お土産から感じたこと

 前の住いの外壁修理のため、ベランダに置けず他へ預けていた鉢植え類が戻ってきた。実生の清見オレンジが丸裸になっているからよく見たら、クロアゲハの終令幼虫がついていた。こつこつと増やしたパンダカンアオイの根元のスミレに食い痕があるので、もしやと思って葉っぱを裏返すと、ツマグロヒョウモンの幼虫が、大きいのやら小さいのやらしっかりとついていた。嬉しいお土産である。
 今年は9月からこっち、やたらとツマグロを見た。昨年は10月半ばに日大病院の駐車場を翔ぶのを見ただけだったから、ちゃんと都内に定着したんだなって思いで眺めていた。
 ナガサキアゲハも含め、南方系のチョウの進出に、「地球の温暖化」がどうたらいう話を聞くが、本当に地球は温暖化してるんだろうか? 以前、池田清彦著「やぶにらみ科学論」を読んだとき、そのなかに「地球温暖化論はいかがわしい」という章があって、池田さんらしい切り口でその危うさを論じていた。その後思うところがあって、「地球温暖化(伊藤公紀著)」、「CO2地球温暖化説は間違っている(槌田敦著)」などを手にし、特に後者では、自然科学者は蓄積されたデータの正しい読み取りが大切で、そこをまげて多勢についてはいけないという、確固とした姿勢を学ばされた。槌田先生の論証の根拠は、他の学者連中も当然知っているものなのだが、そこから導き出される説は明らかに少数派である槌田先生の方が、何も知らない人間(=マスメディアなどに「刷り込まれ」てそれを信奉している人間と対極にある)を納得させるものであると思えた。
 大体、ツマグロヒョウモンを例にすると、こいつは1996年までには長野県に入り込んでいた。信濃毎日新聞社から出た、「信州の蝶(1996)」には越冬幼虫の記録があることが記されている。いくら暖かいといったって、長野のどこが東京よりも暖かいんだろう。静岡から山越えするよりも、太平洋岸を東に移動して東京を目指す方が合理的に思える。だから地球が暖かくなったから勢力を拡大してきたんじゃなく、種自体の耐寒性が上がったからだって言ってもおかしくないんじゃないか。それをみな「地球温暖化」のなせる業と断じる世の風潮には首を傾げてしまうしかない。ボクはツマグロに対しては、ガーデニングブームが分布拡大を促進したという珍説を挙げる。だって、園芸店にはビオラのポットが所狭しと並べられていて、ツマグロの格好の産卵場になってるから。
 槌田先生は今の、CO2が悪いんだよっていう世相は、ファシズムであると言っている。それにより、異説は学術誌にその論文掲載さえ拒まれるのだとか。そんなのはもう科学じゃない。ある事柄に複数の説が生じるのは珍しいことではない。それに対して論議をし、検証をして結論を導くべきで、少なくともCO2による地球温暖化というのは、初めに結論ありきだったのではないかという感が拭えない。
 スミレを食うツマグロの幼虫を慈しみながら、「急に寒冷化したらどうするんだろうな?」ってことでも想像してようか。
[PR]
by luehdorf | 2006-10-29 18:42 | チョウなど | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://himegi.exblog.jp/tb/4446497
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by デッシー at 2006-10-30 14:26 x
温暖化は間違い、面白いですね。私も最近、疑問に感じるところがありました。それは地球の歴史のなかでは幾度となく気温の上昇、下降を繰り返していたということ。次に、よく映像で映し出される北極の氷が溶ける場面、あれはただひとつの現象にすぎず、暖かいからという理由ではないということ。…ツマグロやナガサキはこんな短期間で温暖化を認識してはいないでしょうね。
話は変わりますが、最近、カメムシなんかに興味がそそられています。アイツら、かわいいかも☆ ハッシー様、来年の甲虫はタマムシ、ハンミョウで、蝶は今年同様、タテハ中心。ついでにカメを遊びでやろうと思います。
Commented by luehdorf at 2006-10-30 15:20 x
 ダイオキシンだって分かんないよ!どうも環境問題って、初めに結論ありきって形で、検証なんかしっこないメディアが勝手に煽ってることが多いみたいだ。受け手は素人だから、無抵抗に信じ込まされて、「オウム返し」に「危ない、危ない」って言ってないかな? 一種「カルト」だよね。(そう言えば鳥じゃない「オウム」はカルトだったか…)
 今一度、視点を変えて正誤の検証をする必要があるんじゃないかな、なんて思って色々勉強してる。面白いよ。
 鬼が笑うかも知んないけど、来年は入笠のクモツキを最重点課題にしてます。あとは変わらずにルードルフィアとエレビア、そしてカミキリへと…。タマムシは採ってみたいですね。カメさんは臭いとちょっと…(笑)。
Commented by デッシー at 2006-11-04 10:09 x
所沢の妻の実家近くに金山公園という湿地帯の緑地がある。比較的最近整備された公園なので、おそらくそのとき運んで来た柳にコムラサキがついていたのだと思う。夏はかなりの個体がひっきりなしに飛び交っている。で、看板には『この公園には貴重な生物がいます。全ての動植物は採集禁止です』と書かれている。環境を人為的に持ち込んでおいて…既存種にとってはそっちのほうがいい迷惑だ。どこもかしこも採集禁止ばかりでつまらない。ふぅ…。
オオムラサキ、まだ下に降りないですかね? 仕事の話ついでに連れて行って貰えませんでしょうか?
Commented by 蝶々ハッシー! at 2006-11-05 00:23 x
デッシー様
 金山公園の「貴重な生物」って何なんですかネェ。湿地だったとすると周縁部にハンノキがあって、埼玉県のチョウ、ミドリシジミでも……。でもそんなに珍しくもないしなぁ。ちょっと興味がそそられる。コムラサキに「mikuni」タイプがいないかな? 採集禁止なんて大仰なこと言うんだったら、幼虫を採ってくりゃいいだけなんだけどね。
 オオムラサキはまだ降りてないと思います。確実に、そして数が欲しいなら、山梨の須玉町(現北杜市)の若神子、よくたかるエノキを2,3本知ってます。近場なら以前行った嵐山あるいは小川町でエノキを探す。秋ヶ瀬でもちょっと見たことがあるけど、やたら少ない。鎌倉、横浜辺りでアカボシってのは?今月中に時間作ります。
<< 放蝶の是非 よ~く考えよう >>