さらにミッションHG…

N様、P様の野営地と我々の宿は60km余りの距離がある。普通に走って1時間強、彼らの朝の出発には間に合わないことは自明だった。
自販機で見つけた面白いドリンクを携えて到着すると「BD号」のワイパーにメッセージが…。ドリンクの入った袋をリアワイパーに引っ掛けて近くのコンビニから電話すると、峠の向こうに行かれたとのこと。それなら安心だから、こちらはいつものパターンで行動させてもらうことにした。
パートナーがお気に入りの場所に行き、こちらはちょいと「定点」の様子を観測。周囲の木々の芽吹きは遅くてまだまだの気配である。先まで行くと言ったパートナーが戻ってきたのを潮に観光ドライブへとシフトした。
e0100711_2395265.jpg

フキ (43年前、宮城で初めて採ったヒメはこれに来ていたっけ…)

パートナーの毎年の楽しみはソバとおやきである。彼女の好みのソバ屋はこの時期とても混み合って、ともすれば「売り切れじまい」になってしまうこともある。「大丈夫かなぁ?」と2人して懸念しながら到着すると、かつて板橋区成増にお住まいだったというご主人が、「まだあるよ!」と…。山菜の天ぷらともども1枚ずつたぐってご馳走様。
そこからさらに走っておやきの店へ…。店の中は立錐の余地なく混んでいる。目当ての「野びる」に「×」がついている。聞くと、売り切れた後に材料が到着し、30分ほど待てばいいのだという。これは待つしかない。涼しい風の吹く戸外をブラブラした。庭にユキヤナギを見つけたので「たかってないかな?」と探していると、コツバメが吸蜜に来た。
e0100711_23444026.jpg

長野市鬼無里 3.May.2010

銀塩で撮っていた頃、老眼ではピントが合わせにくくなって写真が辛くなった。オート・フォーカスはその点では便利だが構図がいつもおんなじ…。トリミングのかけ方の練習をしなくっちゃぁ…。
そうこうしているうちに頼んでいたものが出来上がり、今回も目的は達成したと思っていた。
帰途、数年来の我々のブームの「コシアブラ」などの山菜も入手し、快調に宿を目指しているとナビシートから「ワサビの花!」と…。そうだった、毎年春先に近くのスーパーにも出回るワサビの花が今年はなくて、今回の旅で手に入れようとしていたのだった。確実と思えるのは穂高の「大王わさび園」なのだが、大型バスがいっぱい来ていてごちゃごちゃする園内が嫌いで行きたくない。まず、以前よく買っていた駅前の土産物屋を目指した。パートナーが降りて聞いてみると売り切れ…。そこで思い出した。免許をとってたった一人で出かけてきたとき、松本の先輩に勧められたわさび漬けの店、そこには確か置いてあったはずだ。店の前に車を停めて急いで駆け込むと「あった!」。
これをどうするか…。
①3cm位の長さに切りそろえる。(花穂もすべて使える)
②塩をかけてよく揉み込んで2,30分置く。
③水洗いして塩を抜く。
④グラグラに湧いたお湯をかけて1分ほど(きれいな緑色になる)したらざるにとって水で冷やす。
⑤密閉容器に水を絞って入れ、酒と醤油を適宜加える。(醤油の多少は好みで…)

こうやって冷蔵庫に入れておくと、2、3時間後には鼻にツンツンくる「ワサビ花」の浸しものになる。冷蔵をきちんとしていれば10日ほど楽しめる。市販のこの手のものは甘酢漬けになっていることが多く、それに対するパートナーの評価は厳しいものがあるので、我が家ではシンプルに酒と醤油にしている。
大騒ぎの後宿に帰りTVをつけると、朝R147で通りかかったコンビニの映像が…。パトカーが3台来ていて慌ただしい動きが見えたので、「強盗かも?」と言っていたらまさしくそうだった。
風呂に行こうとしてN様に電話すると、当初の予定通り「K」へ向かっているとのこと。夏にまたお会いできることを期待して受話器を置いた。
by luehdorf | 2010-05-07 00:17 | チョウなど | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://himegi.exblog.jp/tb/12599195
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nomusan at 2010-05-07 05:46 x
後方支援、ありがとうございましたぁ~!
おにぎり&稲荷が何であんなに美味しかったのかが、よ~くわかりました! ”愛情”がたっぷり注がれていたのですねぇ~(爆)。

あの朝、いつも通りにカップラーメンで朝食を済ませようとしていたので・・・・・本当に嬉しかったですよ。稲荷はヒメギフ撮影のあとの昼食に頂きました。本当にありがとうございました。

大阪の若者君、luehdorfさんご夫妻と出会えてラッキーでしたね。↓のような日だったら、会う人によってはとっても嫌な気分になっていたかも?です(笑)。
私も、33年年前の初ヒメギフを思い出しましたよ~。私もね、一頭目は逃げられたんでした(笑)。
Commented by luehdorf at 2010-05-07 09:41
呑むさん様
普段の朝食はパンなものですから、朝から米の食べられる「お出かけ」は大好きなんです。
米をしっかり食べとかないとフィールドで走り回るエネルギーが不足しそうな気もしますし…。

稲荷、これはどうも「遺伝」のようで、昔父親と釣りに行ったとき、コンビニで同じ稲荷ずしのパックに手を出してました。
ですから呑むさんとpekeさんが同じ食べ物に手を出してしまうというのを聞いたとき、おかしくっておかしくって…。

↓の若者、若いころの池田さんにそっくりでした。(態度は池田さんの方がデカかったけど…(爆))
それでなんとなく親近感を覚えてしまって…。
Commented by カトカラおんつぁん at 2010-05-07 09:59 x
私もずうっと前に家族旅行で鬼無里を通ったことがありました。
わさび漬けのやり方、うちは最初にお湯をかけてから醤油などにつけ込むようです。葉わさびは、近くの杉林に生えてるのを調達します。ここは以前に栽培していたのが放置されて増えたものらしいです。根っこは太くならないのですが、葉や花が利用出来るので、いつも今頃は採りに行ってました。今年はまだですけどね。

お稲荷さんは、うちじゃ殆ど作ってもらえないですが、市販品はたしかに甘過ぎますね。私は薄味か、甘さを控えたものに1票です。

私が初めて採集したヒメギフは、我が町のはずれで小学生の時でしたから、もう55年も前の話ですね。その標本もしばらく箱に鎮座していたのですが、地震でガラスが壊れて、ダメになってしまいました。ラベルだけ
は残しておいたような気がしますが、探してみないと何とも言えません。
今日も天気が悪くなって今年はヒメギフと会えずに終わりそうです。
Commented by luehdorf at 2010-05-07 13:38 x
カトカラおんつぁん様
近くにワサビの自生地がおありですか。うらやましい。
うちのは2年前に↓のソバ屋で頂戴してきたものを鉢植えにしてありますが、まだ摘んで食べるほどには…。

稲荷揚げはできるだけ甘さを控え目にして煮るようにしています。酒飲みでもないくせに飼育係が甘みにうるさいものですから…(笑)。

ヒメ、↑の2年前、まだ岩手にいた頃に校庭を翔ぶのを体育帽で捕まえたことがありました。4月の末だったものでボロボロでした。こんな経験がルードルフィアは採りやすい、という固定観念を作らせたのかも知れません。
おかげでこの年になってなかなか採れずに苦労しています。
Commented by itsuki at 2010-05-08 08:00 x
ミッションHG参加 お疲れさまでしたね~~
 天気が良かったから白馬の景色も最高だったでしょうね
 真っ白な雪渓・・・・蕾のさくら・・・・まるで別世界ですね

 ・・・・僕も参加したかったなぁ~~~~(涙)
Commented by luehdorf at 2010-05-08 10:43
itsuki様
お会いしたかったです。
ただですねぇ~、こちらは「飼育係」が同伴ですから、「あぁこりゃこりゃ」で弾けようものならいきなり「ハウス!」とか言われそうでしょ?
痛し痒しってところなんです…(爆)。

白馬はまだ「春浅し」という感じでしたが、松本周辺は新緑が目にまぶしかったです。
キベリの越冬個体がふうわりとグライディングしてました。
<< そして… ミッションHG… >>