<   2011年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

総括

2月の頭にサイクルコンピュータを導入し、事故にあった6月30日でちょうど5ヶ月経ったのだった。
総走行距離は836kmと出ていた。月平均で170km弱、2、3月の仕事のヒマなときが含まれてるとはいえ少し不満な数字である。
1月までの5ヶ月は週平均で70kmほど走っていたのだからおよそ4割減になってしまっている。水曜日に横浜の仕事が入り、ここで乗れなくなったのが響いているようだ。
時間のあるときに公園の周回コースなどを走ればよいのだろうが、この周回というヤツがどうも好きになれない。陸上競技で400mトラックを25周もする長距離ランナーの気持ちの持ち方を聞いてみたくなる。まず1,2,3,4,…25と数え上げているのか、はたまた25,24,23,…2,1とカウントダウンしているのか。そしてまた途中でそれを忘れそうになったらどうするのか、などなど。ボクには絶対にできないことだ。
だからどうしても道路を、それも大きく1回りするコースを選んで走ってしまう。
距離が稼げない分はスピードでカバーしようとも思っている。一般の道路を信号を守りながらきちんと走ると、時速20kmがなかなか超えられないラインである。そこをクリアすれば距離でかけられなかった負荷をかけられたような気がするから…。
実はメーターには、累積走行距離、その日の走行距離、時速、乗車時間そして消費カロリーが表示できる。知った道を行くときに走行距離や時間にセットしておくと、「まだこんなもんか…」とか「時間がかかりすぎ…」と焦ったり気分を低下させてしまうようなので、スピードの表示にしている。これだと20km/h超の確認をしながら走ることができ、つらさも軽減されるような気がしてくるから不思議だ。
5月の半ば、環七で信号タイミングがよく、快調に走っていて下りで踏み込んだら、何と60km/hを表示していた。確かに後ろの車が追いついてくる気配はなかった。ただ、路面状況が決して良いとはいえないので、知らない道路でそこまで踏んでしまうのはまずいとも思っている。
トータル10ヶ月の自転車トレの成果は心肺機能の向上に顕著に出ているように思える。そして悪かった膝周りの筋力の増強にも…。駅などの階段を駆け上がっても息切れもせず膝の痛みも感じないようになったから…。
あとは体重に成果が出てくれるといいと思っている。ベルトの穴は2つほど縮まったのだが、体重そのものの増減は全くない。今月以降、どのように変化していくのだろうか。
昨年の感じからすると、10月いっぱいは大汗をかいての「じてつう」になるだろう。とにかく未経験の夏の暑さの中での走りに気をつけたい。小5の夏に日射病をやってから、直射日光にはとにかく弱い。的確な水分補給を心がけてこれから忙しくなる季節を乗り越えなくては…。

飼育係に言わせたいセリフ。「そんなに痩せたら着るものみんな買い換えなくちゃいけなくて不経済だよ」。
[PR]
by luehdorf | 2011-07-13 16:38 | いろいろ | Trackback | Comments(12)

ラミー…!

日曜の朝、「暑い!」と叫んで起き出すとまだ5時半過ぎ。ところが、飼育係はもう起きていてコーヒーも落ちている。
「暑いでしょ。涼みに出かけよう」。
細々とした用事を片づけ、朝食を済ませて家を出た。
アッキーパパから借りたままのナビを「高速優先」にセットすると「調布」に誘導するようだ。それに逆らって「永福」を目指すがR20が混んでいる。裏道をこちょこちょと走って知っている道に出られた。その間、ナビからは「リルートを開始します」の音声が頻繁に流れる。「しかし、機械って律儀だよね…」との飼育係の言葉を聞きながら4号の下りに乗った。
どこかで事故があったらしく、上り線はひどい渋滞である。府中の競馬場を右に見て、サントリーの工場が左に出てくれば当然あの歌が口をついて出てくる。しかし空は雲一つなく晴れ渡っているから、まっすぐな道も滑走路には思えない。夕方過ぎに走ればいいんだろうなぁと思いながら車を走らせる。
初狩のPAで富士山が見えるかと思ったがかすんでいてダメ。買い物だけして、昨年鉄兄ィに教えてもらったラミーに会える場所へ急いだ。
10時少し過ぎに到着。標高は1000mを越えているはずなのに暑い。日陰を選んで車を置き、「暑いとこには出たくない」という飼育係を残してポイントへ出向く。道脇のムクゲを一つひとつチェックするも姿はない。一通りチャックして戻ると、視界に金属光沢の飛来物が入る。2本先のムクゲに今年初のラミー君が着陸。慌ててカメラの設定をいじっていると葉裏に隠れた。待っていると、ちょこまかと動き回った挙句にそのままテイクオフし、サクラの木をかすめながら去っていった。
その後、飽きない頻度で飛んできたり、葉上で動き回るのを見つけたり…。問題なのはこっちの方で、周りの明るさのためか液晶が見にくくてピントがうまく合わせられない。仕方なくラミーを画面中央に持ってきてオートフォーカス任せの乱れ打ち!
e0100711_14403085.jpg

e0100711_14383649.jpg

e0100711_1440745.jpg

見られそうなものを選んでみた。
11時頃、陽射しがますます強くなって気温が高くなったら、全く飛んでこなくなった。

それまでの行動を見ていて感じたことが一つ。時間が経つにつれ、飛来するとすぐに葉裏に回る個体が増えた。これ、陽射しを避ける意味があるのだろうか?
昼食後、もう1ヶ所周ってみようと思ったのだが、途中で黒雲がわき、雷鳴が聞こえてきたのでUターンした。

おまけ 7月8日の夕方7時少し前の西空。
e0100711_14571273.jpg

N様のよりもずいぶんと赤い。
[PR]
by luehdorf | 2011-07-12 14:59 | チョウなど | Trackback | Comments(8)

来たぁ~!

忌まわしい出来事から1週間、「電車で行かなきゃなんないんだよなぁ…」と重い足を引きずって自転車屋の前を通った。
まだ開店前の店内に黒のロードバイクが見える。「おっ!来てる」。少しばかり浮わついた気分で仕事を終え、帰宅途中で自転車屋に寄る。ご主人が修理ピットから顔をのぞかせ、「あれ?今電話したばかりなんだけど…」。「行くときに見たから寄った」。「何とか1週間でやりましたよ」。
急がせた詫びを言い、サドルの調整だけをして乗って帰った。
e0100711_18141429.jpg

ちょこちょことマイナーチェンジをしているらしく、リアリフレクターがサドルポストにつけられていた。(前のは右のリアフォークについていた)また、車体のあちこちにロゴが入っていたのであるが、これがシンボルマークだけになって、全体的にすっきりとした印象になった。
そしてクランク。
e0100711_18214450.jpg

ごらんのように、前ギアに5本のピンで固定されている。前はハブシャフトにそのまま固定されていたような…。
今回怒りに任せて手を加えたのはペダル。車体の色が黒だから、それに合わせて黒の、しかもワンタッチで脱着できるものに変えた。
e0100711_18264983.jpg

トークリップも黒を探したのであるが、残念ながら金属製の黒がないので、これだけはつや消しの赤。そしてストラップも黒の皮製にした。前は編み込みの布製だったのだが、これがとにかくへたるのが早い。そのためにクリップを拾うときに靴とともに巻き込まれることが多くていらいらさせられていた。布に比べて皮製ではその巻き込みを防ぐことができる。
それゆえ、乗って、左足でクリップを素早く拾え、発進時に安定したスピードになるのも早くなる。
先週迷惑をかけた仕事場の事務職の女性には、「まだ懲りないんですかぁ?」と笑いながら言われたが、決して「懲りる」ことはない。
とにかく油断することなく楽しく乗っていこうと思っている。

命名:アホなオヤヂが乗る還暦ブラックⅡ世、略称“AKBⅡ”ということで…(笑)。
[PR]
by luehdorf | 2011-07-07 18:43 | いろいろ | Trackback | Comments(8)