<   2006年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ベランダ園芸

 初めはギフチョウの飼育のため、山採りのカンアオイやウスバサイシンの鉢植えをつくる必要があったからだった。そのうちにハーブに興味がいき、ラベンダー、セイジ、タイム、ミントなどの種を買ってきては蒔いた。前の住まいが南向きだったため、夏の暑さにやられるものが多く、結局は、ローズマリーとスペアミントそしてスウィートバジルのみを残した。あまり熱を入れなくなったのにはもう1つ決定的な理由があって、「ガーリックチャイブス」という新しい名前を見つけて種を蒔き、そいつが大きくなったら「ニラ」だったから…。そうだこいつも一鉢残ってた。
 その後は種は買わずに、食べたときに出る種を蒔くようになった。そうやって鉢になっているのが、清見オレンジ、高知の文旦、ポンカンなどの柑橘系と唐辛子、そして冷蔵庫の隅っこに落ちていたムカゴから育ったヤマイモである。実生の柑橘類は、台になる苗でも買ってきて接木をしないと花をつけないと思うのだが、暖かくなって、新芽をぐいぐいと伸ばす姿を見るのは楽しいものだ。そのうちに東京にも侵入しているナガサキアゲハでも呼んでくれないかと期待もしている。
 いまもっとも多いのが「パンダカンアオイ」で、これは栃木に住む学生時代の後輩が、「葉っぱがでかいから飼育に便利だヨ」って言って、3株くれたのを増やしたものだ。3,4年株分けをしていないので、ずいぶんと込み入った鉢やプランターもあるから、何とかしてやろうと思うのだが、忙しさにかまけてほっぽらかしたままになっている
 以前、千葉に遊びに行ったとき、姉崎の県道沿いの園芸店に「カンアオイ」って書いてあるのを見つけて覗いてみたら、1株2葉にきちんと仕立てた「パンダカンアオイ」が、1鉢8,000円とか1万円で売られていた。自分のところに何株あったっけ、と思いながら見ていると、店の主人が「安くするよ」って声をかけてきた。「あっ、いやっ、うちに30株ほどあるから…」って言ったら、「何にするんだ?」って聞く。「チョウチョの餌」と答えると、「これを虫に食わすとは罰当たりだ」って叱られた。車に戻ってその話をすると、パートナーは、「どんどん増やして売ってあげればいいじゃない」だと…。彼女の言では、「チョウチョは金がかかるけど、カンアオイは金になる」。なるほど一理ある。
 先日、沖縄のシークワーサーを一鉢手に入れた。あとは、実生で1年育て、冬に大事にしすぎて根腐れさせてしまったアーモンドを、もう一度種からやるか苗木を手に入れるかだけだ。
 物言わぬ鉢植えとのつきあいも、色々と手をかけてやることで育っていくのを見る楽しみがあり、妙に忙しくてささくれ立った気分を癒してくれるものでもある。これからの時期の扱いは、来春の新芽時の喜びにつながる。せいぜい気張って手入れをしてやろう。
[PR]
by luehdorf | 2006-11-18 00:39 | Trackback | Comments(0)

入笠山に風力発電?

 ボクの30年来のフィールドである長野県の入笠山に、風力発電施設を60基も設置する計画があるのだとかで、地元の山の会や環境を考える会などが反対の運動を起こしている。計画案を見てみると、稜線伝いに高さ100mの「大型扇風機」みたいなのがずらっと並ぶようだ。こんなことを自然を大切にする長野県がどうして認めるのか? 伊那の市議会にはぜひとも反対の決議をしてもらいたいものである。もしそうでなければ、何らかの利権が絡んでると疑われても仕方ないのではないかとさえ思われる。
 大体、風力発電や太陽光発電は石油を使わないから、温暖化ガス(と言われている)であるCO2を出さないので環境に優しいとか言われているがホントにそうなんだろうか。CO2が地球温暖化の原因であると仮定して、風力や太陽光による発電のコストが火力発電のコストを大きく下回るなら結論はたやすいのだが、現実には、風力・太陽光は安定した電力の供給という点では問題が多いのではないか。風のないとき、太陽が出ていない夜間など出力が落ちたときには補助電源が必要となるはずで、それはどこから供給するのか。そのための施設を作るのであれば、二重の投資が必要となる不経済な設備となる。もっとも、それで儲かるところが出てくるからいいってのがこれに関係する会社や政治家の発想か?
 山の稜線に大きなブレードが回ってるのを見るのはあまり気分のいいものじゃない。3代目のオボッチャマが日本のトップに立って、「美しい日本」とか言っているが、山に扇風機があるのは美しいのかなぁ? ホントに美しい日本を作りたいなら、トップダウンでこんなアホな計画をストップさせなきゃなんないと思うんだけど…。長野も知事が変わっておかしくなったって言われちゃうんじゃない? ボクは心情的には前知事のT氏を好きではなかったが、彼が不必要なダムは作るなとかって言ってたことは評価していた。北海道の竜巻を例に引くまでもなく、自然の力は人智を超えたものだから、さかしくそれに対抗していこうってのは思い上がりとしか思えないからだ。でも必ず出てくるのが「何百年に一度の災害を未然に防ぐ…」とかの言…。違うでしょ、それをやるとアンタの懐にいま金が入ってくるからでしょって言いたくなる。そんなおためごかしはやめろって。
 そういえばオリンピックのために作られた白馬のジャンプ台は観光資源になってるみたいだ。入笠の風力発電施設もそんな目玉にするのか? 長野県の人口工作物によるテーマパーク化計画? もしそうなら、バカバカしいとしか言いようがない。
[PR]
by luehdorf | 2006-11-09 11:58 | チョウなど | Trackback | Comments(2)

放蝶の是非

 ギフチョウの成虫を羽化させて生息地(ホントにそこだったのかは知る由もないが…)に放しましたとか、オオムラサキを羽化させて…なんて話をメディアはさもいいことをしたかのようにデカデカと報道する。でもホントにいいことなのだろうか?
 釣りの好きな人がブラックバスをどっかの沼や湖に放流したら、彼らは同じように「いいことをしました」って報道するだろうか。絶対しないでしょ。曰く、「日本の固有の生態系を壊すから」とか「特定外来生物だから」と。
 在来種であれ外来種であれ、「放す」ということはやってはいけないことであると思う。端的に言えば、「ヒトの傲慢さと勝手な思い込み」でしかないからだ。
 ある場所にある種がいない、それまでにいた種がいなくなったなんてことは、これまでの地球の歴史で繰り返されてきたことであり、必然なのだ。偶然にその瞬間を目にすると、まるで何か人為的な原因で生じた現象のように感じるかもしれないが、何てことのない日常なのである。だから泰然とそれを受け入れ、世の移ろいと感じていく方が「自然」であるのだと思う。カンアオイがあったってギフチョウの飛ばないところはゴマンとある。決して、「いた」ギフチョウがいなくなったんではなく、そこをギフチョウが選ばなかっただけなんだ。ヒトは(要らぬ)知恵を持ったゆえ、本来なら住むべきとこじゃないところにまで生息域を拡大したが、チョウやなんかは「住むべきところ」と「住んじゃいけないところ」をしっかりと分けているんじゃないかな?これってある意味「賢い」んだと思える。住んじゃいけないところに住めば何らかの形での自然からのシッペ返しがあるはずだから…。
 放蝶行為もさかしい「ヒト」のマスターベーションに過ぎない。タッパウエアの中で育てた「過保護」なチョウチョには、いきなり放り出された自然界はとっても厳しい環境じゃないの? 黙ってたら餌をどんどん補給してくれたのに「自分で餌を探しなさい」って…、事前のトレーニングなんかないわけだし。 だから、飼えなくなったペットを捨てるのと何ら変わりないんだってことですね。
[PR]
by luehdorf | 2006-11-04 10:11 | チョウなど | Trackback | Comments(2)