一億総病人化?

 4年ほど前、「140㎜Hg-90㎜Hg」と基準の下げられた「高血圧」がまた基準を下げるんだとか…。前回の変更では日本中で高血圧患者が3倍になったそうなのだが、今度の変更ではどうなるのか。収縮期(最高血圧)で128㎜Hgが境界だとか言われているが、それを超えて「高血圧ですよ!」ってなった人に、医者はどのような治療をするのだろうか? まさか早速降圧剤の処方をすることはないだろうと思うが、はてさて…。そんなことしたら、日本中が低血圧になってしまい、冷え性が増えたり、活動性が低下したりと、とんでもないことになりゃせぬか。
 大体、血液データによる健康診断の結果報告なんて、分析値をコンピュータに放り込んで、ボーダーをコンマ1でも超えれば「アウト!」って言うもんなんじゃないの? 前日までの生活の様子なんて全く考慮に入れられてないんでしょ。十何年か前、無理やりに健診を受けさせられて、肝機能がひっかかった。医者の友人に電話してみると、「お前、前の日ちゃんと寝た?」、「ほぼ徹夜」、「それだよ。2、3日ゆっくり休みゃぁ戻るよ」ってチョン。やばいかなと思ってちょっと怯えていたボクは、輪をかけて無茶しましたよ。でも何てことない。
 我がパートナーは昨秋、48週に及ぶインターフェロン治療を終えC型肝炎ウイルスを駆逐した。事後の経過もよく、まぁ完治であろう。しかし、インターフェロンはリュウマチ患者との相性が余りよくなく、時として「肺の線維化(医学用語では『繊維』じゃないんだよね)」が生じると言う。彼女もその例外でなく、レントゲンで小さな影が見つかり、別口で呼吸器内科にまで通った。喀痰検査ではシロ、しかしレントゲンの影を見た医者は、「80%の確率で肺癌」と言った。9ヶ月の経過観察の結果、影が肥大することはなくて一応無罪放免になった。しかし、レントゲンに現れた小さな影だけで癌を予告する医者ってどういうもんだろうか。女医と聞いたとき、ボクはテレビでタレントを脅かす「○木数子」を想像してしまった。
 失礼を承知で書くが、どうも医者や医療機関は病気を作っていないか? いみじくもパートナーは、「医者にかかると変なもん見つけるんだよね」と言った。糖尿の境界値も下げると言う話も聞こえてくるが、そういうことをしてたら「健康」な人間なんてほんと一握りになっちゃうでしょ。
 ボクは医者にかからない、そして健疹や検診を受けないことが健康である唯一の手段であると言うことを悟った。
[PR]
by luehdorf | 2007-01-30 23:58 | 酔っ払い | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : https://himegi.exblog.jp/tb/5051487
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by デッシー at 2007-02-01 15:13 x
先日はありがとうございました。

これ、もしかして携帯から入れてるから反映されないのでしょうか?
<< 想像力 放言 >>