安全に…

2月にサイクルコンピュータを導入し、11月28日で総走行距離が2274kmになった。旧メーターの不具合で5,60kmほど少ないのだが“消費税”以下の誤差だから無視してもいいだろう。
自転車乗りを再開したのが昨年9月で、今年1月までの5ヶ月はメーターなしで走っていたのだが、週当たりの走行距離を計算してみると少なく見積もっても1000kmを超える。1年3ヶ月で3000kmを走れたのは間違いないだろう。

itsukiさんや呑むさんがいろいろと案じてくれるので現状を詳述してみたい。

まず、四半世紀前と比べて“コワイ”のは「自転車」なのである。道路の右側を平気で逆走してくるヤツ、歩道から後方確認もしないでいきなり車道に飛び出してくるヤツ、脇道から一時停止をしないで右折してくるヤツ…。そしてとにかくひどいのがケータイをいじりながらとかヘッドホンをつけてとかの連中(これは当然のことながら四半世紀前にはいなかった)がやたらと目につくことなのである。
今、ピストレーサーがやり玉に上がっているが、本当のところは上に挙げたような輩の方が数が多く、一番厄介な存在なのだ。
それに比べたら車はずいぶんとマナーが良い。こちらが守ることはただひとつ、「明確な意思表示」である。
車での「意思表示」には、ウィンカーはもちろんのこと、クラクション、前照灯のオン・オフあるいはパッシング、ハザードランプと様々あるが、自転車も後方の目視をきちんと行うことと手信号による「意思表示」で立派にコミュニケーションがとれるのである。
それらを励行していると反応が良いのがタクシーである。昨今、ドライブレコーダーが搭載されているから、きちんと距離を置いて手信号を出している自転車に突っかかったなら自分が全面的に不利になることが分かっているのであろう。
路上駐車の車を避けるために右に寄るとき、アクセルオフにしたとはっきり分かるのがタクシー(これに加えて大型トラックも結構好意的である。エンジン音が下がるのでよく分かる)で、通過後に直ちに左へ戻り、脇を抜ける瞬間に右手で軽く御礼の挨拶をすればOKなのである。時として左手で“了解”の挨拶をしてくれる運転手もいる。信号待ちの車の前に出るときも同じ。きちんとアイコンタクトをとってから前に出る旨を手で示せばうなずいてくれる。
要は「お願いね」という気持ちをきちんと伝えればいいのである。でもこれができている自転車は10%にも満たない。その数少ない「仲間」と同じ道を走るときにはとても楽しく走れる。
夏前のこと、青梅街道を新宿に向かっているときに前を行く自転車に追いついた。きちんと手信号を出しているのでそのままついて行き、路駐の車を避けようと後方確認をする際に、先に後ろでブロックをして「後ろOK!」と声をかけた。彼は右手で“ありがとう”の仕草をし、以降、同じ状況のときに「OK」を繰り返し、快調に新宿西口まで走った。直進する彼と代々木方面へ抜けるボク、最後の交差点で「後ろで楽させてくれてありがとう」と声をかけると、「こちらこそ後ろを見てもらって…」と笑い返してきた。
路上で行き交っただけなのに、この短い会話で疲れが吹っ飛ぶ楽しい思いに包まれた。
自分勝手に走っていたら事故を誘発するだけなのである。自転車に乗るならまず、そこのところをきちんと考えるべきだと思うのだ。

警察もヌルい。立ち番のお巡りまはるで“墓石”か“記念碑”で「立ってるだけ」ある。
踏切で警報が鳴り始めたから止まった。そこをジーさんの乗った自転車が右側走行で渡ってきた。目の前を通過されてもウンでもスンでもない。
「ねえ、お巡りさん。何で今の自転車の逆走をきちんと注意しないの?」と声をかけた。そこで「あっ」と気づいたのだろう、しどろもどろしてまともな返答は返ってこない。「大体さぁ、踏切の中の“グリーン”の帯の所は自転車が走っちゃいけない部分じゃないか。そこを走ってきてんだぜ」と続けた。「あっ、でもあそこは“歩道”ですから…」。見事に引っかかった。「君は“税金泥棒”って言われても仕方ないな。あそこは『通行可』の歩道ではないはず。多分向こうにある標識の下の補助標識に『ここまで』があるはずだよ。だからそこの“グリーン”を乗ってきた自転車に君は赤切符を切らなきゃいけないんじゃないの?」…。通行人がニヤニヤして見ているから、「勉強して」とだけ言っておいたが…。
巣鴨へ出向くのが週に一日になったから見なくて済むようになったが、板橋警察署の警察官の自転車の乗り方のいい加減さにはあきれた。
目の前で信号無視して左折、追いかけて行って「信号無視!」と言うと、「自分の認識では…」とか言う。「じゃぁ信号が赤でも『自分の認識』でOKならいいってこと?」と聞いて、やっと「申し訳ありません、気をつけます」。
夜、ライトが右側を走ってくる。こちらが避けずに左を行くと、柵で仕切られた歩道(これ「自転車通行可」ではありません)に入り込んだ。近くに来てよく見るとお巡りだから、「どっち走ってんのよ」と言うと、「いや最初から歩道を…」とか意味のない言い訳をする。こちらのライトが見えてから入った(向こうが街灯の下だったからよく見えた)ことをまずきちんと認めさせてから、「この道のどこに『通行可』の標識があるのか、当然言えるよね」と続けたらもう答えられない。だってありっこないんだもの…。
きちんと市民に教えていかなければならない警察官がこの有様だから、まともな自転車の乗り方が普及するなんて夢物語としか思えない。
とにかく対自転車のもらい事故だけは食わないように注意していく。6月の事故で、“アブナイ”車の判別の能力もついたみたいだし、車に対してはきちんと挨拶をして共存のお願いをしながら…。
[PR]
by luehdorf | 2011-11-29 00:55 | スポーツ | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://himegi.exblog.jp/tb/16976245
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nomusan at 2011-11-30 06:46 x
確かに、自転車に乗ってる人にとっても、一番危ないのは”無謀自転車”なのかもしれませんねー。
職業運転手の方々については都会の方がルール守られてるのかも?って感じがいたします。田舎では結構荒っぽい方もおられますが・・・何せ、福岡県は全国でも有数の”運転マナーが悪い県”らしきて・・・(笑)。
自転車の方は皆がルーさまのように規則を熟知した上で、マナーも守ってくれるといいのですが・・・・出勤時間帯は高校生の自転車が一番恐いのですが、「何するかわからん。」と思って運転してます(笑)。
Commented by luehdorf at 2011-11-30 11:00 x
呑むさん様
小学校などでの「交通安全教育」は結構やられているみたいなのですが、その定着性がどれだけのものなのかは疑問です。
悲惨な事故などが報道されても「他人事」というような意識で、「自分は大丈夫」と勝手に思い込んでいる感じです。
結局は痛い思いをしないと分からないのかも…。

ケータイを使いながらとかイアホンをはめてなどは言語道断です。周囲の状況を感じとるのに重要な視覚と聴覚をシャットアウトしているのですから…。

周りに目を配り、この後にどう動くだろうかと想像そして洞察することが「自分の安全」につながるものだと思って注意していきます。
呑むさんもアホな自転車とのつまらない事故などに遭われませんようお祈りいたします。
Commented by itsuki at 2011-12-02 08:24 x
震災以来 ジテ通者が増えて 更に「自転車は車道を走行!」で混乱し
中高生は携帯で音楽を聞くやら メールしながら走行するから前見ていないし
問題だらけの路上ですね
自転車は「車がよけるから・・・」と気楽に考えてる人が多いようですが
そんなに簡単には避けきれませんよね~~~
「普通免許」同様、自転車も定期的な講習が必要だと思います
それに罰則も強化しないと利き目が無いですよ

・・・まずはおまわりさんから教育を~~~~~
Commented by K.M at 2011-12-02 19:34 x
自転車が怖いのは、よくあるのは併走からの後方確認なしの突然の反対側への横す。
逆もよくあり、歩道、車道の前に左側通行の徹底とウインカーを義務づけたらいいんじゃないかな~なんて思います。電動ママチャリってなめてたら、凄い加速出したりするし…。
あとね~。反射板のあるのは光るのでいいんだけど、夜の無灯火のチャリも見にくいっす…。

車道の徹底は田舎ではちょいとナンセンスな気もします。
Commented by luehdorf at 2011-12-03 01:09 x
itsuki様
>震災以来 ジテ通者が増え…
確かにボウフラみたいにやたらと増殖しました。
きちんと乗ってくれるならいいのですが、信号は無視するは、車道と歩道を後ろも見ずに行ったり来たり…。
歩道からノンルックで車道に降りようとするヤツには、ボクの大声で「あっ!危ない!」って言ってブレーキをかけさせてますけど…。

ケータイとヘッドホンは警察がきちんと見てくれないとどうしようもないです。
そこでお巡りの意識向上のため、交番の前で信号待ちをしたとき、無謀な運転をする自転車を取り締まるよう彼らに声をかけてます。
「オ~イ、そこの警察官。歩道を走る自転車スピード出し過ぎ」とか「横断歩道のゼブラ部分は乗っちゃいけないんだから捕まえろ」って…。
彼ら、知ってるんですけど黙認してるんです。でも申告があったら注意とか取締りの義務があるから、すぐに動き始めます。
それが面白くって…。

自転車の免許制、ボクは大賛成です。そして罰則強化も…。
自動車のように青切符がなく、いきなり赤なので、取り締まり強化に警察庁もためらいがあるみたいですけど…。
Commented by luehdorf at 2011-12-03 01:22 x
K.M様
仰せの通りです。
車は見ているという“幻想”があるからノンルックの進路変更を平気でやるんです。
ボクのように疑い深く、他人を信用しないヤツはみな、きちんと手信号を出し、後車の減速を確認してから進路変更をしています。

大体において、車を動かしてみれば分かりますけど、そんなに見られるもんじゃありませんって。
ですからボクは車を運転しているとき、
1.交差点右折で対向に直進のバイクがいたら通過まで待つ。
2.後ろにバイクが来たら減速して先に行かせる。
を励行しています。

これからは発信の際の左を注視して、自転車が入ってないかをしっかり見るように致します。
ボク自身は常に停車中の車の前に出て「見える」ようにしているのですが、脇に張っつく連中が多いのを随分と目にしていますので…。
<< 大きなお世話… 原点回帰… >>