工業暗化は…?

昨年の秋ごろ、ちょっと考えていて「おや?」と思った。『工業暗化』についてである。
これイギリスの工業地帯で、工場から排出される煤煙で樹皮が黒ずんできたために、オオシモフリエダシャクの白いタイプが目立って、天敵に捕食される機会が増え、代わりに突然変異型である黒いタイプが、隠蔽効果で捕食機会が少ないので個体数が増えてきた、というもので、方向性選択と呼ばれる自然選択の一類型として例示されている。
では、工業が衰退したり、排出ガスの浄化などが推進され、樹皮を黒くする要因がなくなってきたらどうなるのか?
当然、雨などによって黒ずみの原因が除かれ、白っぽさを生んでいた地衣類も再生してくるのではないか。そうすると、今度は黒いタイプの生存に不利になってくるはずである。とすれば選択の方向は今度は白へ傾いていくのだろうか?と思ったのである。そして、白と黒を行ったりきたりする、まるでオセロのような変遷を「進化」と呼べるのだろうかと。
いろいろと調べてみたら、池田さんの近著にあった。
やはり、環境の浄化によって最近は白いタイプが増えているのだと…。さらには黒いタイプは突然変異などではなく、幼虫が黒い餌を食ったことによる生理的な変化なのだと言う説も出ているとも。
また、福岡伸一氏の本(だったかな?)には、教科書などに載っている黒いのと白いのが写っているあの写真は、実際にはピン刺しの標本を置いた、いわゆる「やらせ」なのだとまで…。
ん~ん、やっぱりこれは「進化」とは言えない。単に環境の変化に対応した個体変異の大きさの揺らぎでしかないのではないか。
C.ダーウィンの『自然選択説』からもう150年が過ぎた。そろそろこれを「淘汰」する説が現れてもいいと思う。

今日はこの曲。

「月影のナポリ」なんかでスマッシュヒットを出していた森山さんの、復活の曲と言えるのかな。
オオシモフリエダシャクの白色型、そして西の方でのモンシロチョウ初見へのエールとして…。
[PR]
by luehdorf | 2012-03-02 00:01 | チョウなど | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://himegi.exblog.jp/tb/17450622
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by カトカラおんつぁん at 2012-03-02 12:16 x
オオシモフリエダシャクの黒化型ですね。
出来過ぎのような話だと思ってましたが、やはりやらせの部分もあったりして、眉につばつけないとアカンということですね。
遺伝や進化の難しい事はよく分かりませんが、自分の説に都合の良い現象を取り上げていくのは自己規制が難しいものですよね。
Commented by luehdorf at 2012-03-03 00:00
カトカラおんつぁん様
>自分の説に都合の良い現象を取り上げていく…
科学でも成熟度の低い分野では特にその傾向が強いように感じます。
地震学なんかどこまでが確かなのか…。
第一に、「地震の発生確率…」。どうも数学の確率とは定義が異なるようで、それならどういう計算をすればその数値が出るのかを明らかにしてもらいたい気がします。
それなしに数字だけをポンと出すので、いたずらに不安を煽っているような感がぬぐえません。
生物でもいまだに根強い「DNA至上主義」。DNAは単なる有機化合物なのに、それがどのようにして生命を支配しえるのか?
そこに突っ込もうと思ったら、あまり好きでなかった「分子生物学」が面白くなってきました。
<< 人為と天然の境界は… 南岸低気圧 >>