青の閃光

 石巻の叔父の家に行ったときだった。いとこの机の上に展翅板が置いてあって、ちょっとスレたアオスジアゲハが不恰好に展翅されていた。小学校の図書館にある「横山図鑑」には「福島県辺りが北限で~」記述されていたものだから、「こいづ、どごで採ったの?」と聞くと、「その辺翔んでんだ!」と裏の上水施設を指差した。「んだって、こいづは福島辺りまでしか採れねんだよ」と言うと、「オラぁ、そんなこだ(ことは)しゃね(知らない)けっど、居だんだおなん~。福浦島(松島)でも見だど!」。
 一週間後、松島に住むもう一人の叔父の家に連れて行ってもらった。もちろん「赤い橋」で陸続きになっている福浦島に行くためである。祖母の「気ぃつけんでがすと…」という声を上の空で聞いて瑞巌寺の前まで来ると、木々の間から「青い光」が走った。「えっ?」と思って見上げると、間違いなくアオスジである。無我夢中で追いかけた。斜面を駆け上がり陽の指し込む場所に出ると、目の高さにもう1頭が翔んできた。ままよと振ったら確かな手ごたえがあった。震える手で三角紙に包んだ。
 福浦島は天国だった。遊歩道が崖の傍を通る所にタブノキの大木があって、そこに後から後からアオスジがやってくるのだから…。樹上を旋回しながら舞い降りてくるヤツを振り逃がしながらも満足できるほど捕えた。
 東京に出てきた年、毎週火曜日が学部での専門教科の日だった。京王線の幡ヶ谷駅からの道は川を暗渠にした遊歩道で、2,3メートルの高さのクスノキが植栽されていた。4月末、朝一の授業に出るために寝惚け眼で歩いていると、目の端に「青い光」が走った。あの松島での感動が甦ったが、街中でそれを見て、田舎からずっと南に来てしまっていることを悟らされた。
 7月の始め、陸上の実技の授業で代々木公園までのランニングを命じられた。授業時間の90分以内に戻ってくればいいのだという。長い距離を走るのがいやなボクは、元気よく走る仲間の後をてれてれとついて行った。公園に入ってしばらくすると、クスノキの周りを翔ぶアオスジが見えた。赤みがかった新芽の先の方で産卵をしている。そのとき本来の目的を忘れた。2メートルくらいの高さの横枝に登り、卵を探し始めた。松島のタブノキは樹高も高く、海にせり出すように生えていたから、産卵行動を見ることができても卵を見ることはできなかった。夢中で探し、きれいな卵を見つけることができた。ふと気づくと周りでは誰も走っていない。慌てて木から降りて学校を目指した。あれほど一生懸命走ったことがあったろうか。グラウンドにたどり着くと、2,3人がクールダウンしているだけで、大半は引き上げていた。昼休みに15分食い込んでいた。
 息を整えていると教官が寄って来て、「木登りをやって来いって言ったか? 単位をやらんぞ!」。バレていたようだった。
[PR]
by luehdorf | 2007-10-01 16:39 | チョウなど | Trackback | Comments(28)
トラックバックURL : https://himegi.exblog.jp/tb/6552569
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by カトカラおんつぁん at 2007-10-14 22:26 x
木登りと言えば、若い時分はクヌギの梢に産まれたクロミドリやミズナラのてっぺんまで登って採卵したアイノミドリなどが思い出されます。今はもう、木登りする体力がなくなり、ゼフの卵はキリシマなどを買ったりしている始末で、我ながら情けない限りです。
いつの頃からか、崖の斜面にあるミズナラに登って、採卵中に風が吹いてきて、枝が揺れて思わず眼下の沢を見下ろしたら、急な流れの中に大きな石がごろごろしているのが目に入り、ここから落ちたら、きっと即死は免れないなと思うと、背筋がざわっとして枝を握る手に冷や汗が流れたのは。それまでは、目的の卵のこちしか頭に泣く、どんなに高い梢でも平気で登っていたのに、いっぺん足がすくむともう次はなく、登らないで済むための言い訳を考えてしまったのです。あれが、折り返し点だったのでしょうね。人間いつまでも若さを謳歌できないという事実に気づかされたのも、丁度その頃でした。まあ誰しもが通る道ではありますけれど。
P。S 私も職員旅行で出かけた先で、一人だけ行方不明になったりしていました。もちろん、チョウチョウを追いかけて夢中になっていたkらでした。(笑)
Commented by luehdorf at 2007-10-15 00:34 x
カトカラおんつぁん様
35歳を過ぎて車の免許を取ってから加速度的に増量したため、下半身の粘りとスタミナの衰えが目立ちます。ヨッシーは「誰だって50過ぎたら…」と言うのですが、精神年齢がまだ「13歳」ですのでしっかりと理解できていません。そのためこの5年間で、ギフの季節に2度の大転倒をやってます。一度は濡れた岩で滑り、もう一度は浮いた砂利に支持足をとられました。どちらのときもシーズン初の「女神」の到来に興奮して、ネットのオーバースイングに下半身が支えきれなかったためです。
来年は「落ち着いて」と思っているのですが、いざその場になったら「そんなの関係ねぇ!」ってなってしまうかも…(爆)
Commented by カトカラおんつぁん at 2007-10-15 19:11 x
私も45歳過ぎてから車に乗るようになりました。今の私は還暦過ぎてしまってますから無理はききません。でも、若い頃にフジの採卵で思い切り滑って危うく大岩にぶつかりそうになりながら、何とか事なきを得たこともありましたっけ。虫屋の宿命でしょうね。目の前のターゲットしか目に入らなくなるのは。
今はもう、車で出かけて降りてすぐ採集できるような場所にしか出向きませんから安心と言えば安全のですが。虫屋としては堕落もいいところです。ルーミス採りは、出かけられたのでしょうか。
Commented by luehdorf at 2007-10-17 01:02 x
カトカラおんつぁん様
10月に入って急に仕事が立て込み、休日も「word」で文書作成をせねばならず、何とも歯がゆい日々を過ごしております。パートナーのC型肝炎ウィルス撲滅作戦も後4週ほど残っているので、ひょっとすると来月にずれ込むかも知れません。ヨッシーなどによれば天気さえ味方につければ大丈夫みたいなので…。
長靴とスパッツは車に積んでるんですけど…(爆)
Commented by カトカラおんつぁん at 2007-10-17 21:06 x
仕事で出かけられないのは本当に悶々としますよね。私は家に仕事を持ち込まずに済んでいるのでラッキーですが、なかなかそうも行かないのが浮き世の習わしですから、ご同情申し上げます。
ルーミスのあの紫には惹かれるものがあります。蛾も良いのですが、やっぱり蝶の美しさには勝てないかも。オオゴマシジミの青の
幻光をいくつも見れた今年の夏は、ますますその思いを強くしました。それにしてもルーミス採りに出かけられるはっしーさんはホントに羨ましいです。大戦果をあげられますよう祈ってます。
Commented by luehdorf at 2007-10-19 01:47 x
カトカラおんつぁん様
お心遣い有難うございます。
資料等を持ち歩くのが困難なため、どうしても帰宅後および休日に「打ち込み」をするようになってしまいます。
特に今期は、11月にスタートする部分でボクの所属する部署の割り当てが増えたため、急遽テキストが必要になったという事情があります。
まぁ、これが終われば楽をできますので、精一杯鬱憤を晴らそうかと…。目の前に現れたルーミスは不幸ですね。
そして11月は、南房のヒラメが解禁になるんですよ。昨年は12月17日に強風で船が出られず、年明けはみんなの都合が合わずということで悶々としてましたので、今年は季節風の影響の少ない11月下旬か12月2日を予定しています。こっちでも戦果をあげてうまい酒を飲みたいものです。
Commented by カトカラおんつぁん at 2007-10-20 08:10 x
ヒラメ釣りですか。私は、若い頃から肉より魚党でして、カレイの煮たのが大好きでしたね。家人の料理では、焼いた方がうまいということで、焼いたカレイもよく出てきますけど。ヒラメも好きで、
寿司屋ではよく注文します。前に、松川浦のカレイのことを書いてましたから、釣りもなさるんだなと思っていましたけど。大きなヒラメを釣り上げるのは難しいんでしょうね。ルーミスは食卓には乗りませんからね。(笑)がんばってください。では、また。
Commented by luehdorf at 2007-10-21 01:08 x
カトカラおんつぁん様
釣りを始めたのはちょっとした洒落心でして、採集禁止地は増やすのに生息地を破壊するスキー場開発に余念のない某県のやり口に嫌気がさしまして、「ゲレンデスキーはやめた」と宣言したのが発端で、じゃぁ冬に何やろう。「蝶」と「鰈」、虫偏から魚偏でバッチリ! ということだったんです。
ところが東京湾などではなかなかカレイが釣れず、食える魚だったら何でも、とシフトしています。
ヒラメは釣り好きの若い仲間の誘いで始め、釣った数(外道も含めます)の多い方を次の勝負まで「師匠」と呼ぶと言うルールのもとに楽しんでます。難しい釣りですが、本命を引き当てたときの快感はチョウチョ採りと同じです。
Commented by カトカラおんつぁん at 2007-10-22 22:00 x
そんないきさつがあったのですか。蝶と鰈…、たしかに虫篇と魚篇
の違いはあれ、どっちもちょうですものね。私はせっかちで短気なので、魚釣りはどうも性に合いません。ザッコとりは大好きで、モツゴやヨシノボリなどを水槽で飼っていたこともありましたっけ。
蝶の話から脱線続きですみません。オオウラギンヒョウモンの卵を買いました。スミレも町内のあちこちから集めて来春の飼育に備えています。このところ、買ったり分けてもらったりしながら、飼育をしていますが、蛹になってから真っ黒くなり死亡するのも結構出てきてまして、原因が分かりません。卵も越冬させるのが難しいので、本当は春になってから、幼虫を手に入れるほうが良いのですが、うまくいかないので困っています。6月に羽化したメスを9月か10月まで生かしておくのも難しいのですが。はっしーさんは、オオウラギンは飼ったことがありますか。
Commented by luehdorf at 2007-10-23 21:55 x
カトカラおんつぁん様
ヒョウモンは我が兄貴分の「鉄兄イ」がはまってまして、「コヒョウモンモドキを飼いたいからクガイソウを探さなきゃ…」などと、暗に「抜いてこいよ…」というニュアンスをこめて話します。
一昨年はオオウラギンの卵を買って、「うまく出たらペアリングして卵あげるネ」と言ってたんですが、やはり越冬が難しかったらしく、ペアリングできるほどは羽化しなかったようです。
昨年はヒョウモンモドキかなんかを買ったのですが、別のをつかまされたらしく、「文句言って、金取り返した!」って怒ってました。
ボクの所には数年前に「ツマグロを買ったらおまけでいっぱいきたので飼って…」と10数卵送られてきて、ベランダの鉢に袋がけして成虫にしました。幼虫の行動はなかなか面白かったです。
「メスグロを採ってきて…」と言われているのですがなかなか果たせません。来年こそは…。
Commented by カトカラおんつぁん at 2007-10-24 19:12 x
コヒョウモン…で、思い出すことがあります。以前、宮城昆虫地理研究会の誰かからもらった小さい幼虫を10頭以上、家の庭で植木鉢かなんかn移そうとしていたら、とつぜん風が吹いてきて、全部飛ばされてしまい、行方不明になったことがありましたっけ。泣くになけない情けない話です。
メスグロなら、まだまだ蔵王などにはたくさん居るので、つかまえて採卵できるかもしれませんね。
オオウラギンは、下に水をはったいれモノで何とか越冬させたいと思っていますが、どうなることやら。
Commented by luehdorf at 2007-10-26 00:09 x
カトカラおんつぁん様
卵や蛹と違って、飼育幼虫の越冬は大変ですよね。乾燥させても湿気が高過ぎてもわやですから…。
いま我が家のベランダは、ギフ用のパンダカンアオイがプランターやら鉢やらで5段ほど占めていて、鉄兄イから頂戴したデワノトネリコとクロウメモドキが1鉢(それぞれ高さ1.5mほどで抑えました)ずつ、コマツナギとウマノスズクサの小株が1鉢ずつ、翔んでくるアゲハの仲間用に色んな柑橘類の種を播いて出した実生株が6,7鉢あります。
パンダは4,5年株分けをしていないので、これからの季節に土換えともども植え替えようと思っています。
こんなことをして、来春に思いを馳せるシーズンオフでしょうか…。
オオウラギンの越冬が無事であるようお祈りします。
Commented by カトカラおんつぁん at 2007-11-02 09:04 x
しばらくでした。この前、夕方になっても汗ばむほど暑かったので、山に蛾を採りに行くには絶好かなと思い、いつもの蔵王のふもとに向かいました。笹谷峠の下のほうなんですが、山形自動車道のサービスエリアの街灯が目的です。でも、山に入ると、風の音が強くなってきて、こりゃまずいと思っているうちに到着。しかし、車のドアをあけるのもきついほど、強風が吹いていまして、これは降りるまでもなく完敗だとは思ったのですが、いちおうエリアを見回りました。わずかに3頭の蛾が壁にへばりついていました。秋のキリガの仲間でしたが、狙っていたのとは違うヤツで、がっかりしながら家に戻りました。
Commented by luehdorf at 2007-11-03 01:30 x
カトカラおんつぁん様
笹谷の下のSAというと古関ですか? 
一昨年4月、父親が急性心筋梗塞で倒れまして、急ぎ実家へ駆けつけたところ、初期処置が功を奏して大丈夫とのこと。12日の仕事が夕方からであるのをいいことに鶴岡高舘山へと遠回りの寄り道。しかし気温が低く全く姿見ずでした。2週間後、残った冠動脈へのステント挿入もうまくいき、退院とのことで再び宮城へ…。「お前も大変なんだからわざわざ来なくともいいのに…」という言葉を、老いの強がりと理解しつつも甘え、「じゃぁ、大事にして…」と1泊だけしてまたまた高舘山へ…。今度は頂上側から攻めてみました。雲が切れて陽が射したとき、ブッシュからは期待通りのダンダラ模様が飛び出してきました。
2度とも帰途の休憩は古関でした。ソバが妙にうまいもんですから…。
親の病をも奇貨おくべしとチョウチョ採りをするボクは、とんでもない親不孝者なのかも…。(因みに、親父は2度目は知ってます。別れ際に、「山形はまだ寒いだろ」って…)(爆)
Commented by カトカラおんつぁん at 2007-11-03 08:24 x
ずばり、正解です。古関SAです。親の死に目に会えないのが役者の宿命なんてことを聞いたことがありますが、虫屋もその仲に入れてもいいのでは。
高舘山のダンダラさんは、じつは今年わたしもそこまで行こうかと考えていました。ヒメギフしかいない宮城では、ギフは、ちょっとお出かけしないといけない蝶ですから、あんまり身近に感じないまま年をとってきたのですが、小国でちょくちょく出会い、卵もワラビとりのついでに持ち帰って飼育しているうちに、最近はすっかりはまっています。去年は、ヒメギフを採りたいという気持ちになって、古関のまわりの山を駆け巡り、何頭か新産地も見つけました。メスを生かして、産卵もさせてたくさん羽化させました。そういうわけで、ギフで有名な高舘山も出かけてみようと思ったのです。前置きが長くなりました。羽根沢温泉とか最上川北側の山地もおもしろそうだったんですが、朝日の荒沢ダムのほうには、行ってみました。結局は2、3頭目撃だけで終わってしまいました。ダンダラさんの話になるときりがなくなりそうですね。(笑)では、また。
Commented by luehdorf at 2007-11-04 21:13 x
カトカラおんつぁん様
泊まり仕事で先程帰ってまいりまして…。ホテルの¥100PCで昨晩遅くにチェックはさせていただいていましたが、25:30まで仕事をし、その後「恒例」の飲み会となってしまいまして…。「お~い、明るくなってきたよ。寝よう」って2時間余り寝て、夕方まで仕事を…って何なんでしょうね?(爆)
羽根沢はロープトーしかないスキー場のてっぺん辺りでしたね。もう12~3年前でしたが、4月末から通いつめました。是非もう1度行きたいのは大石田でして、田んぼっぺりのコシノカンアオイにポツポツポツと離して産み付けられた3卵を持ち帰ったら、ヒメギフとの種間雑種が出ました。どんな「保護」をしてるのかじかに見てみたいものです。
小国は3度とも外しまして、どうも方角が良くないようです。(爆)
先日、パートナーが山形のラーメン特集とやらをTVで見、「行ってみたいんだけど」というものですから、これを餌に再び山形ギフをなどと考えています。
高舘山は、西側を海に抜ける道路を行って、「高舘山」の看板で山道に入って上り、NHKの中継基地辺りに車を置いて下る方が効率がよいのではと思います。
Commented by カトカラおんつぁん at 2007-11-05 19:25 x
いやあ、仕事とはいえ、25;30までとは、大変ですね。
羽根沢の情報や高舘山の情報ありがとうございます。来年度の
話ですが、ギフやヒメギフを追い回してみたくなっている私と
しては、ありがたい情報です。新潟や富山のほうは、たくさん
採れるようですがおいそれとは出かけられない場所ですから、
山形あたりが私にはぴったりです。
大石田の川前には、原付で出かけたことがありましたっけ。まだ採集禁止になる前ですから、ヒメギフの卵も簡単に採れました。その頃は、何とも思わずにいたのですが、今となるともったいないこと
をしたなあと思います。
自分の町で採れるヒメギフですから、それほどの感激もなく、ダンダラさんにもさほど関心がなかったのでした。県南地方では最近はヒメギフの数が増えてきた感じです。産地探しで各地で見つかって
いるからでしょうが、それでも局地的な分布で、どこにもいるわけではありません。だから面白いのでしょうね。では、また。
Commented by luehdorf at 2007-11-07 16:32 x
カトカラおんつぁん様
ダンダラさんについては、’68,9年ごろの「昆虫と自然」の特集号にある産地で、最近人があまり入ってないような所を探したりもしています。結構採れるものです。
新潟のある所では、もらったマップを読み違え、「これだよなぁ?」って脇道に入ってみたら山道にロープが…。こっそり外して「ごめんなさい」と入っていくとふわりふわりとダンダラさん。「やっぱ、そうだ!」ってんで半日いて、帰途、休憩時にマップを見直して、「あれ?トンネルを逆方向から入ってる!」(爆)
あと4ヶ月ほどの辛抱で来年のダンダラさんに会えるんですね。それを考えると冬もいいもんです。
Commented by カトカラおんつぁん at 2007-11-08 18:58 x
この前、石垣のクロアゲハの幼虫を買いました。今からでは食草の確保ができるかなと思ったのですが、ユズやカラタチでなんとかなるだろうと思って飼っています。やっと1つが5齢になりましたが、いくつ蛹までなるのやら。7頭いるので、なんとか冬までに
蛹にしたいです。
Commented by luehdorf at 2007-11-10 23:07 x
カトカラおんつぁん様
南の方のクロアゲハなら後翅の赤斑が発達してきれいなやつですね。
頑張って蛹化させて下さい。
先だって、沖縄出身の若い衆が里帰りをするというので、「ミカンの仲間についてるイモ虫を手当たり次第に採ってこい」って言ったんですが、「イモ虫」っていうだけで引かれてしまいました。
週明けの火曜日に会うのでちょっと期待はしてるんですが…。
Commented by カトカラおんつぁん at 2007-11-11 19:26 x
その通りです。赤紋がたくさん出てくるというヤツですが、その前に東北の寒さの中で今から蛹まで育てられるのか?これが最大の悩みです。カラスアゲハもいっしょに数頭買ったのですが、これもまたカラスザンショウがどんどん茶色くなりつつあり、ピンチに近づいている感じは否めません。クロのほうは、ゆずなどが近くにあるので、若葉の部分が確保できそうなのですが、かんじんの幼虫の食欲が寒さのためか、いまいちのようです。まあ、ダメもとで飼うしかありませんね。
沖縄のかたが意外とたくさん取ってくることを陰ながらお祈りしましょうか。(笑)
Commented by luehdorf at 2007-11-12 23:41 x
カトカラおんつぁん様
パートナーのインターフェロン投与がやっと終わりました。この後、マイナス(ほとんどゼロ乃至1桁)の状態が継続してくれれば晴れて「完治」といえるので、継続の血液検査はあるものの、投与後の副作用からは解放されました。
いよいよ「外遊び」ができます、バンザ~イ!
幼虫の飼育、宮城というシチュエーションを忘れておりました。ずいぶんと寒くなってるはずですよね? 何とか食ってくれることを祈ります。
6月にクモツキ狙いで行ったとき、帰りにスレたギフを採り、それが20卵ほど産んでくれたんですが、幼虫が暑さにやられたことを思い出しました。暑くてもダメ、寒さもダメ、つくづく飼育の難しさを感じます。
Commented by カトカラおんつぁん at 2007-11-13 19:08 x
ヒメギフの飼育の時に、蛹の越夏の方法を山昆の横倉さんから教えてもらいました。食器の水切り器を使うやり方で、けっこう羽化率が良かったので、いい方法だと思います。水切り器に蛹を乗せて下のほうに水を入れておくものです。水苔だと湿気過重になるんだということでした。室内に置いて大丈夫なのでおすすめです。
インターフェロンの投与は大変なのでしょうね。完治だといいですね。
Commented by luehdorf at 2007-11-16 02:08 x
カトカラおんつぁん様
確かにミズゴケだと適切な湿気が分からず、気づくとカビが生えてることがあり苦労してます。カビ防止にクレオソートなんか使って蛹を殺すことになっても…なんて思いますし。
伺った話は目から鱗でした。早速、来年から試してみます。
IFは体内に蓄積していき、投与終了から少しずつ抜けるそうなのです。ですから今週はもう打っていないのですが、まだ発熱やそれに伴う手足の痙攣などが起こります。医者が一番懸念していた欝や脱毛は、一緒にいるボクが能天気なためか顕著には出ませんでした。(爆)
Commented by 出なくて良かったでね at 2007-11-16 12:01 x
家族の方が病気で大変な状況は経験した事がないので、助かっているのですが、本当に良い経過で良かったと思います。
能天気なのは私も同じでして、子どもよりも虫の方を面倒見たと言って今でも攻められています。(笑)虫屋の宿命でしょうか。
Commented by luehdorf at 2007-11-18 14:09 x
カトカラおんつぁん様
ボク自身が長患いをしたことがないので、何ともピンと来ないことばかりなんです。「大変なんだろうなぁ?」って推測しても、なかなか先方の意に沿う形にならず、初めは結構イラついたみたいです。
まぁ、池田(清彦)さんも、乳離れしない息子さんが高熱を出したときに、奥さんに任せっきりにして、屋久島へヤクシマホソコバネを採りに行っちゃったんですから、ムシ屋に世の常識を求めても…って(爆)。
Commented by カトカラおんつぁん at 2007-11-22 22:07 x
今日は朝からずうっと大雪です。うちのクロアゲハたちも寒そうです。電球をつけてあげて少しは暖かくしてあげなくちゃということで引き続きがんばっています。1つは前蛹になりましたが、残りは間に合うかどうか。冬の訪れの方が一歩早かったようです。
池田先生とお知り合いなんですね。スゴイです。本を読んだ事があるくらいですが、有名な方ですよね。もう一度読み直してみたいと思いました。
Commented by luehdorf at 2007-11-22 23:36 x
カトカラおんつぁん様
11月の大雪、とても珍しいことですよね。チョウチョも大切ですが、ぜひともご自愛ください。
池田さんとのことはそのうちブログに書いてみます。彼の修士論文の室内実験に、完璧な門外漢であるボクが思い切り関わっているのが何とも…。一時期は四六時中ベッタリとしていたような…。
<< 師(1) 秋… >>