<   2008年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

夏になって…

 ボンバの仕事は池田さんのことがあったので気楽だった。ジャコウは多化性だから失敗しても年内にやり直せるし、装置はそのまま流用できるのだから…。しかしそんなに案ずることもなく、しっかりとしたデータが揃った。あとはヤツが書くだけである。
 ボスが「日本語で書け」と言ったものだから、ボンバは漢字の特訓を始めた。顔を合わせると、「アッシー!さんの『アシ』は『レッグ』ですか?」とか言う。「違うよ!『ブリッジ』だよ」と言うと、「あぁ、『ブリッジ』の『アシ』ですね」。テレビにボビー・オロゴンが出てくると、こんな問答があったことを思い出させられてしまう。顔はボンバの方が怖くなかったけど…。
 そんな毎日の中、学部生のM君の卒論のテーマが決まった。「夜間の蛾の動態」。トラップをかけてガを集め、どんな種がどんな時間帯によく活動しているかを探るのだという。ボスの発案によるトラップは「電撃ショック式」で、ボードの両面にアルミ・フォイルを貼り、それを迷路状に切ってから対角線上に電極を取り付けたものを、1つのトラップに3枚、120度の角度で据え付け、真ん中にブラックライトを設置するというものだった。さらに下にはトタン製の漏斗を置き、その口に四塩化炭素をしみこませたガーゼ入りのビニール袋をくくりつけると、2時間ごとに回収に行けば済むと言うのである。後年、コンビニの入り口で、まさにこれと同じ仕掛けのものを見たとき、ボスは何でパテント申請をしなったのかと思ったものだが…。
 とにかく、空いている部屋での工作作業が始まった。ボードに薄く接着剤を延ばしてしわにならないようにフォイルを貼り、定規とカッターで切っていく。5基分15枚を作り上げ、今度はトタンを丸めて漏斗作りである。ねじり鉢巻で大汗をかきながら、5日ほどで作業を終えた。通電テストでは結果は上々で、早速に菅平行きとなった。
 関越の通じていない頃だから、R17からR18に入り、碓氷峠越えで6時間余り、何とか午後の早い時間に現地に着いた。早速に設置の準備である。実験所の北西に広がる緩斜面の半径50mの円周上に5つ置くのだという。円はすぐに描けた。ここで困ったことが起きた。各トラップ間の距離はいくらなのか?ということである。中心角は72度、つまり頂角が72度で、等辺が50mである二等辺三角形の底辺の長さを求めなければならないのだ。ボスは「しまったなぁ。6つにすればよかったのか…」とボヤくが、とにかくトラップは5つしかない。対応策を考えるために小休止となった。
 お茶を飲みながら手元のノートに正五角形を描いてみて閃いた。ゴチョゴチョと計算をしてその経過をYさんに示した。「おぅ!これでいいかもな」とYさんが言うのに、Tさんが口を挟んだ。「ハッシー!の計算が当てになるんですか?」。
 そう、この頃Tさんのボクへの当たりがきつかったのだ。訳は程なく分かった。夏前にボスが仕事で九州へ行き、戻ってきてから研究室で、「君たちこれ何て読む?」と、『彼杵』を示したそうなのだ。誰も読めなかったときにYさんが、「ハッシー!ならクイズ・フリークだから読めるかもな…」と言うと、Tさんが「ヤツにだって無理ですよ」と言ったらしい。そして、その日の午後にボクが行くと、Tさんが「おい!これ何て読むんだ?」って聞いてきて、「『ソノギ』で長崎の地名でしょ」とあっさりと答えたことが、「ボスの次に物知り」と謳われたTさんのプライドをいたく傷つけたのだという。東京へ戻ってきたある日、例のごとくTさんとしこたま飲んだ翌日、ボクが出て行くとTさんが二日酔いで沈没しているとのこと。技官のSさんが、「昨日大丈夫だった?」と尋ねるものだから、「ええ、いつもと一緒でしたけど…」と言うと、「実はね…」と教えてくれたのだった。確かに飲んでいるときの話がやけに説教めいてきていたし、たまに麻雀をすると強い牌を打ってきたりと、言われてみると思い当たる節はあった。でも鈍感なボクは気づかなかった。説教はボクのために言ってくれてるんだと考えていたし、麻雀は打ち方を変えたんだと思っていたから…。
 まぁ、とにかくボクの計算でやってみようということになって、ネズミ用のトラップにけつまずいて転んだりしながら巻尺を持って走った。5回めの巻尺がピッタリと出発地点に戻った。
 Yさんの高笑いが響いた。「T~!、うまくいっちゃったよぉ」。
[PR]
by luehdorf | 2008-03-29 23:30 | チョウなど | Trackback | Comments(16)

やっぱりなぁ…

 高校の生物の教科書や資料集などの「進化」のところでは、脊椎動物は、魚類→両生類→爬虫類ときて、爬虫類から鳥類と哺乳類が生じたように記されている。
 このことが気持ちの中にずっとひっかかっていた。それは、不要窒素の排出の観点からである。
 タンパク質が生体内で分解されると、当然アンモニアを生じる。魚類は水中生活をしているから、そのまんまいつでもアンモニアで出してしまえばよい。両生類の幼生、いわゆるオタマジャクシも同様だ。成体になってオカに上がってからが問題になる。ふんだんに水があるわけではないから、有害なアンモニアを始終水に溶かして排出するわけにはいかない。そこで二酸化炭素と反応させて水溶性の尿素に変え、腎臓で濃縮して排出するようになった。
 爬虫類になると、陸上に殻つきの卵を産むから、発生途上で生じた不要窒素を不溶性の尿酸に変えている。これは水溶性の尿素にすると、卵の中のゴミ集積場とでもいったらよいであろうか、尿囊中の濃度が上昇し、発生中の胚から水分を奪ってしまって干からびさせることになるから、とのことだ。鳥類も同様である。そしてこの尿酸による不要窒素排出は孵化後も続く。鳥の糞の白い部分は、我々で言えば「小便」なのである。
 ところが哺乳類になると一転して、また尿素で排出するようになるのだ。これがちょっとおかしい。
 そもそも進化は一定の方向に進み、後戻りはしないのではなかったか? アンモニア→尿素→尿酸ときて、また尿素に戻った訳について記したものを目にしたことはない。だからひょっとして哺乳類は爬虫類を経ずして両生類から直接に生じたのではないかと考えていた。
 しかし、この点以外に自説を補強する証拠がなく、悶々としていた。
 昨秋、何気なく買った本で「よっしゃぁ!」と叫んだ。「人体 失敗の進化史(遠藤秀紀著 光文社新書)」がそれである。解剖学の見地からヒトの体の進化を解説しているのだが、その中に2種類の肩の骨についての記述がある。それは「烏口骨」と「肩甲骨」についてで、鳥類では肩甲骨が退化し烏口骨が発達する一方、哺乳類ではその逆に、烏口骨を消失させて肩甲骨優位の方向に進化したのだという。
 そして鳥類は爬虫類の中でも恐竜のグループが、空を飛ぶために軽量化などの点から肩甲骨を小さくして烏口骨を発達させたものであり、哺乳類は両生類から直接に生じたとする方が妥当なのだと記されている。
 このような話なら、アンモニア→尿素→尿酸とアンモニア→尿素の2系列の進化系統があったのだということになり、とても納得がいくのである。
 さも「定説」のように言われていることが多々あるが、本当はどうなのか…。色々と考えてみることは面白い。
 C.ダーウィンの「自然選択説」、来年で150年目になる。ホントに自然選択で進化を語れるのだろうか? 自然選択+突然変異のネオ・ダーウィニズムだって分からない。
 もうちょっと勉強してみるか。
 
 
[PR]
by luehdorf | 2008-03-09 01:18 | 読書 | Trackback | Comments(8)