秋…

 世紀末の話題で喧しかった年の春、タバコを一服しながら、「あ~ぁ、こんな日に『ギフ』を採りにいけないなんて…」と嘆息すると、斜向かいの席にいたヨッシーが、「ねぇ、房総の『ルーミス』のポイントを…」と話しかけてきた。「えっ、ヨッシーもチョウ屋?」と問い返すと、旭川の奥さんの実家に帰ったときにオオイチに出会って再燃した「復活組」であるという。自分で行ったことはないのだが知ってる場所があることを伝え、翌週に地図を持ってくることでその日の話は終わった。
 これよりも半年余り前、T教授からの「怪しい」誘いの電話があった。この方、「一種一箱」を標榜しており、飼育も半端じゃなくおやりになる。そのために山へ行けないもんだから、折に触れては電話があり、「何か採れてますか?」となる。静岡・芝川のギフから採卵し、蛹化させた蛹も20ほど献上させられた。まぁ、また珍しいのをいっぱい出したから「どうだ!」ってな自慢話だろうと出向くと、真新しいドイツ箱を抱えてニコニコと、「ルーミスですよ。全部採集品ですけど」と見せびらかす。その他、庭のミカンについた幼虫から出したクロアゲハの無尾型などが出てきて、話が一段落した。「そうだ、お茶でも…」と彼が中座したものだから、ルーミスの標本箱を手にとって、ラベルを見てみた。「○川市×生」の地名が読み取れた。そこへ戻ってきた教授は、「ダメだよ!5万円なんだからね」。仲良しの「有名な」方から5万円で買い取った産地情報なのだという。でもほんのちょっとの盗み見で産地は分かった。
 帰宅して道路地図を当たり、見当をつけた場所の地形図を手に入れた。仔細に見てみると、ゴルフ場があって、その奥に聞いたことのある地名を発見した。「これだ!」。この情報を翌週にヨッシーに流した。
 暑い夏が終わった頃、ヨッシーが小さな三角紙を3つ取り出して言った。「昨日行った。バッチリ、ピンポイント!」。嬉しそうに笑っていた。電車を乗り継ぎ、駅からポイントの往復はタクシーを奮発したと言う。お土産にもらった初めてのルーミスはとってもきれいだった。
 その後、ヨッシーからは様々なリクエストがあり、知ってる限りのポイント情報をマップつきで流したが、みんなうまくいったものだから、週1度の仕事場での顔合わせの際は、中年オヤジのチョウ談義となる。周りの若い衆も、初めこそ「何なのこの2人?」っていう感じだったが、最近は「こんなの見たんですが?」とか質問してくる。それをオヤジ2人があれこれと聞いて、「~だろうね」となる。昨年は「ツマグロヒョウモン」のことで大いに盛り上がった。そこで出たのが我が「ツマグロ人為北上説・園芸店編」で、M君は翌日の日曜日にホームセンターに行き、園芸コーナーのスミレ類のポットに群がるツマグロを確認して、「いやぁ、卓見ですね!」。
 休みが合わないため、一緒の採集行はしていない。「いずれのんびりと…」が我々の口癖となっている。
 そう、今年もルーミスのシーズンだ。 
[PR]
by luehdorf | 2007-08-31 13:19 | チョウなど | Trackback | Comments(20)
トラックバックURL : http://himegi.exblog.jp/tb/6376635
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by たにつち at 2007-09-03 23:09 x
そろそろ季節なんですね~
空振り2回で、実はまだ会ったことのない未撮影のチョウです。
今年こそは・・でも、しばらく行けなさそう。11月にがんばろうと思ってます。
Commented by luehdorf at 2007-09-04 17:42 x
今年はデッシーが行きたがっているので、10月になったら出向こうかと…。
Commented by カトカラおんつぁん at 2007-09-06 19:05 x
はじめまして。宮城の蝶の話題を楽しく読ませて
いただいています。
ツマグロヒョウモンの話。たしかに宮城でも数年前に
採集されたのは、蔵王の山の中で、驚きました。でも、
そこはパンジーなどを大量に植えたガーデンのある施設
でした。ハッシーさんの推測通り、園芸種がらみの移動
して持ち込まれた個体が発生をしたものと思われます。
じつは、私が小学生の頃にも宮城でツマグロが採れた
ことがありました。迷蝶が一時的に棲みついたものだ
ったようで、その後追加記録はありません。近い将来
普通に採れるようになるのかも。ウラギンシジミは、
すっかり定着し、記録も北上して仙台市の北でも採れ
ています。ムラサキシジミも少ないですが、県南では
採れています。温暖化のせいなのでしょうね。
Commented by luehdorf at 2007-09-07 00:34 x
カトカラおんつぁん様
よくおいで下さいました。
ボクは岩手の一関で生まれ、中2の秋から高3まで小牛田(現美里町)におりました。中3の春から、Sというよきチョウ友を得、主に仙台以北を中心に動いておりました。今はスギが伸び放題に伸びた、加護坊山の山頂付近はヒメギフの楽園でした。早稲田大学の池田清彦教授が修士論文のためのフィールドとしたのが彼の地でして、母の一周忌の際、訪れてみましたが見る影もありませんでした。東に行った涌谷町の箟岳辺りにはまだ採れる場所があるのではとも思っているのですが…。
Commented by カトカラおんつぁん at 2007-09-12 23:01 x
luehdorf さま
ヒメギフの話。加護坊山は、私が高校生の頃にはオオウラギンヒョウモンが産する山として有名でしたね。それから、クロミドリシジミもですか。きっと、クヌギの巨木が残っているんだろうなあなどと想像しているだけで、足も無いので出向く迄には至りませんでした。何年か前に訪れた時は、クヌギは少し残っていたのに、オオウラギンはおろか、めぼしいものはいないただの山になっていたようで残念な記憶が残っています。池田先生にゆかりの山とは意外でした。池田先生の本は面白いですね。
いまの宮城のヒメギフは、仙南では盛り返しているみたいで、けっこう採れるようになっている印象です。私は、去年、メスを捕まえて強制産卵させ、大量飼育でえさの確保に大わらわの毎日を送り、春先にはたくさん羽化させました。越冬させるテクニックを山形のYさんから教えてもらっての成果でした。でも、やっぱり自然のなかでみるヒメギフが最高でしょう。写真で撮るより網で採りたい気持ちが残っている内は、あちこちほっつき歩いて新産地を開拓したいです。
Commented by luehdorf at 2007-09-13 09:54 x
カトカラおんつぁん様
更新もしていないところへ…。ありがとうございます。
加護坊のオオウラギンはSが熱心に探していました。(ボクの方はその時期、器械体操に忙しく、彼から報告をもらうばかりでした)
そんな頃、「石巻工業の1年生ですごく頑張ってる子なんだ」と紹介されたのが寒沢正明君でした。ボクが東京に出てからは、彼らは結構色々と動き回っていて、箟岳でクロミドリの採卵に成功しているみたいです。
2人はその後、トンボにも手を広げてなかなかの実績を残しています。寒沢君の名を聞くたびに、ネットを捨てたSの事が思い出されてなりません。
池田さんのことは今度書いてみます。
Commented by カトカラおんつぁん at 2007-09-23 16:59 x
luehdorfさま

3連休でもどこも出かけず、家にいます。寒沢さんの話も懐かしいです。

今は東京にお住まいのようですが、浅間とか長野にもすぐに行けそうで羨ましい限りです。私も今年はアサマシジミの幼虫を買い求め飼育したのですが、孵化率が悪く
20のうち2つしか羽化させる事が出来ませんでした。私の飼育下手のせいもあるのですが、売りもとの方も孵化率が良くなかったと言ってました。ここ数年は、蛾よりも蝶の採集のほうが面白くなり、出発点に戻ったような感じです。オオゴマシジミも複数採集できたのも今年の最高の思い出になりました。来シーズンは、アサマシジミやミヤマシロなどを採集に出かけていきたいと思っているのですが、どうなりますか。房総のルーミスも良いですよね。軟弱者の私は、ついペアで買ってしまいいちおう箱に並べてはいますけど。阿武隈山地のウラジャノメや特異な顔しているというキマダラヒカゲなども興味はあります。

そう言えば、宮城もヒヌマイトトンンボも最近はさっぱり話を聞きません。福島の北部、松川浦ではけっこう見られるようです。トンボではこの松川浦はヤンマの仲間の珍品が見つかって、ブームになっています。
Commented by luehdorf at 2007-09-26 00:26 x
カトカラおんつぁん様
更新をサボっているところへのお出でには恐縮するばかりです。
当方も22,23日と仕事があり、どこへも出ておりません。
今年はヤマビルが大発生しているそうですので、房総へは来月に行こうと思っています。
アサマシジミは白馬で幼虫を探したのですが、よく知られているところでは全く見ることができませんでした。採集者を目の敵にして追い出した結果、踏みつけのストレスがなくなって、エビラフジを駆逐するかのように他の植物が生えていました。他の場所でエビラフジを見つけましたので、来年はそこで探してみます。
浅間山系の某所はおんつぁんの仰るアサマシジミ、ミヤマシロがまだ健在です。教育登山やハイカーの少ないウィークディにミヤマモンキをちょっと摘む際、両種もお土産程度に摘んでます。
何度か書いたことなのですが、徒に「採ることは悪である」とばかり叫ぶ「特定種保護のグループ」の主張には素直に頷けないボクは、ささやかな抵抗をしていますので、お出でになるならどうぞご連絡ください。

松川浦のヤンマの珍品ですか…。カレイを釣りに行きたかったけどこっちにも食指が動きます。
Commented by カトカラおんつぁん at 2007-09-28 18:53 x
しつこくてすみません。根がおしゃべりなもので、ついつい書きたくなると抑えがききません。どうぞ気になさらず、無視してください。時間ができたら、お相手してください。
 ということで、勝手に独り言を続けてしまいます。ずうっと蛾を
集めて喜んでいたのに、ここ数年は先祖帰りで、蝶採集に戻ってしまいました。えせ保護者のたわけた言い分に、むっとしているのは私だけではないのですね。自然保護などと調子のいいこと言う某大学のO教授(宮城では悪名高い先生。岩手大学です)などは、自分がしこたま採集して、その後に採らせないように、保護地域に指定してしまうそうです。本気で保護するなら、完全にその土地全体を何かで囲んで、門番をおいて、出入りを見張るくらいしないとダメですよね。指定だけして何もせず、ゴルフ場だ、住宅団地だと人間の都合に合わせて開発しても平気な顔しているのが、ほとんどでしょう。町の記念物指定なんかも、指定のしっぱなしですね.
長くなってしまいました。妄言多謝。
P.S たしかに松川浦のカレイは美味です。店のおばちゃんたち
    は図々しいこと限り無しですけど。
Commented by luehdorf at 2007-09-28 23:48 x
いえいえ、ボクはこういうお話におつきあいするのが大好きな性質でして…。無視することなんぞできません。
岩手大学のO先生って、チョウアカの岡○先生はもうちょっと…、ですし、宮城農業短大から移られた小○先生だってとっくに退官されてる年だし…。別の方ですよね?
それにしても、テメェが採ってあとは採らせないって、とんでもないことでして、公務員の風上にも置けません。
燃えてきたなぁ。その保護地域とやらに出向いてちょっと摘んでみたいです。
ボクの根底は、希少種だからとか固有種だからといって選択的に保護すべきではない。自然は移ろうものであるから、そこで何らかの要因で滅びてしまうことは仕方のないことなのだ(これって「仏教的観点」ですかねぇ?)というスタンスです。
ボクらが悪あがきしたって自然の力には勝てないんですもの…。その自然をコントロールしようとする思い上がった思想は断固粉砕すべきと思っています。
考えをまとめる暇がないのでブログの更新が滞ってますが頑張ります。叱咤をよろしくお願いいたします。
PS 図々しいけど筋子の処理の方法は的確に教えてくれました。(笑)
Commented by カトカラおんつぁん at 2007-09-29 08:47 x
お言葉に甘えてまたまたお返事しちゃいます。
宮城からきた教授ですよ。話が古くてすみません。退官前の話
でした。まあ、勝手な保護指定をしたかどうかの真偽のほどはおいとくとして、そんな噂が飛ぶこと自体、もって他山の石としたいものと私は考えていますが。我思うに、焼石のベニあたりでしょうか。
環境が変わらないように見えても、居なくなる蝶はいるもので、私の町でもヒメシロなどは、その典型です。今は、気仙沼まで行かないと宮城のヒメシロにはお目にかかれなくなりました。福島では、
まだけっこういるようで、会津若松周辺に出向いて、9月に見てきました。ただ、ここも草刈りが始まっていて、私が居た時も、おじさんが機械で土手の斜面を刈っていました。あそこのヒメシロたちの卵や幼虫は風前の灯火状態でした。仏教的観点…私も同感です。
P.S たしかに筋子の処理法は難しいですよね。我が家でもハラコ飯を家人がつくっていますが、私にはとても出来ません。(笑)
Commented by luehdorf at 2007-09-29 23:26 x
あの方だったんですか!
宮城から岩手に移られたのが、ボクが東京に出てきてからだったので全く聞こえてきませんでした。ヒヌマイトのSはあの方の弟子なんです…。この件で兄弟子に勝手なことをやられてネットを捨ててしまったもんですから何も聞かしちゃくれませんでした。(でも彼はまだ押入れの中に加護坊のヒメギフをびっしりと1箱持ってるはずです。あとは田野畑のチョウアカ、これは飼育品ですけど…)今度田舎に帰ったらちょっと訪ねてみようかな。
焼石のベニは本峯はともかく経塚山山頂なんか避暑に来たアカトンボより翔んでましたけど…。我がサークルのF、H、O、Tという「鬼採りカルテット」が3桁も採るんで、「展翅板どうすんだろう?」って言ったら、脇のSuが「展翅板に合わせて採るんじゃなく、採った数に合わせて展翅板を用意するんですよ」って…。驚きました。2日後の早池峰でもこの調子でしたから…。30余年前の思い出です。
草原性のチョウについてはよそに書き込んだんですが、人の手が加わらず環境に変化も見られないのにパタッとチョウチョが消えてしまうのを経験しています。彼らの生息にマイナスになる何らかの要因が自然に生じているのではないでしょうか?
Commented by カトカラおんつぁん at 2007-09-30 07:07 x
懐かしい話題で、ついつい書きたくなってしまいます。
加護防山のヒメギフ、田野畑村のチョウアカ。私は高校生時代で金も泣く、他県遠征は夢のようなはなしでしたから、もっぱら県内を攻めるしかなく、珍品よりも普通種狙いでした。外国のを買うなんてもってのほかでしたけど、今や平気でトリバネやシボリアゲハを並べている始末です。
早池峰山のベニは、監視がめっぽう厳しく、ネットは振れませんでしたが、焼石は本峰を尿前のほうから登って、たくさん採ってきました。夏湯温泉には蛾で行ったんですが、経塚には登りませんでした。経塚山にもたくさんいたんですね。当時は規制も何もなく、歩いた汗の分だけ極楽が味わえたのですから本当に良い時代でした。
私のまわりにもオニ採りする名人がいて、私が10採るとき、100採ってくるくらいすごかったですが、私も山菜採りの時は
そんな感じでどうにも歯止めが利かなくなります。両手で抱えて
下りてくる最中にも、見たらまた採るみたいな…。そんなに食べたいわけじゃないのに、手がのびてしまうんです。狩人のDNAのなせる業みたいなものなんでしょうね。では、また。
Commented by luehdorf at 2007-10-01 16:58 x
カトカラおんつぁん様
良き日々を思い出すのも楽しいことです。遠慮なくお越しください。
早池峰がそんなに厳しくなったのは’90年代になって〔らですか? ’88年に、「ハヤチネウスユキを見てホヤを食おう!」という飲兵衛3人のツアーをやりまして、河原坊→頂上小屋→平津戸→宮古と2泊3日で周りました。そのときは頂上周辺で5,6頭捕まえ、写真も採ったのですが、居あわせた地元の人たちには何も言われなかったものですから…。このときは非常に天気がよく、夜、3人で一升瓶を抱えて頂上に行き、飲みながらはるか太平洋にきらめく漁火を見てました。ボクは運がいいのでしょうか、3度登って3度とも夕映えの鳥海山を見ています。
焼石はもう一度(夏油からはアプローチが長いのでツブ沼から)行ってみたいですね。
因みに和賀岳も同様に「採り屋」には厳しいところになっているのでしょうか?
Commented by lカトカラおんつぁん at 2007-10-01 19:11 x
和賀岳についての情報は持っておりませんが、規制の網からははずれているんじゃないでしょうか。推測で聞かないのですが。
あと、あの辺のピークでも採れる山はあったと思います。山形の方の報文で、紹介されていたのを読んだような記憶があります。ちょっと入れない山奥ですから、出かけようにもなかなかですが。
早池峰山は、厳しいのが高山植物の盗掘で、私が下山の時にもラジオで捕まった人のニュースが流れていとのを覚えています。山頂で酒盛りしながら、採ったというのは豪快な話ですね。今はもう実現が難しいように思います。
バニヒカゲも飯豊や鳥海のも欲しいのですが、体力を考えるともう登れないので諦めています。飯豊の石転沢なんかだと頑張れば行けそう気もしますが、テントかついで、縦走しないとダメとなると無理ですよね。宮城じゃ逆立ちしてもベニを無理なので、他県に行くしかないのですけどね。房総のルーミスは出かけたのでしょうか。
Commented by luehdorf at 2007-10-01 21:54 x
カトカラおんつぁん様
鳥海は仕事場に出入りしていた「チョウ屋モドキ」が山形へ行くと言うので、「鳥海スカイラインを走ってりゃベニが採れるかも…」って言ったらホントに採ってきたんでビックリした記憶があります。当人の言に依れば、「いっぱい翔んでましたよ!」。
月山はボク自身が行って牛首辺りでずいぶん採りました。和賀岳は登りに強い若いのがいますのでちょっと刺激してみます。飯豊は後輩のFが言ってましたがキツいそうですね。朝日のほうが楽かも…。
ルーミスは中旬以降になりそうです。
Commented by カトカラおんつぁん at 2007-10-02 19:42 x
鳥海のブルーラインでの採集の話は、はっしーさんのひとことが無ければ、きっと採ってこなかったでしょうね。けしかけることは大事ですよね。触媒と言うか起爆剤と言うか、虫屋はそれがあれば、猟犬のように走りまわれるものです。
東北のベニに関しては、焼石のまわりにも甲山という割と低い山でも採れるように書いてあったのを覚えていますが、私は出かけていないので何ともいえません。若手の元気の有る方にけしかけてみてください。(笑)和賀岳でも行くだけでも大変な場所ですから。
朗報を待っています。
Commented by luehdorf at 2007-10-02 22:53 x
カトカラおんつぁん様
「けしかけ」、得意技です。
昔、母子家庭であるため「野遊び」などを教えて欲しいと頼まれ、小3から浪1まで色々と遊んだ子が居ました。自転車とチョウチョを教え、中2になる前の3月下旬に、「ギフチョウが採れてるよ!」って石砂山を勧めたら、板橋から石砂山を自転車でもって1日で往復しちゃいました。何人か大人のネットマンにあって、東京から自転車で来たってことに驚かれ、ポイントを教わったそうですがヌルでした。
ご褒美に3週間後、新潟の巻町へ連れて行ってたっぷり採らせてやりました。
大学に入ったとたん、バイクにはまり、チョウチョよりもヒトのペアリングの方が面白くなったみたいで…。
あいつも今年30かぁ…。
デッシーをそそのかしてみるか…。登りがやたら強いんです。ただ方向感覚が悪いのが玉にキズで、羊蹄山で危うく…ってことがあったんです。
Commented by カトカラおんつぁん at 2007-10-07 09:17 x
またまた、懐かしい松島の福浦島のアオスジの話題で、読んでいて本当にそうだったなあと思い出しました。私の町では、隣町との境にある館山というてっぺんでアオスジを採っていました。春型は、止まらないので、ヒメジョオンなどの花にきたのを採るしかありません。夏型はヤブカラシにくるので、比較的楽勝だったのですが、幼虫を見つけるのが簡単で飼育もしました。なかなか翌年までキープして羽化させるまで至らずでしたね。実は今もアオスジを蛹まで飼いまして、いくつか蛹になっていますので、今度こそ羽化させてみようと思っています。
鬼怒川でツマグロキチョウを採ってきました。河川敷にはコマツナギもたくさんあったのですが、ミヤマはもう姿を消していました。シルビアシジミは、さくら市で採集禁止にしていることがネットに出ていました。千葉県のシルビアシジミもかなり珍品のようですが、ハッシーさんはミヤマやシルビアなどは採りに行く事はないの
でしょうか。
Commented by luehdorf at 2007-10-08 19:01 x
カトカラおんつぁん様
いまだにアオスジを見るとときめいてしまいます。北のムシ屋には「南」を感じさせてくれますよね。
ブルーズは土曜日の仕事の合間にヨッシーとの間で話題になるのですが、お互いに老眼がきつくなって「小さいのの展翅には拡大スコープが必要だよね」というところに落ち着き、なかなか腰が上がらないのです。でも鉄兄いイがコマツナギを一鉢送ってくれましたので、いずれ飼ってみようかと思っています。
<< 青の閃光 酔眼で斜めから見てみた… >>