだ高校生かぁ。まずいまずい…」。最後はしっかりとからかわれてしまった。でも、リボンシトロンは甘かった。
[PR]
by luehdorf | 2009-01-28 23:47 | チョウなど | Trackback | Comments(22)
トラックバックURL : https://himegi.exblog.jp/tb/9499817
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kenken at 2009-01-29 00:19 x
青春画像ならぬ、青春日記ですね。
なんとリアルな記憶・・・最後まで読み入ってしまいました。
横山図鑑・・・えぇ本です。
Commented by luehdorf at 2009-01-29 08:34 x
kenken様
’66~’69、Sと一緒にずいぶんといろいろなところに出向きました。
実はこの’69の龍泉洞行きでは、ラジオを持っていっていて、「アポロ11号」の月面着陸の様子を聞いています。
休憩所のベンチに横になり、「凄いことをやったなぁ!」と思いながら寝入ってしまったような…。
K様のキマルリと同様、チョウアカはボクを熱くさせるチョウです。
Commented by Rhetenor at 2009-01-29 10:28 x
チョウアカ&キマルリの採集記、楽しく拝見させて頂きました。
私の行動と酷似しており、共感しました(笑)。

岩泉は大学生時代に行きましたが、雨に祟られました。
(今でしたら、雨でも叩いていたでしょうが・・・)
田野畑は未だに行けてません。

今はチョウアカの保護の為、キマルリ狙いでも
注意を受けるそうですね(悲)。

あっ、例の話はチョウアカの話だったのですね。
私、早とちりをしていたみたいです。
Commented by カトカラおんつぁん at 2009-01-29 21:02 x
こんばんは
長い日記でもあっと言う間に読み終えてしまいました。そして、数十年前の世界に想いを馳せる私が居ました。と言っても高校生当時の私には先立つものがなく、自転車で蔵王山麓に出かけるのがやっとこさでした。
同じハヤシミドリも白石市鉢森山に登って採ってました。
チョウアカのような珍品とはまるで縁遠い採集を繰り返していたのでしたが、どの蝶にもあっつく燃えていたのは変わらないかも。

Commented by luehdorf at 2009-01-30 00:16 x
Rhetenorさん
岩泉、雨でしたか…。
ボクは5年ほど通いましたが、夕立が一度だけでした。
できれば翔んでいるシーズンに今一度と思っています。
田野畑だってキマリンいそうですもん。

例の話のとき、あの盛り上がりですし、ボクは「一人-2次会」からず~っと飲みっぱなしだったんで、結構きてたんです。(ちゃんとろれつが回ってたかなぁ?)
ホントに申し訳ありません。
Commented by luehdorf at 2009-01-30 00:38 x
カトカラおんつぁん様
中3からの4年間の集大成でした。
小学生の採集品の中にアオスジアゲハを見つけ、町内をシロダモを探して走り回ったり、田んぼっぺりのハンノキを叩いてミドリシジミのA型♀をどっちが先に採るかとかってやってました。
チョウアカはボクの一目ぼれってやつでして、本物がヘラヘラと舞い落ちてくるのを見たときはちょっと拍子抜けしました。
Commented by itsuki at 2009-01-30 00:47 x
「青春・採集日記」 拝読させて頂きました
 読んでるうちに自分の高校時代の採集行を思い出し
 熱いものが沸いてきました

 皆さん 同じような経験をお持ちのようですね
 当時は移動手段は電車かバス あるいは自転車とか・・・・・
 苦労した分 お目当てを採集出来た時の喜びは大きかったように思います
 またお話を聞かせてください
Commented by luehdorf at 2009-01-30 17:02 x
itsuki様
いまだに「採る」ことにうつつをぬかしています。
でも仕事で疲れたとき、家でノペ~っと過ごしているよりも山(冬は海で釣りです)に出かけた方が元気になれるんです。
ず~っとやめられないですね。

PS M様、昔のことを思い出すためにずいぶん勉強なさったみたいですね。こちらは’83年発行の高校参考書、チャート式の生物と化学が武器ですから、細かくなるとなんとも…(爆)。泥試合を避けるため一時撤退いたします。
Commented by itsuki at 2009-01-30 23:22 x
luehdorfさんも釣をやられるんですか~・・・・・・

 実は僕も大好きです
 冬の海で・・・・と言うと”メジナ”でしょうか?

 僕は17年程前からジギングに嵌り 
 夏はシイラ、メジ、カツオなど 冬はハマチ~ブリ狙いです
 釣は楽しいけど道具が高くて大変です~(泣)
 僕のブログの2007年6/22と 8/16に釣果がアップしています
 どうぞ ご覧ください(恥ずかしいけど~・・・・)

PS M氏は 以前から気難しい方で(学者肌)理屈っぽくて
   気になるところは とことん議論して来ます
   だからある程度加熱したら僕は無視します
   ただ 彼は「蝶屋」では無く アサギのマーキングに興味があるだけで
   蝶の採集には反対するので彼の前で採集の話はしません
   多分、彼はワイン好きのようで 僕に接近して来たと思うけど・・・・
   普段はいい人ですが ご機嫌を損ねると厄介な奴です・・・・・・
   luehdorfさんの仰る通り 反論するときりが無いですね(笑)
Commented by luehdorf at 2009-01-31 00:32 x
itsuki様
ボクの釣りは投げで、主にカレイ狙いです。あったかい季節には蝶(虫ヘン)、寒い季節には鰈(魚ヘン)とシャレてますけど…(笑)。
釣れてきたものは基本的に食べることにしています。昨年はハゼの湧きがよくて、ずいぶんと天ぷらを楽しみました。これって普通のところじゃなかなか食べられないんで、結構な贅沢であると思ってます。
11月に、パートナーに竿を2本持っていかれたので、車の荷室の底にあった投げ竿で30mほど放っておいたら25cmのマコガレイが…。
すぐにすべての竿をたたんで帰宅の途に…。氷だってコンビニじゃ買いません。マックに寄ってコーヒーを買い、「ちょっと氷もらえないかなぁ~」って50円玉をちらつかせたら、「どうぞ!」って只で…。
せこいでしょ?(爆)
片身は刺身、残りは唐揚げにしたら最高でしたぁ~。
釣りだってチョウチョ採りと同じ、頭を使わないと釣れませんよね…。
覗かせていただきま~す。
Commented by いにしゃるZ at 2009-01-31 00:58 x
今日は楽しいお話ありがとうございました!

今後もブログ更新楽しみにしています!
更新がなくても待って(監視して)います♪笑
Commented by nomusan at 2009-01-31 06:10 x
うう~・・・思いっきり出遅れてしまったぁ・・・(大汗)。
一気に拝読させて頂きましたぁ。いやぁ~素晴らしい採集行でしたね。
交通の便も良くなり、情報量も増えた今では、決して味わえない達成感でしょうね。興奮が心地よく伝わって参りました。採集行前に時刻表読んで接続がうまく行きそうなダイヤ見つけるのも楽しみでしたね。

ただ、
>もちろん「まだ、高校生ですから…」と遠慮して、広間のテレビを見ていた。
このくだりだけは・・・ちょっと・・・(爆)。
Commented by luehdorf at 2009-01-31 10:28 x
Z様
久しぶりに大騒ぎしましたね。
カキでノロが出たり、O157との絡みで保健所が大分神経質になってるとか…。
お目当ての「レバ刺し」はしばらくお預けみたいですね。
「レバカツ」も捨てたもんじゃないですよ。ぜひ、一度…。
U君への突っ込みはもう少し「ネタ」をためてから一気出しにしようかな?と…。
そのときは彼のオタオタする姿を間近でごらんあれ!(爆)
Commented by luehdorf at 2009-01-31 10:37 x
呑むさん様
今は車でポイントを渡っていける便利な時代、ホントに楽になりました。
列車やバスの時刻にこちらが合わせて出かけていた頃、やはりうまくいった感動はひときわでした。

>>もちろん「まだ、高校生ですから…」と遠慮して、広間のテレビを見ていた。
このくだりだけは・・・ちょっと・・・(爆)。

やはりここに食いつかれてしまったか…。

Kは仙台近郊の酒屋の息子、「ちょっとならいいべや…」って言いましたが、ボクの同行のSが「Mr.石部金吉」で、彼の「ダメだ!」の一言で…。
でもウマそうだったなぁ~(爆)。
それにしても、3対1で「飲む」に傾いていても飲まなかったんですから、結構マジメだったのかも…。
あっ、その反動が今ってことです。
Commented by カトカラおんつぁん at 2009-01-31 18:52 x
こんばんは
私のお酒の初体験は、高校1年の時でしたね。友人が九州から転校してきて、あちらでは子供でも飲んでると言うんで対抗心もあって、別な友達の両親が旅行で出かけて留守なのをいいことにして集まりましたよ。悪ガキが5人ほどだったか。すぐにべろんべろんになり、すき焼きの鍋に手を突っ込む者、小間物屋を開くヤツなど続出しました。

でも、1ヶ月も経たないうちにまたやろうということになりました。
けっこうマジメな高校(ちなみに貴兄が龍泉洞で会った高校生の通っていた学校です)だったのですが、やんちゃもやってました。
青い春の話でございます。
Commented by mmerian at 2009-01-31 22:03
luehdorfさんの青春話、思わず声を出して笑ってしまいました!
読んでいて、なんだか懐かしい気持ちです。
半分大人、半分子供のころの思い出って忘れられないですよね。
初めてお酒を飲んだ高3時代、ポートワインを友人と1本あけて「全然美味しくないね~まずいね~全然酔わないね~~」といいつつも、かなり酔ったような・・・。文化祭の日は何人かで学校に秘密のお泊まり。そして朝7時にみんなでラジオ体操をしました~。(笑) 馬鹿ばっかしやってたけれど、みんな子供なのに大人だったと思います。
楽しかった青春時代、永遠です~~!
Commented by luehdorf at 2009-02-01 08:26
カトカラおんつぁん様
我が校の校史は「宮城県尋常中学校志田郡立分校として…」で始まるんです。
宮城県尋常中学校=仙台第一高等学校、ボクらの時代は教師から、ずいぶんと「分校根性」を植えつけられました(笑)。
学帽をボロボロにし、年中下駄履きで、バンカラを気取って他校との「差別化」を図っていたのですが、共学になってずいぶんとヤワになったみたいです。
「茶畑短大」、憧れでしたぁ~。

当時は大学生の学園闘争華やかなりし頃で、遅れてはならじと学校側といろいろやったのですが、そういう連中のたまり場が、明治の面影を残す木造旧校舎の階段下にあった弁論部の部室でした。市内の病院の息子Mが、父親の部屋からかすめ取ってきたウィスキーが隠してありまして、秋以降、寒い日に「あったまろうか?」ってちょこちょことやりました。
Commented by luehdorf at 2009-02-01 08:44
mmerian様
学校へのお泊りですか…。
高3の運動会の前日、狭い弁論部の部室にたまって話をしていたら、当直の先生の見回りが…。足音に気づいて電気を消し、息を潜めていたのですが、「ん?…」と言う声とともにドアが開いて…。
我が校の先輩でもあられる古文のY先生、「気配がするもんなんだよ」と当直室に連行されました。でも、当直室にもどるといきなり徳利に入れた酒を、囲炉裏の火にかけてあった鉄瓶の中へ…。「オレはこれ飲むから、見回りはお前らがやれ。それがペナルティーな…」。
見回りは後輩のHが行ったのですが、闇に浮かぶ生物室の人体模型はやはり気持ちのいいものではなかったと…。
翌日の運動会、我が校の名物「倒立歩行」では、90M超でダントツでした。(まぁ、こんなときでもなければマイナーな体操部のアピールの場はないですから)
ボクのときに「天敵」である物理のO先生が、かつて体操をやっていたとかで、教師連中の大声援の下参戦したのですが、あえなく10M。
倒れた脇をゆっくりスタートしたボクが、「あれ、もう?」と言って通り過ぎたら、「Hに余裕をかませられた」と悔しがってました。
Commented by カトカラおんつぁん at 2009-02-01 11:18 x
茶畑、懐かしいです。地名が元茶畑って言った場所に学校があったんでしたね。茶畑短大ってのは、浪人した卒業生たちが学校の一角にある旧校舎の建物で勉強していたんで、それでしょうか。

私のクラスも40人余り居て、現役合格したのは私ともう1人の2人だけ。
(自慢が入ってしまいスミマセン。50年も前の話なんでお許しを)
のこりはみな浪人して翌年、早慶はじめ、トンペイなどに入学していた時代でした。

ハッシーさんは、私の後輩でもあるんですね。どこかで繋がっているもんですねえ、世の中広いようで狭いものです。

ほんと、高校の頃って何であんなおバカができるんだろう。
今でも覚えているのは、となりの女子校の茶道部の看板を夜中に無断ではずしてきたのはいいとして、自転車の二人乗りで看板担いでいたら、お巡りさんに呼び止められ、思わずうまいこと言い抜けて何とかセーフ。持ち帰って部室の天井裏に上げてました。

後で返しに行ったのは覚えているんですが、なんであんなことやっていたのかなあ。たぶん、いろいろな部で看板をアタックするのが流行っていたような。
Commented by luehdorf at 2009-02-01 23:37 x
カトカラおんつぁん様
茶畑短大、まさにその通りでございます。

↑の女子高、多分「二女」のことでは?と推察いたします。井上ひさしさんの「青葉繁れる」などにも面白いことが数々…。

その後Kからはちょっと誘われたこともあって、11月に仙台へ出向きました。M学院と言う「お嬢様学校」の文化祭でした。
まぁ、彼の持つ「ホモ・サピエンスのメスの生標本」の披露だったのですが、その後、お互いの進学などで交流が絶え、再会は今世紀になった年の正月でした。
飲んで話すうちにいろいろと思い出し、上記の「メス」のことを漏らしますと、慌ててストップが…。今のカミさんがそのコと同級生だとかで、ずいぶん焦ってました。(笑)
「一高は『食草』がいっぱいあっていいよな」とか、チョウチョの話のごとく「擬態」しながらでした。

Commented by 6422j-nozomu2 at 2009-02-03 22:38
わあー、凄いブログですね。写真がほとんどなくて、長文のオンパレード。かなり文才がある方だと察知いたしました。採集記面白かったです。私も確か高校2年の夏休み、2週間かけて東北地方を一周したことがありますが、夕方、宿泊する国民宿舎のそばにあるハンノキに無数のミドリシジミが乱舞しており、夢中で採集したことを思い出しました。夜は、場末の〇〇に行き、母親位の年齢の方が、わあ、息子みたいや、やりにくいわと言った言葉今でも覚えております。いかん。本日も酔っております。乱筆乱文お許しください。
Commented by luehdorf at 2009-02-04 18:35 x
6422j-nozomu様
ようこそおいでいただきまして。
デジカメをもたぬ身ゆえ、ただひたすら書くのみでございます。
酔ってたがが外れますと、あれこれ考えていたことを書く衝動に駆られ、書いてて酔いが醒め、もう1杯を作りにキッチンへ…。
まぁ、酒なくてなんの己が人生ぞ、ですから…(笑)。
懲りずにお付き合いください。
<< 擬態は…? 青春画像… >>