その後

 池田さんの仕事が一段落したのを機に、ボスが「カミキリを採りに行こう」と号令をかけた。当時注目され始めた桧枝岐へだという。しばらく虫採りをしていなかったから、ボクは一も二もなく、「行きます」と言った。しゃくりとルッキングだというから長竿さえあればいい。
 出発のとき、車は3台なのだが、みなボスとYさんの車に行き、Tさんの車へ乗るという人がいない。Tさんは「ハッシー!オレの車に来いヨ」と言う。Yさんと池田さんが「おぉ、Tの車の方がいいだろな」とニヤニヤしながら…。訳は後で分かる。
 まだ東北道はできていない。R4を北上し、宇都宮、今市経由で栃木・福島県境の中山峠を越えるルートである。県境付近はダートだった。
 R4から宇都宮に入ってすぐに、ボクらが遅れ始めた。出発するときにロードマップを渡され、「分岐の指示をしろよな」ってことだったので、こちらは市街地に入るとマップと道路の表示とを見るのに忙しい。ある交差点にかかったとき、「次を左です」と言ってマップに眼を落とすと、体が左に振られる。「いま右に曲がりませんでした?」と言うと、「左だよ」と言ってハンドルにかかっている右手をかざす。愕然とした。「それ右ですよ!」、「あっ!」でUターン。Tさんはサウスポーで右と左の認識がいいかげんだったのだ。恐らく「箸を持つほうが右、茶碗が左」で仕込まれたのだろう。
 こんなことが2、3回続けばどうやったって遅れる。Yさんと池田さんの「ニヤニヤ」の意味が分かった。一計を案じたボクは、右のときには目前に手を出して「そっちです」、左のときには「こっちです」と言うことにした。何とか現地にたどり着いたとき、先行していた人たちはタバコを吸いながら笑い転げていた。落ち着いていれば大丈夫なのだが、とっさのときに間違えてしまうのだとか…。
 宿は湯の花温泉。ここをベースに採り歩くのだという。製材所脇の貯木場でのルッキングは、チョウチョ採りに比べれば楽な採集であった。木の上を這うヤツを手づかみにしたりネットに落とし込んだり…。Tさんはボクと反対側で、「おいハッシー!、よく見てろよ。翔んで来るんだから…」。
 1つ採るたびにTさんのもとへ行き、「これ何ですか?」。自分の持っているヤツだと一瞥してあっさりと答えるのだが、持っていないヤツだったりすると、「何でお前にこんなものが採れるんだよぉ~」っと叫ぶ。それが面白いからこっちも必死になった。だってカミキリは初めてでも、ネットを振るのはTさんよりずっと長くやってるのだから…。
 夕方遅くまで採り歩いて宿に戻り、温泉に浸かると食膳を前に当然のごとく飲み会である。ボクは「腹が減っては戦ができない」タイプなので、ご飯を食べながら酒を飲んでいた。するとYさんが、「お前、よくメシを食いながら酒を飲めるなぁ。こういうときはおかずを肴にして酒飲んで、締めにご飯と味噌汁ってもんだョ」と言う。「でも、腹が減ってたら酒もうまくないですよ」と答えると、池田さんが「こうすりゃ両方楽しめるだろ」とご飯の茶碗に酒を注いだ。「どっちも米ですよね」と「酒漬け」をかっこんだら、「こいつホントの酒飲みだ…」とYさんがあきれていた。
 虫採り、酒、温泉と最高のものが3つパックになった2泊3日はとても楽しいものだった。もっともボクのカミキリの標本の9割方はこのときの採集品である。初めてでいわばメッカのようなところへ行き、簡単にさくさくと採れるものだから、以後カミキリ採りを「楽なもの」となめてしまったからだ。
 東京へ戻ると、池田さんは論文の執筆、ボクは室内実験のデータ整理が始まった。
[PR]
by luehdorf | 2007-12-24 22:58 | チョウなど | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://himegi.exblog.jp/tb/6991780
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nomusan at 2007-12-27 23:06 x
う~ん・・・面白いし、懐かしい気分です。
本格的に蝶を始めた頃、とにかく採集に行くことが楽しかった。
採る蝶採る蝶ほとんどが初めて見る蝶で・・・。

あの時の鮮烈な感激をもう一度味わってみたいなぁ・・・・。
Commented by luehdorf at 2007-12-28 00:17
nomusan様
獲物を見つけてダッシュする。昔と違ってその距離が短くなっていることに愕然とする。息が上がってしばらくの休憩でまた眼を凝らす。
息が戻っていないときには「出るな!」って念じてます。
春になると新しい出会いがあり、また気持ちが高ぶりますよ。
Commented by カトカラおんつぁん at 2007-12-28 16:19 x
オオゴマシジミを夏に採りに行ったら、本当に息が上がりました。尾根に駐車場があって、そこから谷底まで歩きを余儀なくされ、着いた
時には、もうばてばてでして、オオゴマシジミがあちこちに飛び回るのを見て、斜面を駆け上がろうと自分では思っているのに、脚が動きませんでした。結局は、岸のところで待っていれば大して苦労する必要がなかったのにと帰り道に気付いた次第でした。でも、あの興奮がいいんですよね。
Commented by luehdorf at 2007-12-28 22:28 x
カトカラおんつぁん様
御意にございます。
さんざっぱら走り回ってよく見ると、「アレッ? あそこなら楽だったのに…」って…。
見えたらそこまで走るって、ムシ屋の本能なんでしょうか?
Commented by カトカラおんつぁん at 2007-12-28 23:03 x
ハッシーさま
 読み返してみたら、ハッシーさんがせっかく書いた本文ではなく、コメントにだけ反応してしまい、反省です。
 虫採りドライブのところなんか、まるでコメディ映画のシーンを見せられているようで、思わずにんまりしてしまいました。私も昔は、白いランクルに乗せられて、小国町までチョウアカ採りに行ったことを思い出しました。私の町からは2時間以上、揺られてお尻がすっかりいたくなったりもしたりして。でも、着いてチョウアカの幼虫を見れば、その疲れも吹っ飛んでしまいます。あの頃は、まだ、町の天然記念物にも指定されていず、のどかなものでした。住宅地のすぐそばなので、人様の家の横を入って、洗濯物の陰のデワノトネリコ(だと思います)のあたりをうろうろ。でも、別の場所では、新潟の虫屋がわずかに田んぼの脇でしこたま幼虫をしばいていたので、何とか全部を採っていかないように頼み込んだりもしたものでした。今では、小国に行っても、チョウアカのいたあの住宅には足を向ける気もなく、10年以上。もう、小国は、虫採りよりも太いワラビやしどけなどの山菜採りです。なんか、また虫から脱線してしまいました。妄言多謝。
Commented by luehdorf at 2007-12-30 00:36 x
カトカラおんつぁん様
なんのなんのでございます。
小国のチョウアカ、'71年の「月刊むし」に小国温泉の記事が載っていたのを見て、東京から夜行で出かけました。
温泉の前に写真通りのトネリコはあるものの、幹は削ったあとだらけ…。それ以外に情報を持ち合わせていないものですから、傷心のまま帰途に…。切符は「東京→新津→小国→米沢→福島→東京」とループで買ったので、夕方遅く福島に出て、高校の同級生と駅裏で痛飲、そのまま夜行で爆睡して車中二泊の旅が終わりました。
今一度チャレンジしたいと思っています。
>田んぼの脇…
そうなんですよ。田野畑の生息地も同じような所で、高さ1,2mの木でした。そういうやつを探せばいいんだなぁ。よし!
Commented by カトカラおんつぁん at 2007-12-31 17:36 x
チョウアカは、もう小国で採るのは難しいと思いますが、小渡というところでは、圃場整備かなんかで田んぼが整地されて、以前に居たところが壊滅したようです。まだまだ探せば居る可能性は否定できませんが、夢はもっていたいです。新潟のは、市場に出回っているので、そこそこ居るんでしょうが、どうせならば、小国で見つけたいですね。私は副産物でウラキンの幼虫採集を楽しませてもらいました。林のなかで、葉っぱの裏に付いている幼虫を見つけるのは面白かったです。今年も終わりですが、楽しく読ませていただき感謝です。来年もよろしく。
Commented by luehdorf at 2008-01-01 00:07 x
カトカラおんつぁん様
まばらな更新しかしないBlogへのおつきあい、誠に有難うございます。
夏になると立派に葉をつけるデワノトネリコが何ともかわいそうですので、チョウアカあるいはウラキンを今年こそはまとわせてやりたいと思っています。貴重な情報をいただき感謝に堪えません。
おんつぁん様にとって今年も良き年となりますよう…。
本年もよろしくお願いいたします。
Commented by カトカラおんつぁん at 2008-01-01 15:01 x
あけましておめでとうございます。
ウラキンは、07年に蔵王の麓で60頭も採った仲間がいるので、
近くのコバノトネリコの林で採卵してみようかと思っています。うまく見つかったら送ります。
Commented by nomusan at 2008-01-02 09:34 x
遅くなってしまいましたが、
明けましておめでとうございます。
ぼちぼち17連荘の明ける頃でしょうかぁ?
今年もよろしくお願いいたします。
Commented by luehdorf at 2008-01-03 01:15 x
カトカラおんつぁん様
明けましておめでとうございます。
年末も年始もないという因果な仕事をしておりますもので、やっと1日の息継ぎを得ました。この後また忙しくなるのですが、ギフを始めとするチョウチョを採るための準備と考えれば楽しいものです。
今年も色々とご教示のほどお願いいたします。
Commented by luehdorf at 2008-01-03 01:22 x
nomusan様
本日(2日)昼過ぎ、若いのが一人戦線離脱。最後まで元気よく毒を吐きまくっていたのはみな50代でした。ホントに強い!
このパワーをギフの出始めからベニヒカゲの時期まで持続させようと思います。
従って、今年も叱咤激励のほどを…。どうぞよろしく。
<< 牌積む日々(1) そして… >>