「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

追悼 小林繁氏…

1973年10月11日、前日夜から明け方まで、「緑のマット」の上での闘いにいそしんでいたボクは、午後になって目を覚ました。というよりも、寮内に響くラジオの音で目を覚まさせられた。どこの部屋なのだろうか、ガンガンと響いてくる。「5対0…、阪神タイガースの…」、断片的に聞こえる様子からは読売の形勢が悪いようだ。
そういえば、朝まで一緒に遊んでいたマツが、「今日は大変な日なんだよ。後楽園に行かなくっちゃ…」と言っていた。少しは眠ってから行ったんだろうなぁ~、と思いながらうつらうつらしていた。そうすると「よし!5対3!」という大きな声が聞こえた。完全に目が覚めた。歯ブラシをくわえてカラーTVのある後輩の部屋へ出向いた。案の定、2人して野球を見ている。「昨日はどうだったんですか?」という問いかけに、右手でOKサインを作って答え、廊下の水場でうがいをして戻ると、「長嶋がケガをして引っ込んじゃったんですよ」と…。サードには日ハムから移籍した富田が入っていた。
確か5回表、阪神の攻撃のときにピッチャーを変えようとしていた。「小林を出せよ!」とボクはTVに向かって叫んでいた。夏過ぎに夕食を食べながら見た、彼のピッチングの印象が強かったからである。でも出てきたのは高橋良昌(現中大監督)。「川上さんは実績重視だからなぁ」。確かに東映→日ハムと結構な実績はあったが、この年は中継ぎで大分失敗していたはずだった。そしてポコポコと打たれてリードを広げられた。8回の裏に代打萩原の同点スリーランが出て、その後の9回表に小林が出てきた。小気味のいいピッチングで三者凡退。それを見た後輩が、「こんないいピッチャーがいたんですか」と…。
試合は結局10対10の引き分け。後楽園に行ったマツは、萩原のホームランのとき、どこかの見知らぬオッサンと、ライトスタンドで手を取り合って「やった!やった!」とジャンプしていたのだとか…。

不思議なサイドハンドだった。これより前のサイドあるいはアンダーハンドのピッチャーといえば、大洋の秋山登さん、南海の杉浦忠さんが挙げられる。秋山さんは小さめのステップでボディスイングを効かせたアンダーハンド。杉浦さんは軸足から先足へ体重をきれいに移しながらそこに遅れて腕がついてくる体重移動型。ゆったりとした感じなのだが、全盛期の手元で伸びる球は、’59のペナントレースでの38勝4敗、勝率.905が示す通り。
小林はこの2人とは違っていた。軸足を少し曲げ、それを伸ばす勢いでピチッとくる。売れっ子になる前の明石家さんまがよく真似をしていたが、軸足を曲げるところまではまあまあでも後はいけなかったね。そういえばこのころ、林間学校の最後の晩に、「小林繁」、「小林繁の真似をする明石家さんま」というのをやって子どもたちからとても受けたことがあったっけ…。
’75に長嶋巨人で最下位。翌年からの2年間、小林は投げに投げた。そして沢村賞を受賞。このときだって、確か310勝の別所(このとき以来呼び捨てです)は、「本格派じゃない」といって反対したはずだ。オーバースロー=本格派、サイド、アンダースロー=技巧派、なんて誰がこんなカテゴライズをしたんだ?小林は真っ向勝負の本格派ピッチャーだったぜ。
その後、あの「空白の一日」に巻き込まれて阪神へ移籍。この事件はボクが読売ファンを止め、強固なアンチ読売になるエポックメーキングなことだった。よくやった。この年22勝!確か2度目の沢村賞。このときはだぁれも反対できなかった。
彼一流の美学を貫いて30そこそこで引退。引退後はいろいろなことがあったみたいだが、近鉄でコーチをやり、昨年からは日ハムの2軍コーチ。今年は1軍コーチに昇格だったというのである。
やり残したこともいっぱいあるだろうけど、あなたは「カッコ」よかった。ゆっくりと休んでください。
合掌。
[PR]
by luehdorf | 2010-01-20 00:36 | スポーツ | Trackback | Comments(20)

Who?

11日の朝だった。やけにだるいので体温を測ってみると、40度2分!ゲッ、オレはニワトリじゃないぞ、と瞬間起き上がった。(鳥類の平熱は40℃、ヒトの平熱は36.5℃、この微妙な温度差であのH5N1ウィルスはわれわれの体内で増殖できないのだとか…。でもこんな状態なら…?)
兆候は2日前にあった。午前中になんとなくかったるかったので、思い立って体温計を使うと8度5分。でも、咳とか頭痛とかのいわゆる風邪の症状がまったくない。タバコもうまいしメシもうまい。パートナーから以前もらっていた「ロキソニン」(こいつには今回ずいぶんとお世話になった)を飲み、倦怠感が軽減したので仕事にも出た。帰宅しても翌日の京都行きがあるから、症状は内緒にして床に就いた。
翌日、京都までの2時間半、黙って読書なんていう無為な過ごし方はしたくない。角のハイボール缶2本と白鶴のワンカップ、氷入りのグラスとつまみを当然仕込んだ。発車前にハイボールをグラスにトクトクと注ぎ、泡がが静まったところで一口…。おかしい?うまくないのである。耳の後ろを触ると熱っぽい。でもこの日の歩いている感じは昨日と違っていたのである。昨日は熱が下がりかけのときでも靴底と足裏の間に何かクッションが入っているような、そして足裏がしびれるような感じがあったのだが、この日は全くそれがなかった。だから全然気にしていなかった。
「参ったなぁ」と思いながら薬やなんかを入れてある小袋を覗くと、あと3錠ある。「よし、名古屋を過ぎたら1錠飲めばいいや…」。
浜松の手前でやっと2本目へ。このときワンカップまでやっつけるのは無理と判断し、ワンカップとチーカマをザックにしまう。名古屋駅のホームに I 様の姿がなく、乗り込んで移動する人たちの中にも見かけることができないので、別便と判断して残り半分をグラスに満たしてその一口目で1錠放り込んだ。
効き目は顕著で、京都に着いたときは何も問題はなかった。N様、I 様との「-2次会」、移動しての「-1次会」、-2次会の終わりのときだったろうか、N様に「セーブしてますね?」と言われたので、「実は…」と正直に話しておいた。0次会の頃にまた熱が上がってきたのだろう。タバコがうまくないのである。そしてビールも…。皆様のペースの半分以下のペースでついていく。そして終了間際に今度はビールでもう1錠。
これがうまくいった。1次会ではペースが上がった。ビールの後にハイボールに変え、いい感じで飲んでいける。「よしよし…」。
楽しいときはあっという間、20時30分過ぎには I 様と、翌日に葬儀を控えているというM様ともども早退。京都駅発21:15の「のぞみ」で帰京し、日が変わって20分後には自宅に着いていた。
結構冷え込んでいたのと4時間あまりの時間が、ほとんど酔いを消していたのだが…。

愕然として、とにかく「ロキソニン」を叩き込み、コタツに下半身を突っ込んでじっとしていた。もちろん風邪様の症状はない。パートナーもそれが分かって、「まぁ、もう若くないってことなのよね」とかのんびりとこちらをくさす。しかし反論する元気がない! 昼過ぎに喉の渇きと尿意を覚えてトイレに行った。用を済ませてトイレを出ると洗面台なのだが、その鏡に妙な姿が映っている。両の上まぶた、それも左などはほとんどふさがった状態の、KO負けしたボクサー…。一瞬目を疑った。「えっ?誰?」っていう感じなのである。そして「何だよこれ!」と叫んでしまった。
ダイニングで本を読んでいたパートナーは、その前にそこで冷茶を飲んだボクに目もくれなかったようだ。大きな声に驚いて「どうしたの?」というから、「ホラ…」とその前に顔をさらすと、「何をやったの?」と…。何もやってない。ぐったり寝てただけ…。
とりあえずタオルを濡らして患部に当てじっとしていた。時間の経過に伴い、頬や額に熱感が散っていった。
夕方過ぎ、まぶたの腫れはいくらか軽減したものの、腫れは顔全体に拡散していた。
これが発生期のお話。

2日経って、熱は平熱に下がり、食欲も出てきたので「2日後」を撮ってみた。
e0100711_1391190.jpg

がんばってまぶたを開いているけどどうですか?これじゃぁ、ボクって分からないですよね。
誰かに似てるよなぁ?ってずっと思っていて、やっと思い出した。昭和30年代の相撲取り、松登!
今回の教訓は、タバコがまずくなるから高熱は出さないほうがいいっていうことと、調子が戻っても、昼も夜も普段の半分くらいで満腹感が出る。これ2日間固形物を口にしなかったことによる、一応、後遺症なのだろうけど、ダイエットにはよさそう。
[PR]
by luehdorf | 2010-01-14 01:45 | 酔っ払い | Trackback | Comments(20)

初日の…

2010年元日、きれいに晴れ渡った。
昼前に、「どっか行こうか?」となった。
玄関を出てみると、こんな姿が…。
e0100711_4122386.jpg

間の建物がジャマなのだがトリミングがうまくできない…。

「環7」に入る交差点で、「右?左?」、「右!」ってことで西に向かうと、新しくガソリンスタンドができていて、プリペイドカードだと店頭価格の4円引きで111円/ℓだという。値段もともかく「1並び」が気に入って給油。
これって縁起がいいのかも…。
アクアラインをくぐって木更津にでも、と思ったのだが「海ほたる」が大混雑とのこと…。その他も渋滞マークで赤くなっている。早々に首都高を降りて一般道で都心に戻る。靖国神社なんかすごい人手だった。
帰宅してパートナーが日課を始めたので、こちらも「日課」の態勢に…。
酢だこと煮ブタを切り、かけダレ用に煮汁にとろみをつけ…、なんてことをやっていてふと気づいた。
e0100711_4181064.jpg

逆光補生が上手にできなかったが、まあ「2010年の初日の入り」ってことで…。
呑んで適当に酔っ払って寝入ってしまい、気づいたらいつの間にか2日に…。
今日は風も弱くなっていそうなので、茨城方面で太平洋をかき混ぜてこようか…。

「年(とし)」という便利な言い訳ができたせいか、何事もみな「あとで…」ってなってしまうことが多くなってきた。少し反省しよう。
これ新年の誓い(爆)。
[PR]
by luehdorf | 2010-01-02 04:23 | 酔っ払い | Trackback | Comments(6)