「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

チョウセンアカシジミ考

 河北新報の記事によれば、山形県川西町でチョウセンアカシジミの卵が盗まれたとか…。誰が言ったか知らないが、岩手と山形と新潟に局地的に分布する「貴重な」チョウだから保護せにゃならんとばかり、トネリコを植えてサンクチュアリをつくったところから削ったそうだ。いわば牧場の牛を盗むような所業である。よせよそんなこと。サンクチュアリを離れたところにだっているから、人目につかないところでこっそりやればいいんだよ。
 私見であるが、チョウセンアカシジミは帰化種であると思っている。歴史に弱いので時代の詳述はできかねるが、かつて東北地方で金を産出した頃、大陸や半島から随分と人がやってきていたらしい。その折に、稲の「はさ木」の用途ででもトネリコが持ち込まれ、それに付いていたチョウアカが増えたのではなかろうか。分布が局地的なことはその最大の裏づけにはならないか。 40年ほど前、岩手の田野畑で卵採集をしたとき、田んぼっぺりの2mほどのトネリコがホストになっていた。林の中のでかいトネリコには全く付いていなかったことからも、稲作と結びついた田んぼ周辺のトネリコに依存性の高い種であると言う感を強くもったものであった。事実、田野畑周辺では昨今、チョウアカの個体数の減少が樹木の密生にあるから、伐採をかけろという話が出ていると耳にしている。
 そもそも、そこまでして保護をする必要があるのかの感が拭えない。これでは自然の「動物園化」ではないか。自然が、とかいいながらそれほど人の手が加えられるなんて、何て不自然なんだろう。チョウアカがいなくなったって、ボクらの生活に何の支障もないんだから、そんな目に角を立てるようなもんじゃないと思う。まぁ、サンクチュアリをつくり、そこを守ろうとしている人たちの意気込みに水を差すつもりもない。どうぞ勝手におやりなさいと言うだけだ。
 削るヤツも削るヤツだ。楽しようとするなよ。確かに世の趨勢は「採り屋」には厳しい状況で、何かっていや規制がかかる。でもそこで知恵を絞ってこそ「採り屋」の本領ってもんじゃないの?白馬のギフだって、下の方じゃ人目があって厳しいけど、上の方へ行きゃ「何でこんなんが保護対象種なんだよ」っていうくらい翔んでんだもん。何せ目にするチョウチョはギフばっかだよ。あんな所で種を指定する愚って言うのは明らかだ。釣りの入漁券のような制度、あるいは地域を限定して指定すべきだって関係者にも言ったんだけど分かんないんだよね。あれだけ広範囲に発生していたらまともに監視なんてできないし、そんな予算だって町側はとれないでしょ。チョウアカも同様である。岩泉の龍泉洞周辺はまだ辺りのトネリコに卵が付いている。川沿いにトネリコを見ていけばそんな苦労することもなく採れるはずである。雫石だってちょっと歩けば…。だから川西や米沢にしても、人の目につかない場所を探せばいいんだよ。それが「採り屋」としての想像力・推理力で、よっぽど快感なんだがなぁ。
 こんな時代だから、他人との摩擦を起こすことなく採って楽しみたいよね。
[PR]
by luehdorf | 2007-03-30 00:21 | チョウなど | Trackback | Comments(3)

採集日記(1)

 3月27日 山梨県南部町
 現地着、午前10時。薄日は射すものの気温が上がらない。始めに訪ねたのは、冬に地図検索をしていて見つけた場所で、以前から名前は知っていたが、教えてくれた人のマップが不完全で分からず、放っておいた所である。狭く急な道を登っていくと、富士川流域に特徴的な景観で、「こりゃいるは」という感を強くした。しかし、道をつめるとその先には、例のごとく「採集禁止」の看板。まぁ、無用のトラブルは避けるのが賢明だから早々に退却。登ってくる途中の南向きの斜面で開けている所に車を止め、30分ほど周囲を探索。長袖のシャツでも寒さを感じるほどの気温ではやはり無理で、峠を越えてもう1つ目をつけていた所へ転進した。そこも状況は変わらず、再度の転進を余儀なくされた。
 最後に毎年行っている場所へ出向くと、重機が入っていてスギの伐採をしている。この10年、スギの伸び方が著しく、かつ枝打ちもやっていない、林床の手入れもやっていないという放置状態で、平日の絶好の条件のときですら2桁を眼にすることがなかったものだから、もう行くのはやめようと考えていた所である。皆伐ではなく、間伐ではあるが、斜面にはギャップが随分とできていた。細々ながら個体群を維持してきたであろうここのギフも、ひょっとするとこの伐採で少しは息を吹き返すかも知れない。今年は無理でも、来年以降はやはり行く価値のある場所になってしまった。いつも車を止めるポイントに入ると、周辺の状況は決して春の盛りというものではなく、やっとという感のするもので、花もまともに咲いていない。パートナーも「いつも来るときよりも『冬』っていう感じじゃない」と感想を漏らす。そう、越冬タテハすら翔んでいないのである。時刻は午後1時過ぎ、車の中で昼食を摂り、一休みして帰路に着く。
 一敗地にまみれる。
                                                 
[PR]
by luehdorf | 2007-03-29 23:33 | チョウなど | Trackback | Comments(0)

ジンクス

 占いははなから否定、血液型による性格分析なんぞくそっ食らえ、という人間なのだが、「験かつぎ」はしてしまう。特にチョウチョ採りでは、「シーズンの最初にルードルフィア以外をネットに入れると、そのシーズンは絶不調」というのはてきめんである。
 これに気づいたのは20年ほど前、張り切って出かけた山梨や静岡で、あまりに飛ばないもんだからミヤマセセリなんかをネットインしてお茶を濁したことがあった。そうしたら、4月半ば過ぎになってあの新潟へ行っても「ボウズ」を食らうことが度々だった。そこで課したのが「ギフを入れる前のネットには何も入れない」ということだった。そうしたら調子は上向いた。
 常々口にしてたから忘れるはずもないのだが、本能というものは恐ろしく、一昨年の3月末、仕事で出向いた千葉県木更津の郊外で、木のてっぺんをチラチラと翔ぶ姿が見える。まぁ、「ムラサキ」系だとは思ったが、小さい感じがしたので「ルーミス」だったらもうけものと、車からネットを取り出し、手近に来たヤツを採ってしまった。やっぱりムラサキシジミだった。3日後、絶好の天気なのに静岡で姿見ず。その後、ゴールデンウィークに長野で1頭採るまで、全くの「ボウズロード」を怪(?)走した。この状態は8月末のキベリの時期まで変わることなく、何とも情けない一年だった。
 4月初めに、同僚のヨッシーに会ったとき、「ルーミスだったらな、って思ったんだけどムラシだった」っていうと、「ハッシー、ジンクスは大丈夫?」。そのときは何とかなるさと思ったが、さすがに不調が続いたので、彼ヘのレポートの表題は「紫の祟り」とした。ヨッシーは何にも採れないことのうらみつらみの書かれたレポートを読んで、「来年はギフの姿を見るまでネットを開いちゃダメだよ」って慰めてくれた。それを忘れなかった昨年は、諸事情でフィールドに出られない彼に、たくさんのお土産を持って帰れた。
 今年はまだネットを開いていない。来週25日が「振り初め」だ。
[PR]
by luehdorf | 2007-03-18 14:48 | チョウなど | Trackback | Comments(0)

擬人化の愚

 TVから聞こえてきたことが気になって調べてみたらあった。魚のことをよく知ってるタレントが、メジナを水槽で飼ったら1匹が「いじめられる」。傷ついてかわいそうなのでそいつを別の水槽に移したら、今度は別のやつが「いじめられる」…。これって本当に「いじめ」っていう言葉で括れることなのか? 単純に同種間のテリトリー防衛行動における闘争の結果じゃないの? そりゃそうだ。彼らは食い物の確保のための空間、オスならば繁殖期にメスを得るための空間を一定程度必要とするはずで、それがなければ自分の生存がおぼつかなくなるのだから。いわば、命を懸けて自分の「場所」を守ろうとする崇高な行為なのだ。それを、金にも食い物にも不自由していないノータリンの「バカガキ」が群れ集まって、数をたのんで劣位のものをいびるというアホな行為と同等に扱うなど、ボクは「メジナに失礼だ!」と言いたい。
 客員とはいえ、自然科学関係の国立大学の助教授の肩書きを表に出すのなら、衆人の目に触れる新聞等に出す文章には、もっと気を遣うべきだろう。こうやって動物の行動を「擬人化」していけば、肉食の動物がやってることはヒトの世界では「殺人」になってしまうし、ウスバキチョウは貴重な高山植物を食い荒らす「無法者」ということにもなる。こんなことは童話の世界で留めることであり、それにしてもあまりにリアルだと、「赤頭巾ちゃん」のオオカミから、オオカミは「悪いやつ」、「怖いやつ」っていうイメージを持ち続けてしまうことになってしまい、オオカミにとっては迷惑な話とも言える。
 そもそも動物の世界をヒトの世界に擬することに大きな無理がある。何年か前の某大学の入試問題にもあったのだが、「順位」の低い個体が集団にとどまっている理由を問うていた。いわずと知れたことで、集団に加わっていることの有利さ、すなわち餌、メスなどの確保や1頭でいるよりも他の動物の捕食から逃れられる…などが挙げられていた。つまり1人(あっ! 擬人化しちゃった…)でいると、餌は? メスは? そして外敵は? と四六時中考えねばならず、そのストレスの方が低順位で「いじめ」られるストレスより大きいからだと…。だから、集団の最低順位の個体を、「かわいそうだから」みたいな理由でその集団から引き離すと、先のヒヒの場合などは、単独になったことが胃潰瘍などを引き起こして死んでしまうのだと…。すべてが足りているヒトの世界では考えもつかないことである。もっとも、メシとねぐらが確保できるから留置場に入りたいっていうような発想はこれと同じか?
 「擬ヒヒ化」すれば、いじめなんてのは1人で行動を起こせず、群れることでしか自分のアイデンティティを実感できない低順位のヒトの、アホな行いであると思えて仕方がない。
 
[PR]
by luehdorf | 2007-03-03 10:57 | チョウなど | Trackback | Comments(5)