「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:魚( 2 )

今年もまた…

9月半ば、知り合いからメールが…。
「急に人が欠けて困ってるところがある。ペイは高くはないが助けてもらえないか?」。
「こっちの空いてる日なら構わない」と返事をすると、早速先方から連絡が入り、「10月から入ってくれ。そちらの都合のよい日で構わないから…」と…。
これで決まった。月曜日、朝一でその阿佐ヶ谷へ出向き、午後は池袋に移動してこれまで通り、それが終わったら阿佐ヶ谷へトンボ帰りして夜11時まで…。土曜日も朝一で阿佐ヶ谷、一度帰宅してこれまで通り埼玉・川越へ…。
当初、これらをみな自転車でやっつけるつもりだったが、月曜日の移動総距離が50km弱、土曜日の川越も片道30km弱ということで、飼育係から「オーバーワークになるからよしなよ」と…。そのため、土曜の阿佐ヶ谷往復だけを自転車にした。何せ週100kmのノルマ達成のため…。
自転車で動くことに体は順応していったのだが、別の面でオーバーワークの要素が発生した。引き受けた阿佐ヶ谷の仕事、まず前任者の後始末がこれ大変なのである。そして暮れから年明けにかけての企画がハードで、そのための資料作成に追われ始まった。暇な時間にwordとのバトルである。おかげでN様や i 様のブログへのカキコも滞る始末である。少しばかり煮詰まってきたので「釣り+新ソバ」による精神の解放を企てた。

朝、「もう7時になるよ」と飼育係から声をかけられて飛び起きた。「まずい、釣りの時間が…」。慌てて仕度をして家を出たのが8時前だった。途中で朝食をとったりしたので日立・久慈港に着いたのは10時、曇っていた空に太陽すら覗き始めている。完全な出遅れ…。
どういうわけか人が少なくポジションだけは確保できた。3本のパックロッドを適当に投げて一服する。10分ほどで最初の当たりがあり、大きい(18cm)ハゼが釣れてきた。「幸先いいじゃん…」。そして次は手のひらサイズのマコガレイ。
これを見た飼育係が車を降りてきて、「わたしも…」と言うなり竿を1本持っていって投げ始めた。手持ちで5分ほど、「全然当たらないんだけど…」とボヤいた矢先に「アッ!」と言って合わせをくれ、やはり手のひらサイズのカレイが…。その後チョコチョコとハゼやカレイが来るのを楽しんでいた。
そのうちにギャラリーが一人。午後の乗り合い船を目当てにやってきて時間つぶしに覗きに来たのだと…。「練馬ナンバーだけどどこから?」と問うから、「板橋です。東上線の上板橋」と言うと、「あれ!私、駅の南側です」と…。地元の飲み屋の話なんかで盛り上がりながら竿先を見ていると小さく当たっている。「ちょっと聞いてみますか」と合わせをくれると軽い手ごたえが…。「あぁついてます」と言ってリールを巻くと、急に重くなった。結構底ゴミが引っかかる所なので食ってからゴミに潜ったのかと思ってそのまま巻き上げた。すると強い抵抗をして底に刺さっていく。竿のしなりを見て、2人して同時に「デカイ!」。
2度ほど突っ込んだのをだましながら揚げてくると平べったい茶色が見えた。水面近くでまた突っ込みにかかる。「タモお願いできますか」と言って寄せてくるとさすがベテランである、きっちりと頭からタモ取りしてくれた。「重いよぉ~」と言いながら陸に揚げ、「いやぁ、いいものを見せてもらいましたよ」と…。
33cmのメス(さばいたら卵が入ってました)のマコガレイ。またやっちゃった。
恐らく i 様からはまた、「そんな時間に行ってこんなものを釣るのは不届きである」とお叱りを受けるだろうけど…。でも釣れちゃったんだもの…。

午後2時前に餌切れとなってゲームオーバー。
カレイ7枚、ハゼ10尾、アイナメ4尾。リリースしたカニとメゴチで五目達成!
煮詰まりを一気に解消する釣果でした。

あっ!ソバもいい店見つけました。

e0100711_126498.jpg


(2010.11.7 日立市久慈漁港 マコガレイ 33cm)
(体表のまだら模様は、クーラーの中でその他の魚が乗っかった所にメラニン色素粒が集まってこうなったようです。さばきにかかるときに黒のプラ板に載せたら全体が一様に黒くなりました)
[PR]
by luehdorf | 2010-11-08 01:37 | | Trackback | Comments(8)

虫ヘンでなく魚ヘン(黒いダイヤが幸運を運んできた)

2週間ぶりに日曜が休めた。
朝、ふと目が覚めるとキッチンで物音がする。起き出すとパートナーが、「天気もいいみたいだからでかけようよ」と…。異存はない。急いで朝食を済ませ、テルモスにコーヒーを満タンにして出かけた。
茨城県日立港。先々週、蕎麦屋を探しながら車を走らせていて、釣り人の姿を見つけたから立ち寄ってみたら、ハゼが結構出ていた。旬の魚を天ぷらで…、という思いがあった。
餌を調達して9時前に着いた。晴れて気温が上がり風もない。水揚げ場の船溜りは家族連れでいっぱいだった。車を置いたところの先で浮き釣りをやっている方に、「脇で出させてもらっていいですか?」と尋ねると、「どうぞ」とのこと。幅3~4mで前に投げるしかないが仕方がない。
早速準備にかかり、1本目を20mほど先に投入。2本目を準備しているとパートナーが椅子を抱えてやってきた。「あったか過ぎるかも…」。彼女は完璧な冬支度でやってきたのだ。仕掛けをつけながら竿を見ていると小さな当たりがある。「揚げてみて」。軽く合わせをくれてリールを巻くと、「何かついてる」と…。12~3cmのメゴチが揚がってきた。天ぷらタネに最適でしょう。
4本の竿を距離を変えて放り込んだ。陽気がいいのに当たりは遠い。小ハゼが時たまかかり、長く置いた竿にはカニがついてくる程度。パートナーは暑さに耐えかねて車の中に避難してしまった。
11時前だった。餌代えをしていると、脇の浮き釣りの方と話をしていた人が、「左端の竿が当たったよ」と…。見ると、追いの当たりがない。「ハゼでしょ」とか言いながら餌を変えた方を投げてその竿を手にした。軽く合わせてみると、重い。あおってからリールを巻くと寄ってくる。竿先のしなりの大きさに、「アイナメか?」と…。「いや、首振らないですよ」。
水面の糸が横に走るのを見て予感がした。果たして姿を見せたのは平らなヤツだった。脇の人たちが「ヒラメだ!」と騒ぐ。目見当で30cmオーバー、ハリスの太さから抜き揚げはできない。「タモありますか?」と聞くと、「ない」と言う。「済みません。車から持ってきますんで、竿をお願いします」。浮き釣りの方にキープを頼んで車へダッシュした。血相を変えたボクを見て、パートナーは何事かと…。「でかいのが…」とだけ言ってリアゲートからタモを出し、伸ばしながらもどる。周りから人が集まって覗き込んでいる。「済みません!」と叫んで間を分け水面を見ると、針がかりしたまま悠然と泳いでいる。「行きます」と言うと、ゆっくりと岸側に誘導してくれてスッポリとタモに収まった。
やはりマコガレイだった。針を外してバケツに入れると真っ直ぐに収まらない。居心地が悪そうに体をくねらせると尾が叩く水が舞い上がる。遅れて駆けつけたパートナーは「こんなのが!」と驚いている。周りでは「こっちも頑張らなきゃぁ~」と熱が入り始めた。
その後、浮き釣りの方のカツオの切り身に25cmほどのと、パートナーが底を引きずっていて「木っ端」をと、ボクらのところで3枚が揚がった。
帰宅して測ってみると、36cmにちょっと足らずではあったが、自己記録を更新した。これまでの最高は32cmである。(我が家の最大はパートナーが釣った34cmなのだが…)
出かける前に名古屋のⅠさんから「黒いダイヤ」を頂いた。これは絶対にその「ダイヤ」がもたらした幸運なのだ。
「黒いダイヤ」、大切にしなくっちゃ。そして、Ⅰさん、ありがとうございます。
e0100711_1361076.jpg

追記:片身は早速刺身で食べました。ウマかったです。縁側もソゲクラスのヒラメよりもたくさん取れ、これも最高でした。
[PR]
by luehdorf | 2009-11-09 13:08 | | Trackback | Comments(8)