「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

越後ギフ

 本来ならすぐに記すべきなのに…。
 小学生の頃、夏休みも終わりに近づいた夜に、「ねぇ、×日の天気何だったけ…」と日記をまとめ書きし、母親にしこたま叱られたことを思い出してしまった。性分というものは年をいくつ経ようと変わらないものなんだなあ…。
 4月20日、5:30に起床した。すぐに炊飯器のスイッチを入れ、コーヒーを落としにかかる。一人ならば外食したりして楽なのだが、調子のよくなってきたパートナーが同行するという。二食分の弁当を用意していこう。
 コーヒーが落ちる頃、パートナーが起きてきた。「調子は?」、「あんまり悪くないよ」…。起きぬけなのに張りのある声に安心する。コーヒーをすすりながら外の様子を伺うと、予報通りに晴れそうだ。
 炊き上がったご飯を二つに分け、稲荷ずしに使う方の下ごしらえにかかる。梅酢とごましおを混ぜてから風を送って冷ます。そして詰めにかかり、程なく六個完成。おにぎりはパートナーの担当で、三種二個ずつだというので鰹節を削っておく。定番の梅・塩昆布・オカカだ。先夜帰宅すると、煮物のいい匂いがした。きょうの弁当のおかずだとかで、牛蒡の牛肉巻きの甘辛煮。味噌に漬けておいた谷中生姜やなんかをパックに詰め、テルモスにコーヒーを満タンにして、7:15過ぎに準備完了。
 R254沿いのセルフのGSが一番安かったので車も満腹にさせる。薄い雲の切れ目から陽射しが覗く中、8:00に大泉から関越に乗る。
 所沢を過ぎると空いてきて、車間に余裕が出てきた。おにぎりを食べながら快調に飛ばす。
 9:00過ぎに赤城のPA着。小休止。110kmを1時間強だからまずまずのペースである。目的地まではあと140km余り、11:00にはポイントに入れそうだ。
 越後川口のSA着が10:30、予定通りである。冷たい飲み物を買い、パートナーがトイレに行く間に建物の裏に回ると、足元から越冬タテハが舞い上がる。給水塔のある高台の方へ歩を進めると、フェンスの外の斜面をダンダラ模様が翔んでいる。いることで安心した。
 併設のICを抜け、予定通りに山本山を目指す。ゲンをかついで、前回最初に姿を見た第二調整池側の斜面に入ることにする。ネットだけを持って畦道を伝ってポイントに着くと、カタクリは状態の良いのが四、五株で、大半が終わりかかっている。15m四方ほどのそのポイントを行き来していると、南斜面を降りてくるギフの姿が見えた。近づいてネットをかざすと寄ってきたから、「そっと」振ってネットインした。状態のいいオスだった。
 車に戻って三角缶とカメラを持ってくる。先ほどの場所を中心に動いていると、道の脇のササの葉上にヘリグロベニカミキリを発見。マクロ域で寄っていくとシャッターを押す寸前に落下。それではということでフィルムケースに入ってもらう。田んぼの南縁にもどると、畦沿いを翔んで来るギフがいる。足場を確認して振ると首尾よくキャッチ。やはりオスで、これも状態は非常にいい。三角缶にしまいながら周りを見ていると、同じコースを大き目の個体が翔んでくる。待っていると、1mほど先にある塩ビの用水パイプに止まった。翅を広げ動く気配がない。ネットの先を摘んでフレームを近づけてもじっとしている。パイプにフレームを当てて刺激して翔ばせ、ネットインした。メスだった。
 この場所はここで切り上げ、道路沿いにテリ飛翔するポイントへ移動する。途中、魚野川に面した斜面から舞い上がって道路を横切って翔ぶ個体が三頭。川を見下ろすコーナーに車を止め、その傍の陽溜まりに陣取る。距離にして10mほど下った道路沿いで追飛するのが見える。ダッシュして二つともネットする。スレと欠けだったのでリリース。
 その後、12:00過ぎに雲がかかるまでに、三頭の追飛などを含めずいぶん多くのギフと遊べた。ヨッシーへのお土産に完品を二つ(どちらもオス)をキープして納竿。
 午後は六日町辺りまで山菜を買いながらのドライブ。途中旧大和町浦佐の県道沿いの斜面にネットマンを二人見つけたので声をかけてみると、姿は見たが採れていないとのことだった。
 山本山のポイントから見えた魚野川の対岸は、地震で崩れた痕がはっきりと見てとれたがギフは健在だった。
[PR]
by luehdorf | 2008-04-27 01:01 | チョウなど | Trackback | Comments(8)