「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

200km/月

仕事が終わり、着替えて一服しながらメーターを見ると、累積距離が『3989km』になっている。自宅近くで4000kmに達するではないか。
サイクルコンピュータを導入したのは一昨年の2月。7月の末頃から調子がおかしくなった。うまく作動しないのである。上板橋―渋谷の往復はおよそ30km、しかし途中で動きが止まり、走行距離が10km程度しか記録されないことが続いた。
読み取りセンサーを掃除したり、断線を疑ってコードをいじったりしてみてもダメ。メーカーにクレームを上げ、代替器をテストしてみると正常に作動。結局は器械本体の接点の異常であろうと、代替器に交換したのが9月半ばだった。それから足掛け20ヶ月、やっと4000kmを記録した。(前の器械からの累積では5360kmになっている)
阿佐ヶ谷と自宅との距離は通常のルートだと11.4km。自宅近くの公園あたりで4000になるだろうから、最後は街灯の明るい所で確認しながら走ろうとスタートした。読み通り、東上線の踏み切りで電車の通過待ちをしているときに3999.8、そこから200m走らせてメーターを外した。
e0100711_2349391.jpg

メーターをセットして乗るのは仕事に出向くときだけなので、実際はもう少し走っているが、月に200km。
身体的変化は、古傷の膝が痛まなくなり、また心肺機能が向上したのだろうか、4Fまで階段を一気に駆け登っても息切れがしない。そして、太腿が3cm太くなって60cmになった。30代半ばのときに62cmだったのだから、後もう少し。
ただ、減量面ではさして効果が上がっていない。乗り始めた2年半前からおよそ3kgしか落ちていないのだから。上半身のトレーニングも入れて、全体の筋力を上げた方がいいのかとも思っている。
以前のような『ドカ食い』もしなくなったのに、あまり落ちないことには飼育係も首を傾げている。
ズボンのウエストサイズが小さくなったのをいい兆候としておこう。
さらに飼育係の「シルエットが前より締まったよ」というお世辞も励みにしよう。
このままなら5000kmに達するのは9月。それが少しでも早くなりますように…。
[PR]
by luehdorf | 2013-04-28 00:15 | 自転車 | Trackback | Comments(2)

ハッシー!の駅弁図鑑(10)

先週、仕事に行ったときに勧められたのがこれ。
e0100711_23542066.jpg

駅弁の人気投票でずいぶん上位に入ったものなのだとか。
小さく書かれた「チキンカツ」を見落としていて、写真を撮ろうとして気づき、ウッヒャァ~となった。
e0100711_23565977.jpg

大きいのが3個も…。
仕方がない。最初に3つともやっつけ、その後たっぷりの野菜とワラビやサツマイモの茎の味つけ煮でご飯を食べた。
食品衛生法の規定なのだろう、『ピューラックス』(次亜塩素酸ソーダ、家庭用の漂白剤と同類)にさらしたためか、リンゴの味が今ひとつ。でもレタス、キュウリ、カリフラワーそしてセロリはしゃきっとしていておいしかった。
豚カツだったら最高だったのに…。
売店で聞くと、『丸政』という会社(ホームから駅の北側に見えた)は、前回と今回の2つ以外にも何種類か出しているそうで、『風林火山』がお勧めだと…。ただしこれが¥1,260、悩むところである。また、カツサンド(豚と鳥の2種類)もあり、これは前日までに予約する必要があると。写真を見たが予約してみたくなった。

仕事場からの帰途、目の前に甲斐駒の雄姿が…。入笠小屋で夕闇の迫る頃、紫色に染まったこの山を見ながらお酒を呑むのが好きだった。
e0100711_0153779.jpg

電車が着くまでの間ホームをぶらぶらしていたら向かい側にこれが。
e0100711_017034.jpg

若き日のN様たちはここから野辺山近辺のチョウチョにアタックしていたんでしょう。鉄道最高標高点の標柱は国道からも見えたっけ。今度写真を撮ってこよう。
小淵沢駅、不思議なことにホームが2本あり、1,2番腺そして4,5番腺と表示されていて3番線がない。観察してみての推測は、もともとは駅舎と並んだホームがあってこれが1番線。複線化などの線路工事でそのホームが廃止され、2,3番線を1,2にずらして3番を欠番にしたのではないか?この次駅員に聞いてみよう。

帰りの1本。
e0100711_0254119.jpg

富士河口湖町の蔵。アルミ缶入りの300ml、イラスト部分がシールをはぐとお猪口になる。軽い飲み口でした。これのおかげで4合瓶へシフトするのがまた延びた。
[PR]
by luehdorf | 2013-04-25 00:30 | いろいろ | Trackback | Comments(4)

ハッシー!の駅弁図鑑(9)

先週末、“ミッションG”で名古屋へ出向いた。土曜日の前夜祭、調子が上がってきた正にそのとき、N様が隣にやってきた。そして耳元でそっとあることを…。その的を射た分析に愕然とし、うなずくしかなかった。
何たる観察者! 緻密な心配りの根底にはこの観察力があったのだ。
一度沈没し、K様と入れ替わりに復活。何とかお開きまで騒ぐことはできた。楽しかった。
しかし、月初めにひいた風邪が長引き、目の覚める前にひどい咳が出る。多分皆さんの安眠を妨げてしまったろう。ご容赦を。
そんなこんなで本番の朝の朝食前。
「今年から小淵沢での仕事が入りましてね」というと、P様から「あそこなら、『元気甲斐』がありますな」と…。

はいありました。
この駅弁、発売当初に少し話題になり、気にはなっていたのだが、車での行き来ではなかなか試すまでにはいかなかった。昨年の夏から甲府に出向くようになり、何とかしようと思ってはいた。そして今回の小淵沢の話が…。まるで、虫採りしなさい、駅弁食いなさいっていうようなお膳立てである。
e0100711_22354783.jpg

二段重ねでこれは「一の重」。
胡桃ご飯とのことだが鳥も入っている。小分けの部分にはレンコンのきんぴら、コンニャクの煮たやつ、ゼンマイと揚げのゴマ和えなどが入っている。
e0100711_22362949.jpg

そして「二の重」。
シメジの入ったおこわでクリの甘煮が乗っけてある。鶏肉の味噌焼き(柚子風味)、アスパラの豚肉巻きとボリューム満点で、ヤマゴボウと沢庵、そしてワカサギの南蛮漬けまで。
e0100711_22361068.jpg

全体のボリュームは、女性なら2人でこれを一つ買ってシェアすれば、十分満足できるだろうと感じた。
値段も¥1,300と昼食にするには高め。今回はずっと思い描いていた一品だからと特別に奮発した。次回からまた¥1,000以内にしなければ…。

帰りの1本。何と小淵沢駅の売店に『七賢』の純米が…。いい切れをしてました。
e0100711_22365027.jpg

[PR]
by luehdorf | 2013-04-17 23:04 | いろいろ | Trackback | Comments(10)