<   2008年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

さらに…

 発表当日の朝までバタバタして、無事、池田さんの仕事が終わった。コンビニなどない時代、徹夜仕事のときの食料などの確保には苦労したのだった。
 池田さんはその後、都立大の博士課程に移り、いよいよ本当に御役御免かと思っていたら、3月の初め、研究室にヘタな関西弁を喋る黒人が現れた。ザイール(現コンゴ民主共和国)からの留学生だという。ボスは「池田君がやったのと同じことをジャコウアゲハでやってもらおうと思ってるから、ハッシー、T君と一緒に教えてやってくれる」と…。
 ボンバというその留学生、ザイールの高官の息子とかで、いわゆる「お坊ちゃま」、何にもできないヤツだった。
 食草は結局、小石川植物園にお願いして調達することになったのだが、事前にマザー牧場へ行ったときのこと。ウマノスズクサを探して園内を歩き回っていると、大汗をかきながら、「ワタシ、鎌型赤血球症で…」と、日陰を探して座り込んだ。さらにそこでヤブ蚊が寄ってくると、「マラリアになる」と騒ぐ。ちょっと待て、鎌形赤血球症ならマラリア耐性があるんじゃないのか? 「ほら、そろそろ…」と重い腰を上げさせて進むと、ニョロニョロと這い出てきたヤマカガシをみて、「ポイゾネス スネークです!」と叫ぶ。「こいつはちょっかい出さなきゃ大丈夫」と言っても、「この色は絶対危ないです」と譲らない。何とかかんとかウマノスズクサを覚えてもらい、ジャコウの幼虫を摘んでバス停に行くと、急に元気になった。待っていた2人のオネェチャンに、普段よりももっとたどたどしく、「中国人ですか?」だと…。言われたオネェチャン達も、外国人に話しかけられて悪い気はしなかったのか、「いいぇ、日本人です」…。全く脇が甘いんだから…。
 そんなある日、午後から出て行けばいいはずなのに、Yさんから寮に電話があって、すぐ出て来いと言う。何かやったかなぁと思いながら急いで駆けつけると、「ボンバと腕相撲をやれ!」。訳を聞くと、ボンバが自分は力が強く、アームレスリングで負けたことがないとか言ったので、Yさん達が挑んだらみんなやられ、鼻高々にしているから、お前がやっつけろとの事。何じゃそれは…。とにかく右手を組んでみると、楽勝である。何でこんなのに負けるの?と思っていると、ボンバが言った。「アッシーさん(フランス語圏なのでHが言えない)、ワタシ、サウスポーです」。バッカだねぇ、右利きだけど支持腕が左だからそっちの方がボクは強いんだって…。なんなく負かすと、ヤツは首をかしげていた。恐らく「お坊ちゃまはお強い…」とか周りの召使いにおだてられてたんだろう。
 その日の夕刻、仕事が終わってボスの号令で食事に行くとき、Yさんが「ハッシー、ボンバに見せてやれ」。そこで、中庭の芝生の上でロンダード→バック転→バック宙とつないだら、目を丸くして、「ザイールでこんなことのできる人はいません。アッシーさん、ボク、ザイールに帰ったらザイール大学に呼びます」。
 30年以上経つが何のお呼びもかかってない。
 一夕、ボンバがボクの寮を見たいと言って遊びに来た。じゃぁ、ちょっと飲むかとなって、外へ出た。ボクはいつも金がないから、ボトル1000円のジンを飲んでいるのに、ヤツときたら「ワタシ、チンザノが好きなんです」とガブ飲みして、瞬く間に1本を空にし、上機嫌になっていた。向こうの方が金持ちなのに、そのときに限ってロクに金を持っていず、「マスター、ゴメン。今週末にバイトの給料が入るから…」と、初めてのツケをしてしまった。店を出れば街灯もない東京のド田舎、「闇夜のカラス」で酔眼にはどこにいるかが分からない。名前を呼ぶと、返事とともに歯が光った。
 また、ある夏の日にヤツが来なかった。Tさんによればホームシックになることがあるから、アパートでボーッとしてんだろうとの事。翌日、「昨日はどうしてた?」と肩を叩くと、「アゥチ!」と叫ぶ。何と仕事をサボって海水浴に行き、日焼けして背中が痛いんだという。Tさんと2人、あきれると同時に、「お前が日焼けすんの?」とシャツを脱がせると、黒い背中が少し赤らんで、明らかに炎症を起こしていた。ヘ~ェ、黒人も日焼けするんだ、と一つ賢くなった気がした。
 こんなミョーな留学生に翻弄される日々、夏休みにはもう一つ大仕事が待ち構えていた。
[PR]
by luehdorf | 2008-01-11 02:30 | チョウなど | Trackback | Comments(7)

牌積む日々(1)

 東京に出てきて入った「学寮」、旧陸軍の兵舎をそのまま利用したという貧乏学生の収容施設ではあったが、ボクにとっては天国だった。
 夜になっても明かりの消えることのない不夜城で、4棟80室あまりのどこかで必ず卓が立っていた。極めつけが階段下の倉庫を改造した通称「雀室」で、寮生の上位ランクの人間が打てる場所だった。
 体操を辞めて引きこもり始め、のめりこんでいった。1月末か2月始め、深夜に卓が割れて5年生の先輩と2人、所在無く話をしていた。ドアが遠慮がちに開き、「打ってもらえませんか?」と声がかかった。寮にあるプレハブで飲み会をやっていたボランティアサークルの2人で、3年と1年だった。拒む理由とてないので、ルールの確認だけして早速にゲームが始まった。向こうの3年生が1年生の名を呼ぶのだが、それがボクと同姓なのである。出を聞くと同じ東北、お互いに何とない親近感を感じたのだった。
 その1年生、「タイジ」は、とてつもない打ち手だった。抑制の効いた麻雀で決して無理押しをしない。ボクはといえばまだ力でなぎ倒す麻雀しかできなかった。心の中で「コイツすごいな」と思っていた。
 南場に入って事件が起こった。ボクが5、6巡目に中を叩くと発を続け引きして暗刻にし、筒子が1面子出きあいのところに穴四万、白、九万と引いて、大三元をテンパった。初めての大三元に緊張は極に達し、顔色が変わるのが分かった。3巡後、対面の3年生が摸牌をしながら「ん?」と言って場を見渡した。ボクが叩いた中は4枚目も出ていて出切り、発も1枚走っている。随分長く感じたがほんの1、2秒であったのだろう。その牌が河に切り出された。白だった。
 後になってこの話題になると、タイジは「あの声はでかかったぜ。何せAさん、椅子から50cmは飛び上がったから…」と笑った。
 これを機にタイジは頻繁に寮に来るようになり、やがて寝袋をもってきてボクの部屋に住みついた。もちろん「モグリ」の寮生として…。
 我が部屋2寮9号室、通称「ニック」は、人の出入りが絶えない部屋で、年中雀が鳴いていた。わら半紙に表を書き、半荘ごとの結果を記入していくのだが、ある月には500半荘を超えていた。
 この時期のタイジとのトレーニングは一番の肥やしになった。2人きりのときに4人分の山を作って1人が2人分を担当して打つ、手の進みだけを考えて打っていくと誰かが放銃する。するとそこは次回に配牌もツモも悪くなる。第三期名人古川凱章さんが唱えた「体勢論」が具現しているのである。また一色牌を理牌せずにツモって捨て、聴牌を読むなんてこともやった。極めつけは記録用紙を手作りし、お互いが抜けているときに摸打を記録したのである。これは後に新聞や雑誌などの麻雀の記事の速記のバイトをやったときに役立った。
 様々ないたずらのトレーニングもやった。生意気な後輩2人を相手にしたとき、タイジの山を積む動きがおかしい。サイコロのラインを気にしているので、下家のボクは積み終わった山を直すフリをして、自分の山とヤツの山を2山すり替えた。サイを滑らすように振ったら3が出た。14牌を取り終えたヤツは、それらを伏せて山の手前に置き、山を直す仕草でやっぱりやった。当時一生懸命練習していた「ツバメ返し」である。理牌に夢中になっている後輩たちは気づかない。抜いた下山の14牌を起こしたヤツは、「ん?」という顔をしてボクを見、音の出ない舌打ちをした。結果は親の国士を6巡目くらいに出和って、後輩たちはボロボロで帰っていったのだが、一升瓶を股に挟んで茶碗酒を飲みながら、「十三面待ちを仕込んだのに…」とボヤいていた。
 でも不器用でそういういたずらのヘタなボクの抜きに気づかないなんて…。
[PR]
by luehdorf | 2008-01-07 10:46 | 麻雀 | Trackback | Comments(6)