人気ブログランキング |

続けて…

沿岸部の悲惨な状況を目の当たりにさせられ、何ともやるせない気持ちになっている。
自然というものはこんなにも脅威的なものだったんだ。

TVの隅に映し出される地名に親戚や知り合いの顔がオーバーラップしてくる。
東松島、一番仲の良かった従兄のとこだ…。塩釜、魚市場から500mくらいしか離れていない所に住む叔父と叔母は難を逃れただろうか…。七ヶ浜、カト様の後輩のチョウ屋Kの一家は…。
何とか無事でいてほしいと祈るだけ…。

12日午前に、高校の後輩からメールが入り、「自分のところ(彼の実家は奥羽山脈の山麓寄り)は大丈夫だった。先輩は連絡がとれてますか?」と…。「全くダメ」と返信すると、東北電力本社に勤める同期生がつかまったとかで、大崎市の情報を知り得る範囲で知らせてくれた。
それによると「市街地半壊。ライフライン断絶。陸路が封鎖」というものだった。

じりじりとした思いでネットを巡っていると、今朝になって引っかかったのが、ご主人が北浦(ボクの実家のあるところ)出身の主婦のブログ。
地元の人の“twitter”での報告を貼ってくれていて、それを読むと美里町の被害はそれほど大きくないようなのだ。
いくらか希望が出てきた。ライフラインさえ復旧すれば連絡もつくだろう。親父は退職後に民生委員を任されていたから、この非常時、自分の年齢も省みずに周囲の人たちへの世話焼きをやってるのだろうと推測し、納得している。

駆けつけることのできる日は…。
by luehdorf | 2011-03-14 12:54 | いろいろ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://himegi.exblog.jp/tb/14428144
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by itsuki at 2011-03-14 14:58 x
ルーさま こんにちは
 日に日に悲惨さが増してまいります
 想像以上の惨劇に ただ呆然と眺めるだけです
 固定電話の不通が長引く中、メールやツィッターが情報をくれるのは
 本当に有り難いですね
 従兄弟も安否が確認出来ましたが ライフ・ラインが断絶されているため
 当面の生活がかなり困難のようです
 当方はこのまま見守るだけ・・・・じれったいですね
 
Commented by nomusan at 2011-03-14 20:19 x
言葉になりません。
一日も早くご無事が確認されますようお祈りいたします。
Commented by luehdorf at 2011-03-15 00:12
itsuki様
阪神大震災でも感じたことだったのですが、被災者の方々の取り乱さぬ姿勢に、目頭が熱くなるとともに頭が下がります。
食料や水、そして衛星電話などの順番待ちで、決してわれ先にと乱さない。避難所をゴミなどで汚さない。ましてや暴動や略奪などは決して起こさない。
日本人でよかったなぁ、とつくづく思い、誇っていきたいことです。

まだNTTのガイドしか聞こえませんが電話を続けます。
Commented by luehdorf at 2011-03-15 00:25
呑むさん様
堤防を越えて船を軽々と流し、たくさんの車を枯れ葉のように翻弄する水…。
あれが現実のことなのでしょうか?身震いが止まりませんでした。
地球の内包する力は人知をはるか超えたところにあるのですね。
「想定内」のことにしか対処できない科学は、結局無力でしかないのか、と感じさせられました。

高校の後輩(しかも同業)、実は呑むさんの後輩でもあります。ホントに一生懸命にあちこちへ連絡をとってくれて…。
今夕は電話で「先輩!今夜あたりから電気が復旧するみたいですから…」と…。
沿岸部の状況を見て9割方あきらめていましたが、ひっきりなしに電話することにいたします。
<< ご心配をおかけいたしました… 何とも… >>