カテゴリ:未分類( 4 )

ベランダ園芸

 初めはギフチョウの飼育のため、山採りのカンアオイやウスバサイシンの鉢植えをつくる必要があったからだった。そのうちにハーブに興味がいき、ラベンダー、セイジ、タイム、ミントなどの種を買ってきては蒔いた。前の住まいが南向きだったため、夏の暑さにやられるものが多く、結局は、ローズマリーとスペアミントそしてスウィートバジルのみを残した。あまり熱を入れなくなったのにはもう1つ決定的な理由があって、「ガーリックチャイブス」という新しい名前を見つけて種を蒔き、そいつが大きくなったら「ニラ」だったから…。そうだこいつも一鉢残ってた。
 その後は種は買わずに、食べたときに出る種を蒔くようになった。そうやって鉢になっているのが、清見オレンジ、高知の文旦、ポンカンなどの柑橘系と唐辛子、そして冷蔵庫の隅っこに落ちていたムカゴから育ったヤマイモである。実生の柑橘類は、台になる苗でも買ってきて接木をしないと花をつけないと思うのだが、暖かくなって、新芽をぐいぐいと伸ばす姿を見るのは楽しいものだ。そのうちに東京にも侵入しているナガサキアゲハでも呼んでくれないかと期待もしている。
 いまもっとも多いのが「パンダカンアオイ」で、これは栃木に住む学生時代の後輩が、「葉っぱがでかいから飼育に便利だヨ」って言って、3株くれたのを増やしたものだ。3,4年株分けをしていないので、ずいぶんと込み入った鉢やプランターもあるから、何とかしてやろうと思うのだが、忙しさにかまけてほっぽらかしたままになっている
 以前、千葉に遊びに行ったとき、姉崎の県道沿いの園芸店に「カンアオイ」って書いてあるのを見つけて覗いてみたら、1株2葉にきちんと仕立てた「パンダカンアオイ」が、1鉢8,000円とか1万円で売られていた。自分のところに何株あったっけ、と思いながら見ていると、店の主人が「安くするよ」って声をかけてきた。「あっ、いやっ、うちに30株ほどあるから…」って言ったら、「何にするんだ?」って聞く。「チョウチョの餌」と答えると、「これを虫に食わすとは罰当たりだ」って叱られた。車に戻ってその話をすると、パートナーは、「どんどん増やして売ってあげればいいじゃない」だと…。彼女の言では、「チョウチョは金がかかるけど、カンアオイは金になる」。なるほど一理ある。
 先日、沖縄のシークワーサーを一鉢手に入れた。あとは、実生で1年育て、冬に大事にしすぎて根腐れさせてしまったアーモンドを、もう一度種からやるか苗木を手に入れるかだけだ。
 物言わぬ鉢植えとのつきあいも、色々と手をかけてやることで育っていくのを見る楽しみがあり、妙に忙しくてささくれ立った気分を癒してくれるものでもある。これからの時期の扱いは、来春の新芽時の喜びにつながる。せいぜい気張って手入れをしてやろう。
[PR]
by luehdorf | 2006-11-18 00:39 | Trackback | Comments(0)

イヤァな世の中

 朝のワイドショーを見るともなく聞いていると、児童の指導に自信を持てなくなった若い女教師が自殺したとか…。親が「子育てもしたことないくせに…」とか色々突っ込んでたらしい。でも、これってはっきり「イジメ」じゃないの? 子育てしたことのない女性が小学校教員になれないんじゃ、小学校教員はみんなババァがやれってこと? 大体今の親御さんたち、ホントに自分がやってきた子育てに対し、きちんとやれたって自信を持って言える人が何パーセントいるの? ガキンチョたちの生態観察をすれば、そんなことはっきりしてるよ。
 高校生になっても挨拶ひとつきちんとできない。ほんのちょっとの時間でも座り込んでしまう。所構わずものを食い、挙句に包みや何かをふっ散らかしていく。
 ボクは昔の横丁のガンコ親父が好きだから、目に余れば言わしてもらってる。昨年の出来事だったけど、本屋で本を探して歩いてたら正面から来た高校生が寄ってくるんだ。こっちがよけたのに何の目的か肩をぶつけてにらんで来た。すかさず外に引っ張り出して、「お前さん、S高校だな、その制服は」って先制パンチをかまして、「ちょっと学校までつきあえよ。人にわざとぶつかって喧嘩売るようなこと教えてんのか聞いてみたいから」と言ったら、そいつも顔色が変わったけど、もう一人いたのが半泣きになって「すみません!」だと。分もわきまえないことをやる若いのが増えたよね。
 面白くないことがあったら、周りに人がいないかどうかを見て足元の石っころを蹴飛ばせばいい。じゃなけりゃ、腕立て伏せと腹筋を100回ずつやればいい。こっちなら体も鍛えられる。
 こんな世の中だから何があるか分からないんで、あんまり口出すなって言う人もいるけど、どうにも我慢できないことってあるんだ。義務を分からないやつ、最低のマナーもないやつ、そんな人間を育てたのは誰なのさ。「親は子の鑑」って言ったっけ? でも「子どもも親の鏡」で親をちゃんと写してるもんだ。「親バカ」は許容範囲だけど「バカ親」は許せない。
[PR]
by luehdorf | 2006-10-26 02:07 | Trackback | Comments(2)

何てこと?

 仕事をしながらニュースを聞いていると知った名前が…。横領容疑で逮捕だと。人は見かけによらないと言うが、とにかく驚いた。また仕事場の同僚Ⅰ氏に、「ハッシーと縁の切れたところは危ないよネ」って言われそうである。そうこれで3件目。最初は脱税、2度目が詐欺紛い、そして今回。オレって危険を察知して逃げ出すネズミなのかな?
 今回の彼は結構親しく話もした関係だ。いつの間にか独立したとかで姿が見えなくなって、久し振りに見たのは連行されるとこ。ちょっと哀れさを覚えた。C型肝炎を患っているとか言っていたから、ヤケになったのかな。
 無事に出ておいで…。
[PR]
by luehdorf | 2006-10-12 13:21 | Trackback | Comments(4)

お初に…

 1964年10月10日、今日と同じように良く晴れた土曜日だった。体育館のマットの上を転がっていた午後、「始まるぞ!」と声がかかり、ボクらは視聴覚教室に走った。台の上に乗せられた大きな木の箱の観音開きの戸が開けられると、初めて見るカラーテレビがあった。スイッチが入れられ、ほどなく鮮やかな映像が映し出された。
 東京オリンピック開幕。
 42年前のこの祭典は、ボクの生き方に大きな影響を与えてきた。だから今日、自分の思いのたけをつづる場を設けようと決めた。時には素面で、そして時には酔眼で、色々なことを書き記していく。チョウチョに関しては「採り屋」の観点から、上っ面だけの「自然保護論」に噛みつくことが多くなろうが、それに対する批判は先刻承知。どんな意見も受け止める覚悟である。
 銀塩の一眼レフしか持たぬ身ゆえ、映像の貼り付けなどはこれから追々考えていくつもりで、とりあえずの発車ということで、ご挨拶がてら…。
[PR]
by luehdorf | 2006-10-10 19:52 | Trackback | Comments(0)