ゴキブリの味方です…

 4、5日前、書棚の脇に気配を感じたので目をやると、「アレッ!見つかっちゃった」っていう雰囲気でゴキ君が静止していた。引越し以来の初対面である。リビングにいるパートナーに対応の手段を求めると、「捕殺」であるという。チョウチョ採りのために100円ショップでしこたま買った密閉容器を使ってまず「生け捕り」。「ホラ、こんなに『カッコ』いいんだよ!」とプレゼンテーションしたのだが、あえなく却下され、「家庭用洗剤の水溶液」による「溺殺処分」となってしまった。ずいぶんと立派な完品だったので、展足なんかしてみようと思ったのだが、彼女のいるところでは無理な話で泣く泣く投棄した。
 前の住まいを引っ越す直前に、クロゴキの大きなのがいたので、行動予測して「ゴキホイ」を仕掛け、「『カッコいい』のが入るはずだよ」と言った日の夜、帰宅すると、「ホント!『カッコいい』のが…」って喜んでいたので、いくらか「ゴキ・アレルギー」がなくなったのかと思っていたのだが…。
 「不快昆虫」とか言うのだったろうか。何でここまで彼らは嫌われなければならないんだろうか? 記憶が確かならば、1960年の5月か6月かに、朝日新聞の社会面に「ゴキブリがポリオ(小児麻痺)のウィルスを媒介?」という記事が載った。当時、岩手の一関ではゴキブリがいなかったもんだから、「どんなおっかないムシなんだろう?」と想像をたくましくしていた。翌年の夏、一家4人でスイカを食べていると畳の上を黒いムシが走った。弟が「父ちゃんこれ何?」って言うと、親父は「これはゴキブリ、アブラムシともいうな…」と教えてくれた。得体の知れないものを怖がる母親がどんな対応をしたかは忘れてしまったが、「へぇ~、こんなもんか…」とちょっと拍子抜けしたもんだった。ただそれ以降の我が家の対応は、軽く叩いて半殺しにし、紙に包んでの焼死処分が慣例になっていた。それでもボクは、「わっ!ゴキブリ!」みたいな対応ができなかった。彼らの仕草に何となく愛嬌を覚えてしまっていたから…。
 ’70年に上京し、6年間住んだ大学の寮は、旧陸軍の兵舎の転用とかで老朽化していて、やたらと色んなムシが出た。ゴキについては同室の仲間なんかが「汚い…」って言ってるのを見て、「汚いのか?」と思っていた。後年、ちょっとしたイタズラ心から、インスタント・コーヒーの空き瓶で飼育してみたが、テカテカした体は汚れがつきにくそうに見えたし、あのブラシのような脚を使っていつも触角や翅をクリーニングする姿は、巷間広まっているゴキのイメージとそぐわないものだった。
 ちょっと弁護したいのだが、「汚い」と言われるゴキが原因となった食中毒とか感染症の事例ってホントにあるのだろうか? 大学時代に某消毒会社のバイトに行き、噴霧器を背負ってスプレーイングをしたことがある。中華料理店の厨房のガス台上にあるダクトに散布したら、まるで褐色の雪が降るようにチャバネが落こってきた。床に落ちた彼らが逃げ場を求めて走り回る光景は壮観だった。でもその料理店で食中毒などの事故が起きたという話は聞いたことがない。確か5階建てのオフィスビルだったが、オフィスに使用している所だって料理屋ほどではないにしろ、わさわさといた。特に、給湯室には…。この経験が、「ゴキはホントに悪者?」という観点に立つ端著になっている。
 まぁ、イメージが作り上げられているのだから、それを一挙にくつがえすのは無理としても、ちょっとはよく「見て」みようと言いたくなるのだ。日本全土には50種を超えるゴキが棲むのだと聞く、そのうちわれわれとの共生(?)関係にあるのは10種程度だろう。あとは森林にひっそりと棲んで生態系の「分解者」としての任務についている連中だから、そこを汲んでやりたい。
 暑さが苦手だからまず行く事はないと思うが、西表島に棲む「ルリゴキブリ」、これだけは採ってみたいな。
[PR]
by luehdorf | 2007-06-30 11:10 | チョウなど | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://himegi.exblog.jp/tb/5999226
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by たにつち at 2007-07-01 00:09 x
長文の読み物シリーズ、まずは3本、じっくり楽しませていただきました。
中身がどれもほかにひとつとない濃いエッセイで、素晴らしいですね。
自分の中を見て、こういうオンリーワンコンテンツがあるかな、、と。
それをもてるような日々を送れるよう心がけたいです。
Commented by 広島みかん at 2007-07-01 00:11 x
「ヒョウモンモドキ保護の会」に所属しながら,「燐粉が苦手」というアンバランスな状況を克服できない私です。
ゴキちゃんと「クワガタムシ」「カブトムシ」の違いがイマイチ理解できないでもいます。触覚の違い?角があるからいいの?
園芸植物をこよなく愛する,自称「自然大好き」っ子。
私の苦悩(?)もまだまだ続きます(笑)
Commented by luehdorf at 2007-07-01 00:38 x
たにつちさん…。
またまたお寄りいただいて有難うございます。
以前にいただいた、「記事にしたら…」のアドバイスの産物です。忙しさにかまけ、長めの文を書くことをおろそかにしてましたもんで、結構大変だな?って思ってますが、色々と綴ってみます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by luehdorf at 2007-07-01 01:00 x
広島みかんさん…。
連日そして連続のお立ち寄り有難うございます。
鱗粉を苦手にする人は結構多いんです。でも何ら害は無いはずです。チョウの仲間だけが持ちえた「防水機能」で、1つ1つがプラグに埋まり、瓦屋根のような構造になってるんですよ。ゼフィルス、モルフォなどのように色素でなく「構造色」を持つものもいますし…。まさに自然の「造化の妙」を感じます。
ゴキとクワガタ、カブトかぁ…。背中を触ってみて「フニャ」っていうのがゴキですね。クワガタは頭の所に2本の角(大顎っていうんですが)が出てて、これは可動性があって挟むことができます。カブトの角は真ん中から1本出てるだけですよね。
そうそう今度時代劇でよろいを着た人を見たら頭に注目!頭にかぶるのが「兜(カブト)」で、額に金色(?)の2本の角が出てるはず。あれが「鍬形(クワガタ)」です。虫の名前もここから…。因みにゴキブリは「御器かぶり」で、残飯の残った食器にかぶりついてるとか、食器をかぶった(帽子のように)ようだから…。
<< 自然とのつきあい方 リュウグウヒメイトトンボ? >>