擬態は…?

 ある日突然「あれ?」と感じた。擬態に関してである。
 擬態は、生物が他の生物やものに似せた色彩や形態を持つことによって身の安全を図るものであるとされていて、コノハチョウが木の葉の色や形に似ているような「隠蔽的擬態」などが例に挙げられている。あとは「ベーツ型擬態」、自身は毒性も何も持たないのだが、毒性を持っていたり食べるとまずい味の他種に似たものとなることで、捕食者からの攻撃を避ける意味があるのだとか…。この場合、真似される方をモデル、真似る方をミミックと呼ぶようである。そして「ミューラー型擬態」、毒性を持っていたりまずい味の異なる種が似通うことで捕食者の学習(こんなのは食えないという)の効果をアップさせるのだと…。
 「ミューラー」の場合は納得できる点もあるのだが、「ベーツ」に関して「待てよ?」となった。
 まず、ミミックが食われることで捕食者が学習するなら、モデルはミミックの個体数よりもやたら少なくなければならないはずである。もしも逆ならば、捕食者は「こんなにうまいもん…」とか思って、どんどん食われる羽目になる。たまにミミックに当たっても、「あっ!ハズレだった」くらいにしか思わないだろう。ちょうど飲み屋でシシトウの焼いたのを食っていて、辛いのにブチ当たって「うわぁ、当たり!」とか叫ぶボクらと同じように…。
 そうするとミミックの個体数はどうしたってモデルの10%にも満たないところで抑えられなければならなくなる。これって種の繁栄と言う点で有利なのだろうか?
 さらには、ミミックの分布にだって影響してくるのではないだろうか。ミミックはモデルの生息地を離れたところでは擬態の効果が得られないはずだからである。昨今、生息地を北に拡大しているツマグロヒョウモンのメスも、カバマダラに擬態しているというような記述を読んだことがあるが、いまのツマグロの北上のスピードはそんなことを気にもしてないような…。
 最大の疑問は、被食者側がそのように捕食のプレッシャーを軽減するほうに進化していったのに、捕食者にはまるで進歩というものがなかったのか?という点である。すなわち、被食者の変化に伴って捕食者が「これは食える。これはダメ」と見分ける目をもつように進化をしなかったのはなぜなのかということである。
 別に捕食者である鳥などの立場を弁護するわけではないのだが、今の論調では捕食者が余りにアホみたいに感じられて仕方ない。
 ボク自身は、ニッチ(生態的地位)を同じくするものの形態や生態が似通っていく、収斂(収束進化)のなせる業であると思いたいのだが…。
[PR]
by luehdorf | 2009-02-04 15:55 | チョウなど | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : http://himegi.exblog.jp/tb/9539216
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nomusan at 2009-02-04 21:46 x
ベーツ型擬態の場合って、捕食する方の分布とされる方の分布との関係ってどんなんでしょうね? 日本で考えるとツマグロヒョウモンの分布とカバマダラの分布で重なってるのは沖縄だけですよね。けど、捕食する野鳥は沖縄で見ようが本州で見ようが「こいつはあかんで。」って事になるのでしょうかね~・・・。
Commented by luehdorf at 2009-02-05 00:29 x
呑むさん様
実は「捕食者はミミックとモデルを見分けるように進化しないのか」と言う点は、20年ほど前の池田さんとの「箱根富士屋ホテル大浴場談義」で提示してるんです。
「そういうところは『ネオ・ダーウィニズム』じゃ説明できないんだよな…」と構造主義の本を書き始めていた彼は言いました。
じゃぁどうするのか?という点の示唆はありませんでした。
この数年、ツマグロヒョウモンが幅を利かせるようになって、ますます「ベーツ型擬態」の本質って…?と考えさせられています。
カバを食ったことのない本州の鳥が、ツマグロを見て「コイツはヤバイんだよ…」って思いますかねぇ?
それと沖縄でのカバとツマグロの個体数って、カバの方がやたらと多いんでしょうか。これまでおいでになった経験から、ざっと感じたところでいいのですが…。
Commented by nomusan at 2009-02-05 06:10 x
あくまでも私個人の、限られた経験内での話しですので、これは参考にはならないと思いますが・・・。まず、沖縄ではカバマダラよりスジグロカバマダラの方が数的には多いと思います。時期にもよるのでしょうが、カバマダラはあまり見た記憶がありません。で、ツマグロヒョウモンですが、実は私は沖縄(八重山を含めて14~5回行ってますが)ではほとんど見た記憶がありません。奄美大島ではカバ、ツマグロを同時に見たことあるような気がしますが・・・。
Commented by nomusan at 2009-02-05 06:17 x
すみません、スジカバの分布は八重山諸島だけでした。分けて考えるべきですね。
Commented by luehdorf at 2009-02-05 16:09 x
呑むさん様
ありがとうございます。
かつてどこかの大学の入試問題にあったんです。
「ベーツ」の場合には、モデルの個体数がミミックの個体数よりもやたら多くなければ捕食を忌避する学習が成立しない、と…。
そして、ツマグロの翔び方って他のヒョウモンとちょっと違いますよね。一見マダラ風、Neptisにも見られるかな? パタパタ、スーっていうグライディングを多用してますよね。
これもいわば「行動擬態」と見ることができるんでしょうね。
でもやっぱりボクはオープンな草原をニッチとする連中の行動の「収斂」と考えたくなるんですよ。
また飲んで考えなくっちゃぁ(爆)。
Commented by 野次馬 at 2009-05-18 23:40 x
最近出版された「擬態の進化(大崎直太著)」には、ツマグロヒョウモンとカバマダラはミューラー型擬態で、ツマグロヒョウモンは単独でもドクチョウだろう、とありますね。それと、シロオビアゲハのように、メスの一部しか擬態してないベイツ型擬態種は、擬態型と原型は等価で、擬態の効果は失われている、と書いてありますよ。
Commented by luehdorf at 2009-05-23 00:30
野次馬様
レスが遅くなって申し訳ございません。
ご教示ありがとうございます。

ツマグロが単独のドクチョウ、こいつに関しては「ホームセンター北上説」を強硬に主張するボクにとって、譲れない一線が…。
食草とするスミレの仲間にはアルカロイドが含まれていない!なんです。

>シロオビアゲハのように、メスの一部しか擬態してないベイツ型擬態種は、擬態型と原型は等価で、擬態の効果は失われている…。
これがまさに「擬態」というのが「観念」の産物であるという証では…?
偶然似ただけなんですよね…。
Commented by 野次馬 at 2009-05-25 08:52 x
スミレを食べるツマグロがドクチョウの可能性の根拠、4点。
(1)パンジーはビリオンという神経毒があるので毒草だそうです。
(2)スミレは花がきれいなので山菜の天麩羅に添えられているそうですが、苦いそうです。
(3)鹿の食害被害が問題になっている春日山などではスミレは逆に増えているそうです。
(4)ツマグロの幼虫って黒地に赤い線がはいっているでしょう。あれって、味の悪い種の特徴の、警告色のように見えるけど。
Commented by luehdorf at 2009-05-25 22:38 x
野次馬様
スミレを食ったことがあり、パンジーの花がエディブル・フラワーであることを読んだことがあるので、葉や茎にアルカロイドを含むことは知りませんでした。ご教示ありがとうございます。
属名の“Viora”からの「ヴィオリン」なのでしょうね。
そうであれば、ツマグロとカバマは「ミューラー」の定義に当てはまりますね。
ってことは、スミレを食う他のヒョウモンとの「ミューラー」も…?
(3)に関しては、スミレが増えていることが果たしてスミレが食われていないことなのかどうかの検証はなされているのでしょうか?
ボクは食害によってスミレの生育に適した陽当たりのよい場所が増えたことはその要因にはならないか。葉が地べたに沿うように生えるスミレは食いにくいから食べ残されたのではないか。というようなことも考えます。ですから、「苦味」があるから食われないんだというように結論づけるのは早計な気がします。
もし、苦味だけで忌避されるなら、フキやヨモギだってそうでなければ…。
Commented by luehdorf@再び at 2009-05-25 22:39 x
↑(4)は冗談でなくうまいかまずいかは分かりません。ただ、ウチのベランダの野生スミレを食っていたツマグロの幼虫はヒヨドリに食われてました。(我が家のベランダは鳥たちの良き摂食場のようで、柑橘類にたかるアゲハの幼虫も、終令になるとしっかり食われてます)
鳥の採餌を見ていると、結構何でも食べている感じがします。「擬態」に関する本かなんかに、何かの幼虫を食って、吐き戻している鳥のイラストを見たことがあるのですが、そんな場面をホントに観察したのかなぁ~とも…。
ただ、ボクの最大の疑問は結論部にあるように、「捕食者が『食える食えない』を見分けられる方向に、なぜ進化しなかったんだろう?」ってことなんですが…。
Commented by 野次馬 at 2009-05-25 23:17 x
不味いか不味くないかって、相対的な問題だそうです。不味いから吐き出す。食べたから不味くない、っていうのではないそうです。食べたけど、不味いからもうやめておこうとか、他にうまい食べ物がないからまた食べた、とか。私は酒飲みだから、出された酒は飲むけど、自発的に飲みたい酒と飲みたくはない酒があります。それと一緒で、ツマグロはいれば食うけど、探してまで食いたい餌ではないとか。その程度でも、被食の忌避効果があるとか。
 捕食者が食えるか食えないかを見分けられる方向に進化しなかったのは、動物は学習と記憶という探索方法を獲得したからではないですか。すべてが本能という形で刷り込まれるよりも、学習と記憶が生きて行く上で、より便利なので進化したのでしょうね。
<< 人生いろいろ…かな? 陸中「自殺」騒動 >>