チョウセンアカシジミ考

 河北新報の記事によれば、山形県川西町でチョウセンアカシジミの卵が盗まれたとか…。誰が言ったか知らないが、岩手と山形と新潟に局地的に分布する「貴重な」チョウだから保護せにゃならんとばかり、トネリコを植えてサンクチュアリをつくったところから削ったそうだ。いわば牧場の牛を盗むような所業である。よせよそんなこと。サンクチュアリを離れたところにだっているから、人目につかないところでこっそりやればいいんだよ。
 私見であるが、チョウセンアカシジミは帰化種であると思っている。歴史に弱いので時代の詳述はできかねるが、かつて東北地方で金を産出した頃、大陸や半島から随分と人がやってきていたらしい。その折に、稲の「はさ木」の用途ででもトネリコが持ち込まれ、それに付いていたチョウアカが増えたのではなかろうか。分布が局地的なことはその最大の裏づけにはならないか。 40年ほど前、岩手の田野畑で卵採集をしたとき、田んぼっぺりの2mほどのトネリコがホストになっていた。林の中のでかいトネリコには全く付いていなかったことからも、稲作と結びついた田んぼ周辺のトネリコに依存性の高い種であると言う感を強くもったものであった。事実、田野畑周辺では昨今、チョウアカの個体数の減少が樹木の密生にあるから、伐採をかけろという話が出ていると耳にしている。
 そもそも、そこまでして保護をする必要があるのかの感が拭えない。これでは自然の「動物園化」ではないか。自然が、とかいいながらそれほど人の手が加えられるなんて、何て不自然なんだろう。チョウアカがいなくなったって、ボクらの生活に何の支障もないんだから、そんな目に角を立てるようなもんじゃないと思う。まぁ、サンクチュアリをつくり、そこを守ろうとしている人たちの意気込みに水を差すつもりもない。どうぞ勝手におやりなさいと言うだけだ。
 削るヤツも削るヤツだ。楽しようとするなよ。確かに世の趨勢は「採り屋」には厳しい状況で、何かっていや規制がかかる。でもそこで知恵を絞ってこそ「採り屋」の本領ってもんじゃないの?白馬のギフだって、下の方じゃ人目があって厳しいけど、上の方へ行きゃ「何でこんなんが保護対象種なんだよ」っていうくらい翔んでんだもん。何せ目にするチョウチョはギフばっかだよ。あんな所で種を指定する愚って言うのは明らかだ。釣りの入漁券のような制度、あるいは地域を限定して指定すべきだって関係者にも言ったんだけど分かんないんだよね。あれだけ広範囲に発生していたらまともに監視なんてできないし、そんな予算だって町側はとれないでしょ。チョウアカも同様である。岩泉の龍泉洞周辺はまだ辺りのトネリコに卵が付いている。川沿いにトネリコを見ていけばそんな苦労することもなく採れるはずである。雫石だってちょっと歩けば…。だから川西や米沢にしても、人の目につかない場所を探せばいいんだよ。それが「採り屋」としての想像力・推理力で、よっぽど快感なんだがなぁ。
 こんな時代だから、他人との摩擦を起こすことなく採って楽しみたいよね。
[PR]
by luehdorf | 2007-03-30 00:21 | チョウなど | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : https://himegi.exblog.jp/tb/5419466
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by たにつち at 2007-04-20 06:59 x
チョウセンアカシジミの金採掘時代の持ち込まれたという帰化説は、たいへん興味深いですね。
あの特殊な分布を理由づけるとしたら、人為性は有力だと思います。
分布域が広がらないできたのも不思議ですよね。
Commented by luehdorf at 2007-04-20 12:17 x
たにつちさん、ありがとうございます。
龍泉洞周辺は「変なトコ」でして、ヤマキチョウ、フタスジ、クロヒカゲモドキ、キマルリ、クロシジミなんかがポ~ンと飛んで分布するんですよね。クロヒカゲモドキは特に少なくて、ボクは見てないんですが、岩手日報社発行の「岩手の蝶」には甘ピンの写真が載ってます。
まぁ、かつては本州全体にいたんだけど関東、東北南部では絶滅しただけっていう風に考えれば簡単なんでしょうが…。ボクにはそうは思えない何かがあるような気がしてます。
かつて岡山でベニモンが見つかったとき、皿ヶ峰も岡山も蛇紋岩地帯だって言うので、「北上山地もそうだ!」とばかりに龍泉洞周辺で探した記憶があります。そのときはダメでしたが、可能性はあるとにらんでます。
今一度挑戦してみます。
Commented by デッシー at 2007-05-08 21:28 x
ううう・・・なんたる失態・・・。
ノコギリの幼虫と、公園で拾ったカブト、あと小さい幼虫(種不明)を全部一緒に飼っておりました。もちろん共食いの危険性は知っておりましたが、飼育ケースが少ないこともあり、大丈夫だろうと高をくくっていたのです・・・

結果、小さい幼虫(カナブンと判明)のみが蛹になっておりました。ほかの幼虫の存在すら感じられない、無味乾燥な飼育ケースになっておりました。

なぜよりによってカナブンだけが? こいつはすべての個体が蛹室を作っております。

考察・・・カナブンは成虫になると吸蜜資源の確保ではカブト、クワガタにかなわない。だから、幼虫のうちに、ライバルを食ってしまおう、と。

あくまで勝手な推論ですが、誰か知りませんか?

オオムラサキはまもなく蛹化しそうです。
昨年石神井公園で撮影したピンクのイナゴは直翅学会に送りました。
イナゴではここまでの赤色はあまり例がないそうです。
<< 白馬考 採集日記(1) >>