「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

何と!

で、”toto”へ初めて行ったとき、先客がボクのカッコを見て、「『コロンビア』のキャップをかぶってるなんて…、アウトドアが好きなの?」と話しかけてきた。
「まぁ、外遊びは好きですけど…」と答えると、「オレはね、チョウチョをやっててさぁ」と言う。すっとぼけて「へぇ~、面白いですネェ」と合わせると、「実家が八王子なんだけど、昔はあの辺でもギフチョウが採れてさ」ときた。「あぁ、’70年代の初め頃にダメになったみたいですね」と少し匂わせた。まぁだ気づくことなく、「ウスバシロチョウなんかもう採れないんだろうなぁ…」って言うから、「西武線の飯能の辺りとか青梅線の沿線だと結構いますよ」と尻尾を出してやった。
「何でアンタそんなこと知ってんの?」と訝しそうにするので、「ボクもやってるんです」と言った。「えっ!」と驚いて、「オレのイトコはさぁ、ベトナムやラオスに行って…」と「チョウ屋」だと言うイトコ氏の話にシフトした。そしてその話を聞いていてアンテナに引っかかるものがあったから、「ひょっとしてそのイトコの方、S田さん、S田ハ○×さんですか?」と問うた。そしたらエラクぶっ飛んで、「何でハ○×のことなんか知ってんの?」と…。
どうやら話にウソはなかったみたいだ。そしてボクがS田さんを知ったきっかけを話した。
’80年頃、ギフに本気ではまり始めたボクは、「昆虫と自然」のバックナンバーから「ギフ特集」に類するものを集めた。その中の’78年のにだったろうか、カンアオイ類がギフの母チョウの産卵行動や幼虫の摂食を誘発する化学成分を分析した報文があった。その執筆者がS田さんで、アプローチの観点が面白かったから印象に残っていたと…。その後「月刊むし」などでも報文を目にし、「採り屋」としてもずいぶんとすごい人だと思ってもいたと…。
「へぇ、まさかこんなところでハ○×の名前を聞くとは思わなかった。あいつもここには何度か来てるんだよ」と言い、「そうだ2月に学会でこっちへ来るって言ってたから連れてくるよ」と…。「お会いできればうれしいです」と答えてその日は別れた。
次に行ったときにマスターから、「先日のKさんが、イトコの方がいらっしゃる日をお教えしたいから連絡先を聞いておいてくれとのことなんですが?」と…。それでメールアドレスを託した。
何の連絡もないまま日が過ぎた。そして2月18日の金曜日、「鳥かつ」で飲んでいての11時近く、いきなりドアが開いて「アノ方」が顔を覗かせ、「来てる!」と…。瞬間驚いたが急いで勘定を済ませ”toto”へ向かった。
店に入ると「アノ方」は「ゴメン、ゴメン、もらったメモをなくしちゃって連絡できなかったんだ。でも今日ならあそこにいるはず、ってマスターが言うから…」。その隣で「お楽しみのところ呼び出して申し訳ないです。S田です」と…。
2時間近くチョウチョの話で盛り上がった。そしてギフの記録のある26都府県全制覇を記す報文の別刷りを頂戴した。最近はヒメギフにハマっていて秋田、岩手は終わったから今年は青森へ行きたいのだと…。「どこかいいところがあったら教えてください」とまで言われた。またベトナムやラオスでのテングアゲハ類を採るときの苦労譚など面白い話も聞かせていただけた。
しかし世の中は狭い。それを示すもう一つは次に…。
[PR]
by luehdorf | 2011-02-28 01:02 | チョウなど | Trackback | Comments(2)

新規に…

今の住まいに越してきて4年が過ぎた。ほぼ四半世紀ぶりに戻ってきて、街の様相はずいぶんと様変わりしていた。
4年前、暇なときにブラブラして、「あっ!ここはまだやってるんだ…」などと街角ウォッチングをしているときに、少しばかり気になる店を見つけた。
我が「青春の跡地」の南を走る道路沿いの小さなスタンドバー。仕事の帰りなどに前を通りかかると、店内には白熱電球の柔らかい光が点っている。外から見る限りではあまり混んでいるようでもない。
いつか行ってみようと思いながらタイミングがつかめずにいた。
昨年暮れの月曜日、朝から阿佐ヶ谷と池袋のピストンで、帰りが日づけの変わる頃になるスケジュールになった。移動の時間が1時間弱しかないので「じてつう」がちときつい。「メシはテキトーに済ますよ…」と電車で出かけた。
帰りに最寄りの駅に降り立ち、「どこがやってんだろう?」と歩いてみると、ラーメン屋ぐらいしか開いていない。「鳥かつ」以外の居酒屋や赤ちょうちんには入りたくないし…。そのときに閃いた。「あそこへ行こう!」。
ドアの前に立つと先客は一人。「まだいいですか?」と声をかけると、「どうぞ」と…。
カウンターに落ち着き、ワイルドターキーのソーダ割りを頼んだ。トールグラスに氷を満たし、ターキーを注いでしっかりとステアして氷となじませる。そこで「ソーダを入れたらステアしないでください」と言うと、ゆっくりとソーダを加えてくれた。とてもおいしいバーボンソーダだった。
飲み終えてから、「ずっと気になってたんだけど敷居が高くて…」と言うと、「皆さんそうおっしゃるんですよ」とカウンター内で苦笑いしていた。
2杯目、「ジンベースでお勧めのカクテルを…」とオーダーすると、少し考えてからカクテルグラスに氷を落とし、シェーカーを取り出した。「ジンは何を?」と聞かれたので、「タンカレーで…」と答えると、「承知しました」と…。見事なシェーカー捌きでシェークし、グラスの氷を捨てて目の前に…。そしてシェーカーからオレンジ色のカクテルが注がれた。一口すすってみると、あのジンのくせが消されていてすっきりとした飲み口になっている。
「これは何という…」と問うと、「”パラダイス”です」。
気に入った。いろいろと頼んで全部で7、8杯飲んでしまったろうか。飲み過ぎたかなと思いながら勘定を頼むと6000円だという。これには驚いた。池袋や新宿のショットバーで飲むときの半分以下なのだから…。
今年に入っても3度ほどお邪魔している。実は初めて入ったときの先客と面白いカラミがあったのだが、それは続編と言うことで…。
あっと、このお店、名前は「toto」。マスターが魚が好きだからだと言うのだが…。
[PR]
by luehdorf | 2011-02-24 23:43 | 酔っ払い | Trackback | Comments(4)

一泊湯治…

14日(月)の午後、病院での定期の検査を終えた飼育係が、「ねぇ、明日は仕事?」と…。「不幸なことに休みなんだ…」(ボクはワーカーホリックの傾向があり、仕事がないと「小人閑居して不善を為す」を地で行くことが…)。「じゃぁ、静岡へ行こうよ…」。
いつも利用している入浴施設のポイントがたまり、6泊分の宿泊券が手に入るのだという。それなら否もない。後で、と思っていた用事を速攻で片づけて出かけた。
山手トンネルというショートカットルートができたのであるが、これが東名につながる3号線との合流を頭に渋滞。まず差し引き1時間のロス。
用賀を抜けて東名に入る頃から白いものがフロントガラスにぶつかるようになってきた。「雪だよ…」。
東京料金所を過ぎたら大粒のボタン雪がガンガン降ってくる。次の横浜・青葉のICを通過するときには、路側帯にうっすらと積もってきていた。
ラジオの交通情報では秦野・中井の先、御殿場までの右ルートが通行止めになっていると…。50km/hの速度規制表示が出て周りの車のスピードもぐんと落ちた。まぁ、行けるところまで行ってダメだったら戻ればいいと決め、ひたすら進んだ。
静岡県境にさしかかると雪は細かなサラサラ雪になってきた。でも路面はシャーベットにもなっていない。
御殿場を過ぎて沼津へ下っていくと、みぞれに変わりそして大粒の雨になった。
この頃になって助手席の飼育係も緊張がとけたようで、「フロントガラスに当たる雨の音がこんなにも安心できるなんて…」と…。
何とか9時前に目的地へ着いた。泊まれるか?と聞くと大丈夫との事。ポイント交換を依頼すると顔見知りのフロントマンが「デラックス・ツインをご用意しましょうか?」。何と普段利用する部屋のおよそ2倍の価格の部屋を、その宿泊券で使えるというのである。
いつもより広い部屋に入って一休みし、2時間ほど風呂を楽しんで食事に行くと、ニュースでは八王子の映像が…。凄い雪である。確かキレイなオネェさんは「降るけれど積もることはありません」って言っていたはずではなかったか。

朝、窓から差し込む陽射しで目を覚ました。昨夜の天気がウソのような快晴。海ではサーファーが遊んでいる。でも東の窓を見て驚いた。R1のバイパスが大渋滞!
朝食を摂りながらTVを見ると、東名の上りが60kmの渋滞で、その影響を受けて下の道も動かないのだと…。
清水港の方へ下って時間つぶしをし、少し流れ始めたバイパスに乗ってみた。由比の手前からいつも通りの流れになった。
道の駅「富士」で一休み。2Fの展望台に登ってみると手前に少しに雲がかかっているものの富士山が…。
N様へ捧げる1枚を…。
e0100711_19291087.jpg

沼津を過ぎれば混んでいないという情報なので、バイパスから海よりの県道に逃げて沼津市内へ…。そこから西伊豆方面に抜けてから三島へ方向変換。一番雪の影響の少ないのは熱海へ抜ける道だろうと熱海峠を目指した。勘は当たった。道に雪はなくさくさくと…。
途中買い物で寄ったミニストップで面白いものが…。なんと同じナンバーのパジェロミニ!すかさず空いている右側に入れて1枚。
e0100711_19353594.jpg

店を出てきたドライバーに「すみません。同じナンバーなんで写真を撮らせてもらいました」と断ると、「えっ!あっ本当だぁ~。どうぞどうぞ…」と喜んでくれた。
実は数年前、横浜の大黒PAで2台並んだ袖ヶ浦ナンバーと横浜ナンバーがやはり同じ数字だったので、いつかはそんな写真を撮りたいなぁと思っていたのだ。それが図らずも自分のナンバーと同じなのだから…。

少しばかり遠回りをした帰りのルートだったが、ほとんど渋滞にはまることなく夕刻に帰宅できた。
久しぶりに「海洋深層水の高張泉」に入れた飼育係も調子がよさそうで…。
[PR]
by luehdorf | 2011-02-15 19:41 | いろいろ | Trackback | Comments(6)

やっと…

♪雪でした あなたの後を 何となくついていきたかった…♪
こんな歌を口ずさんでいた。
”猫”は確か吉田拓郎のバックバンド、拓郎は、「すっかり酔って膝枕」とか「髪が肩まで伸びたら結婚…」なんていうところが「軟弱」に思えて好きでなかった(でも40年経ってみると、「夏休み」とか「落陽」を歌っているんだから、ボクの感性もいい加減なもの)。
でも、"猫”はちょっと違ったなぁ。詞・曲とも拓郎だけど、その「軟弱」さを感じなかったんだ。

で、東京にやっと雪が降った。南岸を低気圧が走り、西高東低の気圧配置のもと大陸からの寒気で雪になる、という定番のパターン。
e0100711_15232925.jpg

昼食を食べながら、某国営放送の「オヤジバンド東日本代表決定戦」を見ていて、ふと窓の外に目をやると真っ白に…。

小さい頃、夢中になって雪遊びをしていて、手も足も先っぽが思い切りかじかんで感覚がなくなる。慌てて家に戻ってコタツに潜り込むと、濡れたズボンのすそから湯気が上がるとともに指先がジンジンと痛み始める。
これ、ハンパない痛みで、手の指は太ももの間に挟んで締め付けるといくらか軽くすることはできるが、足の指は挟むところがないから往生する。そこで身体を丸めて足のつま先をつかんで圧迫する。足の痛みがいくらか良くなったら手はまた太ももに挟む…。こんなこと繰り返してやっと感覚が戻ったとき、次にはこんなにかじかむまで遊ぶのはやめようと思うのだが、いざそのときになると忘れて…。
不思議なことにあの痛みだけは、どういう訳か懐かしく思い出してしまう。

飼育係は東京生まれの東京育ち。だから雪への憧れが強いみたいで、雪を見るためだけにずいぶんと車を走らせたものだった。
戸隠の中社へ初詣に行った帰り、長野市内へ下りずに信濃町へ抜ける県道を走ったことがあった。陽当たりの良い右カーブ。十分に減速してコーナーへ入ったのに、チェーンを巻いていない後輪がオーバーターンした。そして当時TVで流れていた「いすずジェミニ」の「街の遊撃手」のCMのように1回転して路肩の雪壁にテールから突っ込んだ。
飼育係は「やめなよ」と言うが、こっちは納得がいかないからもう一度上り返してUターン。また同じパターンでテールから…。えらく叱られたっけ。
車を降りて路面を確認すると、積もった雪の下が鏡のようにテカテカのアイスバーンだった。チェーンを巻いた前輪のグリップがしっかりしていたために、それを中心にして回ったのだった。
以来、「雪は好きだけど雪道は怖い…」と…。
ものすごい吹雪でホワイトアウトを経験したのもこの県道だった。
今の車で雪道を走ってないからまた行ってみようよ。
e0100711_1546415.jpg

さぁてそろそろ仕事へ行く準備を…。
夜まで降り続くということだし、冷え切って帰ってきての「週例会」、2杯目は日本酒の少し温めたヤツがいいかな…。
[PR]
by luehdorf | 2011-02-11 15:49 | いろいろ | Trackback | Comments(12)