そして…

5月4日、目を覚ましたとき、窓外に見える空は薄い雲がかかっていて北アルプスも霞んでいた。朝食を済ませて外に出ると少しずつ青空がのぞいてきていた。この日はいろいろと手を尽くしてくれた甲府の若者の所に寄ればいいだけだから、午前中に崖の湯に入ることにした。
まず標高の高いポイントに出向いた。入り口には X-TRAIL が停まっている。それも2日前にお会いした京都のK様のと同色である。「えっ!こんなトコまで来たの?」と驚きながらプレートを確認すると尾張小牧ナンバーだった。オーナーは林道を入ってすぐの所にいた。挨拶をすると、メスがボロなのに新鮮なオスがいたりして訳が分からない出方をしている、と話しかけてくる。奥の様子を尋ねると、2、3人が鉄塔の辺りで、N様流に言うなら「フール・オン・ザ・ヒル」になっていると…。途中を流すことにして歩き始めた。
陽射しが強くなってきて半袖のTシャツでも汗が出てくる。キャップを脱いでタオル鉢巻にし一服しようと思ったら左斜面から飛び出した。右手がふさがっていたので反射的に左だけで振ると入った。未交尾のメスだった。三角缶に収めてタバコに火をつけ先を見ていると、100mほど先で白いモノが地べたに舞い降りた。白過ぎるのでタバコを吸い終わってからゆっくりと歩を進めて確認すると、何とヒメがスミレで吸蜜している。遠くから証拠画像を狙ってみた。
e0100711_1145713.jpg

松本市崖の湯 4.May.2010
スミレは蜜が少ないので長くいることはないそうなのだが夢中で吸っている。N様秘伝の「手乗り」を企てた。そっと寄っていって腹側に指をさし込み、少しずつ前へ…。大きな刺激を与えないように工夫したがやはりご本家のようには上手にいかない。フワッと舞い上がって路肩よりのスミレにもぐりこんだ。枯葉や小枝がかぶさっているところに体を傾けるようしてに入り込んでいる。
e0100711_11115089.jpg

今度は少し寄って撮れた。交尾済みのメスだった。
ここは道の周辺やカラマツ林の中にはウスバサイシンが見られず、どうも崖になった広葉樹林から発生しているようなのだ。しばらくごそごそと地べた近くを這い回って大汗をかき、昼近くになったので撤収を決めた。そのときに気づいた。メガネがない!写真を撮るときに頭に挿したはずだったのがどこかにいってしまっている。
手乗りを策して翔ばれたときの動きで落ちたのだろうと当たりをつけて戻ってみた。見当たらない。最初のスミレはこれ、次はこいつ…、と行動を再現しながらかがんで探す。あった! フレームの茶色が隠蔽色になって道の真ん中の枯れ草の上に鎮座していた。
やれやれという思いで車に戻るとウィンドーが全開になっていた。「暑くて…」…、すぐにエンジンをかけてクーラーを on にする。2日前の朝はヒーター全開だったのに…。
下りながら聞こえるラジオの交通情報はUターンラッシュの始まりを告げている。北上して美ヶ原経由で諏訪に下りることにした。これが正解だった。程なく長野道で事故があり、その影響でR20も止まってしまったというのだから…。さらにはこの日、午後になって松本の気温が30℃超!いつもにない適切なルート選択だった。
一般道をトコトコと甲府まで走らせ、いつものように渋滞が短くなるまでの一休み。風呂に浸かってマッサージを受け、夕食も済ませて帰着した。
次の指令があるまではまた一般人としての生活が…。そう、「工作員」の日常は「善良な市民」なのであるから。

帰宅すると、「人でなし和歌山亜種」のK様からのメールが…。何と美ヶ原で「ヒメ+BBQ+焼酎」の日々であったのだと…。発信時からしてボクらが通過する頃はまだあそこでのんびりしていたはずで、その気になって探せば「稀種」に遭遇でき、今回のミッションの件を伝えたら、「P!早ょ言って来んかい。一日くらいは出向いたのにぃ~」というお得意のツッコミが聞けただろうに…。
[PR]
by luehdorf | 2010-05-08 11:50 | チョウなど | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : https://himegi.exblog.jp/tb/12606210
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nomusan at 2010-05-08 18:58 x
K君からのメール・・・・・笑っちゃいましたねぇ。まさか美ヶ原でのんびりだなんて、想像すら出来ませんでしたよ。あいつも歳とったのかなぁ(爆)。

ヒメギフの手乗りとは・・・・流石に今回はそんな余裕もありませんでしたよ~。
Commented by pekeyama at 2010-05-08 21:21
>次の指令があるまではまた一般人としての生活が…
御意!(笑
同感!(爆

夜明けのコーヒー
朝焼けのソウルフード
そして午後のノンアルコールビール
遠き山に日は落ちて
満天の星の下で「ああこりゃこりゃ」
次回は何時?
Commented by luehdorf at 2010-05-09 00:01 x
呑むさん様
ホントに、帰宅してPCを開けて驚きました。
完璧ニアミスですから…。

明日は新潟のウラキンとか…。
さすがD.U.B.Cはエネルギッシュです。
こちらはしかと情報をいただいて…(笑)。

いずれギフやヒメの手乗りを完成させて見たいと思っています。
Commented by luehdorf at 2010-05-09 00:08 x
pekeyama様
6日の木曜日から「なりすまし」でございます(笑)。
次の指令まで体調を万全にし、どのような過酷なミッションでも完璧に任務の遂行ができるように…。
秘密工作員としての日々は緊張と、しかし自らの欲望に忠実な毎日なのです(爆)。
(Code No 19511224)
Commented by itsuki at 2010-05-09 08:19 x
アハハ~~
 ”手乗りHG"とは・・・・ルー様も大胆な事をなさいますねぇ~~(笑)
 これが出来れば 一躍有名人ですよ~~
 2回連続・ミッション・・・・あっと言う間に終わってしまい 
 次回の指令は夏過ぎかな・・・・・楽しみですね
 その前に「初夏のゼフ」もえ~ですけどね~~~(笑)
Commented by luehdorf at 2010-05-09 23:46 x
itsuki様
だってご本家(N様)はいともたやすく色んなのを手に乗せてるんです。
ちょっとやってみたくなるじゃぁないですか…。

晴れて気温が高くなったためか活性は高かったですよ。
だから数さえ出てくれれば…。
なかなかうまくいかないものです。

この後、オレンジ色とゴールドのどちらにしようか?と…。
Commented by saunterA at 2010-05-13 15:25
ひみつ工作員のチョウハードな任務、ご苦労様でした!(笑)
奥様のお手製のおにぎりといなり寿司も美味しそうでしたね~。
枯れ草の上に眼鏡も見つけにくいですが、枯れ草に茶色の蝶も見つけにくいですよね~。眼鏡、見つかってよかったですね。

さて、次の指令は夏ごろですか?!
って、指令は誰がだしてるのかしら?(笑)
Commented by luehdorf at 2010-05-14 02:12 x
あれぇ~、saunterA様だぁ~。
"ミッション"のために日々の鍛錬(?)は欠かせません。
だって「あぁこりゃこりゃ」が最大のイベントなのですから…(笑)。

関東からはP様と同期のK様とボク、そしてアッキー&タカとそのパパという布陣で臨んでいます。
中部からは強力なⅠ様で、関西はP様ががんばってらっしゃいます。
そして九州は最強のN様が…。未確認情報ですが、そのうち後輩のN.T様、さらには宮崎のあの方まで飛来なさるのでは?と…。
次の指令…、心待ちにしております。

あのぉ~、お稲荷さんは一応ボクの担当でして…。今度は鳥の唐揚げと青ネギかニラ入りのだし巻き卵もプラスしようかと…。
Commented by カトカラおんつぁん at 2010-05-16 06:29 x
あ〜こりゃこりゃだけでも参加したいと目論んでいる私です。
上京するよりも信州でお会いする方が確率高そうな気がしてきました。(笑)蝶もみれますし。

今日は天気もよく暖かな一日になりそうです。親子昆虫教室の手伝いをしているので、町のはずれのお山でガイド役です。
Commented by luehdorf at 2010-05-17 11:00 x
カトカラおんつぁん様
>あ〜こりゃこりゃだけでも参加したい…
いいですねぇ、そういういわゆるスポット参戦もありだと思います。
毎年正月の京都での集まりは、ボクはお泊りなしの「日帰り参戦」で、最高に盛り上がる2次会に参加できない分、往きの新幹線内でたった一人の「マイナス2次会」をやってますから…(笑)。

昆虫教室などの活動から「ムシ採り」の好きな子どもが増えていってくれれば、飛び込んできたセミを見て血相を変えて逃げ出すような「軟弱」なオトコはいなくなると思います。
休日の活動でしかも神経を使うことでしょう。お疲れになると思いますがおやすみ前に「ジンライム」でご解放のほどを…。
Commented by カトカラおんつぁん at 2010-05-23 06:14 x
すっかり亀レスですが、昆虫教室では天気がエエのに、ツツジも咲かずでさっぱりアゲハ類が飛ばない悲惨な状況でした。

それでも、晴れただけでも良かったとしないといけないと思いました。
蝶以外でもハンミョウやテントウムシなど結構見つかるもんで、ガイドとしては、あれこれ蘊蓄ひろげてかっこうつけさせてもらいました。

このごろは、ジンの晩酌もお代わりで2杯目をつくることが増えて、チェックさらに厳しくなってきております。まあ、言われても呑んじゃうんですけどね。

一昨日、小国に行ってつかまえたギフのおっかさんに卵を産んでもらおうとセットしました。いい気になってホイホイ産まれると後に待っているえさ採り地獄が怖いんですが。
Commented by luehdorf at 2010-05-24 10:46 x
カトカラおんつぁん様
目黒の自然教育園の観察教室に子どもたちを連れて行ったとき、担当のガイドの方が潜っていた研究室の先輩でした。
初め「どっかで見たな?」みたいな怪訝な顔をしていたのですが、温室に入ってチョウチョの説明をし始めたときに「あっ!」とか言って…。
その後は解説なんかの手伝いをやらされました。
あとで研究室に赴いてきちんとご挨拶したのですが、「ダメだよぉ~、最初に声をかけてくんなきゃぁ~。チョウチョは得意じゃないんだから」って…。
就職した子の仕事ぶりをこっそりと覗く親の心境でしたぁ~(笑)。

我が家のギフはずいぶん蛹化を始めました。西向きの部屋なので仕事へ行くときはカーテンを閉め切って室温が上がらないように…。
<< ラッキー缶… さらにミッションHG… >>