「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

追悼…

 昼過ぎから会議があるとの知らせを受けたので、ちょっと早目に昼食をと思って入った店で、遠藤幸雄さんの死を知った。
 「1964年の東京オリンピックで体操の…」とラジオから流れてきたとき、まさか遠藤さんだとは思わなかった。
 1960年のローマオリンピック、団体総合はソ連に勝ったものの、個人総合では小野喬さんが0.05という僅少差でユーリー・チトフに勝てず、「あの」戦争で返上してやっと巡ってきた東京オリンピックでの、体操個人総合の金メダルは至上命題だった。そのために産み出されたのが「ウルトラC」である。
 当時は、A、B、Cの3難度で、C難度が「最高級難度」だった。「体操ニッポン」の地位を磐石にするために考えられたのが、そのC難度を超える技ということで、それらにつけられたのが「ウルトラC」という呼称だった。
 国内予選で落ちたために日の目を見ることはなかったが、ローマの床運動(ローマの時には「徒手」といっていた)の金メダリスト、相原信行さんが開発した「首はね起きからの十字倒立」、いまはあん馬や床で普通に使われている「下向き転向1080度(カザフスタンのフェドルチェンコの名がついている)」は、実際には使われなかったが、「プロペラ旋回」と称されて、三栗崇さんが挑んでいた。さらに跳馬の「ヤマシタ跳び1回ひねり」、鉄棒の「キリモミ(大伸身とびこし1回ひねり下り)」など、中学に入ったばかりのボクには「何であんなことができるの?」と思われるものばかりだった。
 予選(規定問題)をトップで通過した遠藤さんは、個人総合では吊り輪スタート、鉄棒の終末も「キリモミ」を使わずに順調に得点を積み重ね、最後のあん馬のときには、9.00を出せばよいという状態だった。
 プレッシャーは相当なものだったのだろう。途中で1回停止。終末、「シャギニアン」という連続技で引っ掛けてしまい、結局はB難度での下りになってしまった。得点が出るまでが長かった。主審の脇の得点板がくるっと回って見えたのが9.10だった。悲願達成の瞬間である。
 その後に行われた種目別では、神様といわれたユーゴのツェラールがいたあん馬、「ヤマシタ跳び」の松田(当時もう結婚されて夫婦養子になり、改姓していたはず)さんのいる跳馬以外の4種目で金メダルの可能性があったのだが、個人総合をとるという緊張感から解放されたためか、吊り輪の2回宙返り下りで手つき、鉄棒の「キリモミ」で失敗して平行棒しかとれなかった。
 しかし、体操を、単に難しい技をベタベタとつなげるものではなく、きれいな体線と技を流れるようにつないで余韻を感じさせねばならぬという、いわゆる「日本の体操」の最初の具現者であったことは間違いない。
 それはメキシコ・ミュンヘンと個人総合をとった加藤澤男さん、ロスの個人総合の具志堅幸治、そして昨年引退した富田洋之や鹿島丈博らに脈々と受け継がれてきた。
 高3になる年の春、母校の中学での新体育館のこけら落としに、遠藤さん、早田さん(この方が東京オリンピックの吊り輪の金メダリスト)、三栗さんご夫婦そして松久みゆきさんがおいでになった。器具のセッティングや身の回りのお世話のために卒業生であるボクに声がかかり、高校の体操部総出で出向いた。中学の体操部の連中だけではと思われたか、遠藤さんのお声がかりで我々も床やなんかをやらされることになった。当然みんな舞い上がった。体操少年にとっての「遠藤幸雄」は、野球少年の「ON」と同じなのだから…。
 遠藤さんは演技解説を担当され、時にはユーモアをまじえて楽しい雰囲気を作ってくださった。自分では気づかなかったのだが、伸身宙返りで足が少し割れる癖を注意され、次にそこを修正すると、「言ったらすぐに直す。すばらしいですね」とほめてくださった。
 控え室に戻って皆さんが着替えを終わり、ボクらが御礼に出向くと、「しっかり練習するんだヨ…」と…。
 翌年、小6のときからの思いを達成させ、何とか遠藤さんの後輩になれた。体操部専用の体育館は、こんなところで金メダリストが出たの?と思えるほど古くボロボロだった。しかし、熱いものは感じられた。秋遅くにつぶれて体操からは離れたが、体操が大好きであるのはずっと変わらない。
 あの東京オリンピックのモノクロ映像がその原点にある。
 金メダルをとった、平行棒の前方屈伸宙返りひねり下りよ永遠に…。そして、鉄棒の「前方浮き腰回転倒立」、すなわち「エンドー」はあなたのことを体操ファンの心にずっと刻み込む技です。合掌。
[PR]
by luehdorf | 2009-03-26 12:51 | スポーツ | Trackback | Comments(8)

ズルズル…

 「カエルの面にションベン」とはこういうことなのか、ということを痛感した。
 冒頭の経過説明が、詫びの言葉ひとつなく始まった。融資先の素性は明かされず、「エンジェル」であると…。どんな奇特な会社あるいは人間であるのか? 
 金さえ引っ張り出してきて「今」をしのげば、この先は何とかやっていけると思っているらしい。もう目先に迫った新年度、新規の生徒数が5指で余り、リピーターの動向すらつかめていないというのにである。さらに、大阪への進出に関しては、「入れ物」すら決まっていないのに5月末にオープンするのだという。どうやって集客し、人員配置をどうするのかすら不確定なままなのである。まさに行き当たりばったりなのだ。
 金の目処がついた途端に「能天気」な大風呂敷を広げる様に、いささかシラけた気分を感じながらも途中から仕掛けてみた。
 新年度の運営は今回のような状況にならないと言える理由は? 「ウチのシステムなら大丈夫だと思う」と…。ちょっと待て、過去ずっと同じシステムでやってきて毎年同じ状況だったのではないか。その「システム」とやらの検証はどのようにしているのか? 「……」。では、その「システム」がうまく機能しなかった原因は? 「……」。不都合なことには口をつむぐか論点をずらした回答に終始する。
 結局は、自分の頭の中で構築した、いわば「幻想」みたいなものにしがみついているのだ。一種の宗教めいたおぞましさを感じて、別の点を追及した。しかし、それとて、「システム」通りにやればいいのだと、すべて「正しいと信じている『システム』」を演繹していく。
 これでは議論は、堂々巡りをするだけの泥仕合になってしまう。かつて、ある宗教に「マインドコントロール」された人間の、「呪縛」からの解放にエラク大変な思いをして取り組んだということを聞いたことがあるが、これもその類の話と同様だ。
 1時間ほどの質疑応答で一応矛を納めた。ムダなこと、と感じたからである。しかし、飛び出すこともしない。「憎まれっ子」が「はばかって」いることも必要だし、「憎まれっ子」を「はびこらせる」こともやりたいから…。
 前回の後、履歴書用紙は準備した。早速に面接の通知も来ている。接触部分をできるだけ少なくして、夏の終わりあるいは来年早々にどうなるかを見届けてやろうかと…。
[PR]
by luehdorf | 2009-03-18 01:25 | 酔っ払い | Trackback | Comments(6)

人生いろいろ…かな?

 遂に、か…。
 何かにつけて牙を剥いてドンパチをやっていたのを、パートナーにいさめられて少しずつ「大人の対応」ができるようになってきたと思っていたのだが、「三つ子の魂百まで」はまことに正しく、堪忍袋の緒を切れ味の悪いカッターでギシギシと切ってしまった。
 昨年5月、同僚がちょっと仕事場と揉めた。あることに関して不明を質したところ、すでに通告済みだと一蹴され、挙句、契約に違背していると言われた。
 それから以降のパワハラめいたやり方はひどいもので、元々もろいところのある彼に鬱の傾向が出てきた。そして毎夜の電話は長いときには2時間以上に及び、危うさを感じていたボクは、ただ聞いてやるしかなかった。
 逆襲のチャンスが来た。2月の給与が支給日に振り込まれなかったのである。25日の午後に電話があり、「まだ、入らんぞ!」。「2月はいつものことだろ?」と答えると、何と彼には初めてのことだと言う。では昨年、一昨年の遅配は一部の人間だけだったのか?
 ボクは、立ち上げのときからの関わりと、年が明けると財政面がきつくなる業種の性格上、「まぁ、仕方ないか…」と追及せずにいた。もっとも、同僚のようなことがあって、「契約」がどうたらと言われたら、切り返しのカードとして手持ちにしておいたほうが良いからという思惑もあった。
 26日に出勤すると、ケースの中に1枚の紙ペラが入っていて、今回の遅配についてのいい訳めいた言辞が書き連ねられていた。それに記された期限の3月3日、振り込まれていない。5日まで待った。ダメ。
 6日の朝、立ち上げのときにボクに話を持ってきたNo.2に電話を入れた。
 「何の電話か分かるよな…」。「……」。
 長い沈黙の後、ちょっと震える声で、「これから出勤しますので、こちらからかけ直させていただいていいでしょうか?」と…。
 1時間後に電話が来た。まぁ、資金ショートに至った経緯はボクらが予想していた通りで、ヤバかった年も安穏とやってきた結果であった。古くからいる連中や年かさの連中の、進言や提言を無視してきたのも原因の一つに挙がる。
 7日の午後、いつもより早めの「定期便」が入った。「融資元が確定して10日に入るらしいんだ。そして15日に『全体会議』だと…」。本来の予定では会議の日程は8日。カネの目処がつかない時点では会議の紛糾が目に見えているから、そこがクリアされることが分かって1週間ずらしてきたのだ。「でな、最後にこうあるんだよ。『会議の終了後、新宿で懇親会を執り行います』…」。これでキレた。
 カネの工面がうまくいった矢先に、またムダなことにお金を使おうというアキレはてた性根はどのようにして醸成されたのか?今回の融資は5月に大阪にブランチを開設することも含めての融資であるという。しかし大阪への進出に関しての様々な問題はクリアされていない。正直な感想として、大阪に出すということを餌にしてカネを引っ張ってきたとしか思えないのだ。 だから無理やり大阪に進出してこれまで通りのことをやっていれば、今度は秋にはショートしてしまうだろう、とボクらは予想している。
 そんなこんなを耳にしていたパートナーがケツをまくった。「アンタ、もうやりたいようにやってきて。余りにもふざけてる。実入りが少なくなっても今年は我慢しよう」と…。
 久しぶりに血が騒ぐ。15日、ちょっと暴れてやろう。疑問点や是正しなければならない点を提言し、それについてきちんとした回答がなされなければ、あっちゃこっちゃといろいろ攻め立て、向こうが壊れるか、こちらが潰れるかの大勝負だ。
 「メール魔」である同僚から伝え聞いたと、若い仲間が電話して来た。「ハッシー!さんの暴れっぷりを見るために15日は行こうかな?」。「何言ってんだよ。『自爆』かも知んないぞ」と答えると、「いや、そうはならないですよ。向こうに落ち度あり過ぎ…」。
 実はこの彼も、向こうの人間からのパワハラに悩み、この4月からは新天地へ旅立ちを決めたのである。その最中はやはりひどく落ち込み暗かったのであるが、お茶を飲んだり昼食を共にしたりする機会にいろいろ話を聞いてやって、「決めました」と報告があったのは8月の末だった。「ハッシー!さんが背中を押してくれたから、抱えていた不安も解消しました」、と…。
 まるで心理カウンセラーか心療内科の医者みたいなことばかりやっていたこの年度だが、締めくくりは…。
 周りに煩わされずに毒を吐き、のんびりとチョウチョ採りをやるという「安穏」な生活に埋没しようと思っていたのだが、それを許さないのがもって生まれた「性」だったとは…。
 
[PR]
by luehdorf | 2009-03-09 12:24 | 酔っ払い | Trackback | Comments(5)