仮説・絶滅のメカニズム

 5年前、鉄兄イが「ついに産まなくなっちゃった」と…。大学卒業時から累代飼育をしてきた三重・経ヶ峰のギフが絶えてしまったというのである。
 前年にも1頭のメスが100卵ほど産んで、スキー場の開発でやられてしまった原産地へ逆送していたくらいだから、本当に突然の出来事だった。
 30年もの累代だから、何か変な形質が現れるかというとそういうこともなく、ちょっと黒めの愛知・三重系のギフがいつも出ていた。だからボクなんかは、年1化のチョウチョは累代に強い、などと思っていたくらいである。そしてこのような「兄妹交配」でよく現れる「メスばかり生じる」ということもなかった。
 しかし、この現象は「血が濃く」なったことに原因があるのは疑いもない。
 野外で同じような例があり、池田さんが室内実験に使ったヒメギフ個体群がそれである。長野・蓼科にある都立小松川高校の山荘近くの、とても狭いエリアに隔離されたグループだった。ボスの還暦祝いで池田さんと会ったとき、「そういえば、蓼科のヒメギフは今も採れるんですか?」と聞くと、「いやぁ、あれね、何か分かんないんだけどいなくなっちゃった。サイシンはいっぱいあるんだけど…」という。「誰か入ってみんな採っちゃったんじゃない?」、「いやぁ、簡単に入れるところじゃないから不思議なんだよ…」。
 一つの仮説が浮かぶ。狭いエリアの個体群は累代飼育と同じような交配パターンを生じる確率が高くなり、繁殖に不利な劣性遺伝子の蓄積がある割合を超えるといきなり「産まなく」なって絶滅する。
 そうすれば草原性のチョウチョや食草依存の高いチョウチョが、草原の縮小や食草の刈り取りなどによって他の個体群から隔離され、「兄妹交配」の確率が高まってくることにより絶滅にいたるという図式も描ける。
 鉄兄イのギフは最初のときから「兄妹交配」だったが、野外では徐々に「兄妹交配」に移行していくだろう。したがって繁殖に不利な遺伝子の蓄積も緩やかなものになり、50年とか100年の時間でそれが進行していくのではないだろうか。
 分子レベルで見ることが簡単になった昨今、狭いエリアに生息するチョウチョのDNA解析をして、その個体群のチョウチョがどれだけ近い「血縁関係」にあるのかを見れば、絶滅のメカニズムが解明できるのではないだろうか。
 もしボクの仮説が証明できれば、少なくとも白馬のギフは絶滅しない。あの広い村域に満遍なく分布し、完璧に孤立した個体群がないからだ。
[PR]
by luehdorf | 2008-05-15 00:27 | チョウなど | Trackback | Comments(15)
トラックバックURL : https://himegi.exblog.jp/tb/7939669
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by カトカラおんつぁん at 2008-05-15 19:19 x
ぐっとアカデミックな話で思わず衿を正して読ませてもらいました。(笑)山菜の話も寿司ネタの話も刺身のつまだったんだなと改めてはっしーさんの丁々発止に相応しい話題だと思いました。つまばかりだったら刺身の値打ちが下がります。時々、こういうほんまものの話がでて虫以外にちょっと脱線するあたりが程よい塩梅でしょう。まさに
兄弟の血が絶滅への引き金になっているのかどうかDNA
勝負になるのかもしれません。野外でそこまで思いながら虫を追いかけているわけではないですが、たった1つの虫の裏側に見えるものの深さを思う時、この趣味をもてて幸せだったと感じた次第です。
Commented by luehdorf at 2008-05-16 00:34 x
カトカラおんつあぁん様
ほめすぎですって…。あんまりおだてられると、年もかえりみずにどんどん高みへ登っちゃうヤツなんですから…(爆)。
これまでの経過は、与太話が刺身で、今回のようなのがつまになってません?
ただ、「少なくなった。採るからだ!」の風潮に、少しは採る側が考えて抵抗していく姿勢をもたなきゃ、と思っているんです。
どこもかしこも「右へ倣え」の「採集禁止措置」って味気ないですもの…。
地球上の最大の生物集団である昆虫類の色、フォルムそして生き様を、一番理解し愛でようとするのは「ムシ屋」だけ…。(思い上がりかな?)
Commented by 蛙太郎 at 2008-05-16 05:26 x
兄妹交配は絶滅のミチになるのでしょうか。人間でもいけないのですから、他の生き物でも同じことが言えるのでしょうね。
Commented by 採るからだ… at 2008-05-16 19:35 x
たしかに採ったから減ったところもありますが、採らなくても減ったところもある訳で、だいたい人間が勝手に採集禁止にしたって、もっと他の原因で減っている状況もありますよね。禁止にしておいて何もしない行政側の怠慢を攻めているより、いろいろな生態を見つめながら虫を愛しつづけていくしかないのかも。
Commented by luehdorf at 2008-05-17 00:02 x
蛙太郎様
遺伝学って、ずいぶん昔からあるように思えるのですが、1901年にメンデルの論文が見出されてから、やっと一世紀ちょいの分野なんです。
ですから、感覚的に「血が濃いとヤバイ…」何ていう風に思われてたことが、ある程度の理論的裏づけのもとに論じられるようになったのはずいぶん最近なんですよね。
でも、そんな理論がない頃でも、「近親婚」はまずいって思われてたのですから、経験則は「コワイ」ものです。
Commented by luehdorf at 2008-05-17 00:09 x
採るからだ…様
こういう意見を待っておりました。採らなくても減ることの一つの仮説が今回の文でありまして、ボクは行政の怠慢を責めずに、そこをついて「採る」のであります。
「採る」ことに自然を理解する最上の手段があると考えています。そして、そのために不本意ながら(ムシ採って生活したいです。できるものならば…)ホラをふいて金を稼がせてもらってるんです。
Commented by カトカラおんつぁん at 2008-05-17 18:46 x
採るからだを書いたのは私でした。行政の怠慢を攻めても何も出てきません。対策が講じられるのは何年もたってからですし、何も分からない担当者が適当にその場しのぎに対策めいたことを打ち出すだけです。専門家に聞く事さえしないのが普通ですから。
悪口を言っている時間がもったいないだけですから、採りたいものはしっかり採って調べたい事に役立てるのが虫屋の責任でしょう。
今日は天気がよかったのに山菜採りに走ってしまい、ウスバシロを見ただけでした。ツバメシジミのメスのきれいさに感動しました。
ツマキのオスも完品でまだ飛んでました。ギフは終齢になり、食欲旺盛です。
Commented by luehdorf at 2008-05-19 18:47 x
カトカラおんつぁん様
レスが遅くなりまして…。
「悪口言ってる間に採れ…」、有難きお言葉です。
ハイ! 仰せに従い採りまくります(爆)。
Commented by nomusan at 2008-05-21 07:12 x
大学時代のクラブの先輩で、DNAの研究をされている方がいます。
その方にこの記載を紹介させて頂いたのですが、返信がきました。
よろしければ拙ブログリンクの「中もず四季絵日記2」をご覧ください。
Commented by luehdorf at 2008-05-21 08:10 x
呑むさん様
拝読いたしまして驚きました。
ずいぶんとお手間をとらせまして…。
酔っ払いの与太な直感も「核心的」なところに迫れるものなのですね。もっと飲まなければ…(爆)。
さて、次は…。
Commented by nomusan at 2008-05-21 21:38 x
へへ、こっそりとお尋ねしておりました(笑)。
けど、この世界、直に蝶と接してきた人間の「直感」と「仮説」ってのが核心をついてるんじゃないかなって思いまして・・・。
Commented at 2008-05-24 19:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by カトカラおんつぁん at 2008-07-11 10:13 x
お元気ですか。はっしーさんの文章をしばらく読ませていただいていないので、禁断症状が出てきて困っております。(笑)どうか助けてくだれ。とっしょりのお願いは聴くものでっせ。

関係ないかもしれませんが、お仕事で忙しいわけの他に気持ちを萎えさせていることがあるんじゃないかなあなどと余計な想像をめぐらせております。ぜひ元気がでる与太話(失礼!)を読ませてください。
Commented by luehdorf at 2008-07-13 02:24 x
カトカラおんつぁん様
サボってばかりで申し訳ございません。
ちょっとばかり時間ができましたので近日中に…。
気持ちが萎えるなどということは、ボクには無関係の言葉では…(爆)。
「とっしょり」、この言葉には弱いんですよぉ~。
Commented by カトカラおんつぁん at 2008-07-13 10:46 x
取り越し苦労でしたね。こういう余計なことまで心配するのもとっしょりなるが故のおせっかいでした。どうか許してくだされ…。

いつの間にやら夏本番みたいな積乱雲も出て、梅雨はどうなったの?という毎日です。梅雨時は、家に居て幼虫の世話等して過ごしていたのに、こんなに晴れて居るんじゃ出かけないわけにはいかなくなります。おかげで、飼育の世話は早起きして、えさ取りに出かけて急いでえさ取り替えをして仕事に出かけています。ふー。
お出かけなどしてないのでしょうね。
<< バッドタイミング! 信濃ギフ >>