入笠山に風力発電?

 ボクの30年来のフィールドである長野県の入笠山に、風力発電施設を60基も設置する計画があるのだとかで、地元の山の会や環境を考える会などが反対の運動を起こしている。計画案を見てみると、稜線伝いに高さ100mの「大型扇風機」みたいなのがずらっと並ぶようだ。こんなことを自然を大切にする長野県がどうして認めるのか? 伊那の市議会にはぜひとも反対の決議をしてもらいたいものである。もしそうでなければ、何らかの利権が絡んでると疑われても仕方ないのではないかとさえ思われる。
 大体、風力発電や太陽光発電は石油を使わないから、温暖化ガス(と言われている)であるCO2を出さないので環境に優しいとか言われているがホントにそうなんだろうか。CO2が地球温暖化の原因であると仮定して、風力や太陽光による発電のコストが火力発電のコストを大きく下回るなら結論はたやすいのだが、現実には、風力・太陽光は安定した電力の供給という点では問題が多いのではないか。風のないとき、太陽が出ていない夜間など出力が落ちたときには補助電源が必要となるはずで、それはどこから供給するのか。そのための施設を作るのであれば、二重の投資が必要となる不経済な設備となる。もっとも、それで儲かるところが出てくるからいいってのがこれに関係する会社や政治家の発想か?
 山の稜線に大きなブレードが回ってるのを見るのはあまり気分のいいものじゃない。3代目のオボッチャマが日本のトップに立って、「美しい日本」とか言っているが、山に扇風機があるのは美しいのかなぁ? ホントに美しい日本を作りたいなら、トップダウンでこんなアホな計画をストップさせなきゃなんないと思うんだけど…。長野も知事が変わっておかしくなったって言われちゃうんじゃない? ボクは心情的には前知事のT氏を好きではなかったが、彼が不必要なダムは作るなとかって言ってたことは評価していた。北海道の竜巻を例に引くまでもなく、自然の力は人智を超えたものだから、さかしくそれに対抗していこうってのは思い上がりとしか思えないからだ。でも必ず出てくるのが「何百年に一度の災害を未然に防ぐ…」とかの言…。違うでしょ、それをやるとアンタの懐にいま金が入ってくるからでしょって言いたくなる。そんなおためごかしはやめろって。
 そういえばオリンピックのために作られた白馬のジャンプ台は観光資源になってるみたいだ。入笠の風力発電施設もそんな目玉にするのか? 長野県の人口工作物によるテーマパーク化計画? もしそうなら、バカバカしいとしか言いようがない。
[PR]
by luehdorf | 2006-11-09 11:58 | チョウなど | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://himegi.exblog.jp/tb/4515874
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by デッシー at 2006-11-13 14:39 x
進化というものは面白い。最近、小説ジュラシックパークを読み返し、映画も再び見た。そもそもなぜ恐竜が絶滅したか・・・・・・。そんな矢先、ドゥーガル・ディクソンのフューチャー・イズ・ワールドという本を読んだ。これが!再来する氷河期により絶滅した人類以降、二億年後までの地球の生物が解説されている。まあ、誰にも分からぬことだ。話半分としても、なるほどね、と思う。温暖化ではなく、氷河期によって絶滅する? そう、きっと地球の歴史は人の手に完全に届かないところにあるのだろう。私が思うには、昆虫の翅は二枚になっている。どの種も結局二枚で飛び(蝶も結局二枚しか使わないから前翅を後翅に入れている。甲虫なんてもっと顕著)、他の二枚は違う役割(甲虫が身を守るように)を担うと思う(その点、トンボはうまく使っている)。ついでに最近、絶滅動物の本を見ていて絶句。昔の鯨がカワウソの様な形をしていたなんて・・・・・・。でも原始貝類だってカタツムリのように自ら粘液を出して陸上生活するなんて思わなかっただろう。絶滅し、何かがニッチに入ってきて繁栄し、それに共生・寄生し、また絶滅し・・・・・・壮大で面白い。誰も本当のところが分からないのがいい。
Commented by 蝶々ハッシー! at 2006-11-14 00:01 x
 午前中の文化放送に黒岩常祥先生が出ていて、ミトコンドリアや葉緑体がもともと好気性菌や藍色細菌で、それが古細菌に食われて共生するようになったんだって話をしてました。「細胞内共生説」、マーグリスでしたっけ?何とも壮大な想像力ですよネ。そうか、将来はどうなっていくのかって想像するのも楽しいなぁ。
 昆虫の翅二枚説、賛同します。蚊やハエはとっくにそうなってるし、鱗翅目には前翅と後翅をフックして使うやつがいたような記憶が。
 オレももっと勉強しようっと…。
<< ベランダ園芸 放蝶の是非 >>