「ほっ」と。キャンペーン

東京脱出

いきなりの梅雨明け、そして連日の猛暑。
連休に入る前日、飼育係が「今度の火曜日は仕事?」と。「先週で一区切りついたから休みだよ」と答えると、「涼しいところで少しのんびりしてこようよ」。
松本行きが決まった。土曜日曜とがんばって仕事を半分ほど片付け、月曜早朝に出発。
飼育係の指令は「とにかく涼しい所を選んで走れ」。
連休の最終日の下りはガラガラだから、山梨県警の覆面にだけ注意して須玉ICからR141へ入り、八ヶ岳東麓を北上する。
松原湖方面に入り、R299に合流して麦草峠へ。
e0100711_2331732.jpg

ここの『麦草ヒュッテ』は暑さに耐えかねたときの日帰りの避難場所である。コーヒーを飲んだりアイスクリームを食べたりして2、3時間うだうだして涼風を楽しむ。8月になれば庭先をキベリが舞うし、裏の斜面をウロウロすればベニヒカゲもいるのだが、こいつを採るにはちょいとばかり人の目が…。
今回は目的地が先だからスルー。でも山歩きの人たちがやたら多く、有料駐車場は満杯で、無料の公共駐車場は車があふれて路上駐車まで。
蓼科、白樺湖経由で霧ヶ峰へ。考えることは皆同じなのだろう。ここも混んでいて、小屋で休憩しようにも駐車待ち渋滞が起きている。松本まで一気に走り、松本城近くの喫茶店で一息ついた。
結局その後は宿に入り、風呂とお酒。
翌日、涼しい中でさわやかに目覚めた。飼育係は前夜寝ついてから朝まで、全く目を覚ますことなく眠ったという。「久しぶりに熟睡できた感じ…」。前日までのゲッソリした様子が嘘のように消えていた。
雲がかかっていたので朝食後に少しのんびりして出発。「まだ太陽が出てないからいいよね?」。おいしいコーヒーを飲みたいとの新たな指令。最近はまっている『コメダ』はあるのか? 市街地を走って、趣の良い店でコーヒブレイク。
窓際の席で空を見上げていると、雲が切れて太陽が顔を見せ始めた。やっとこちらの時間である。
「そろそろ…」と声をかけ、GWのヒメギフポイントを目指す。途中、ゴルフ場との分岐でオオムラサキのオスが道路脇を低く滑空している。飼育係も気づいて「あんな低く翔ぶんだぁ」。
ヒメギフポイントを通過してさらに登り、尾根道に入って目的地着。
e0100711_23525151.jpg

ヒメヒカゲがいいのではと思ったのである。
駐車スペースから西を望めば北アルプス。
e0100711_23574081.jpg

4,5年前、台風の通過後に寄ったとき、見事な景観に驚いていると、監視員のオッチャンが「こんなにきれいに見えるのは年に数回。ほんとにいい時においでになったね」と。
頂上から東には諏訪湖。
e0100711_001055.jpg

この諏訪湖側の斜面に10年ほど前に入ってずいぶんといい思いをした。
西にはいないのだろうか。遊歩道を下ってみる。木道の両側の草原ではウラギン、ナミなどのヒョウモン類が乱舞している。
灌木が陽を遮るところで飛び出したのがウラジャノメ。
e0100711_031040.jpg

これ結構好きなチョウチョだから、もっと寄ってと思ったら、元気よく翔んで逃げていった。暗い林内を翔ぶときのあのダラシなさがない。
黒っぽいのがいるからよくみるとコヒョウモンモドキ。
e0100711_072974.jpg

よさそうな場所なのにヒメヒカゲは全く見られないので東へ転身。
斜面を下って草をかき分ける覚悟をしていると、途中の道に落っこっている何かのウ〇コで吸汁してるではないか。
e0100711_013483.jpg

行き交う方々が「あらこんなモノを食べてる」とか眉をひそめるものだから、地べたに這いつくばるのがはばかられ、遠くからそっと…。
よく見るとそこらをペタペタと結構翔んでいる。前回、斜面上は湖から吹き上げる風が強く、舞い上がってはすぐに静止するというヘタレな部分を見てしまっているので、元気よく翔んでいるのを見ると、ちょっと意外な気がした。
とにかく周辺で…。
e0100711_0205619.jpg

e0100711_021227.jpg

e0100711_022212.jpg

裏展する気持ちがよぉ~く分かる。金色がかった裏面の派手さに比べ、表の何と地味なことか。
車からネットを持ち出したい衝動が湧いてきたのでストップ。
結構色々遊べて楽しかった。
帰途は塩尻峠側、R20へと下る。コンクリートを張った壁にエルタテハがくっついていたので、これは3つほど採らせてもらいました。
国道へ出る間際、オオムラサキの路上吸水を目撃。ずっと手前で見つけ「アレッ?」と言うと、「何か大きいのがいるよね」と飼育係も認識。10mほど手前で停車し、近寄ってみたらオス。ボクの影に反応して舞い上がり、道路に沿って下って行った。
ゴマダラでは見たことがあるがオオムラサキでは初めて。そうとう暑かったんだろう。

時間が早かったので高速を使わずに「道の駅」巡り。東京に帰り着いたのは21時過ぎだったが、ずいぶんとリフレッシュできたみたいで一安心である。
[PR]
by luehdorf | 2013-07-18 00:05 | チョウなど | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://himegi.exblog.jp/tb/20812090
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nomusan at 2013-07-18 21:22 x
いや、これは素晴らしい休日でございましたね。
飼育係さまに心身ともにリフレッシュして頂いて・・・・
その上で、こんな素晴らしいポイントで撮り&採り・・・
流石はルーfさま、お見事です。敬服いたします。

それにしても・・・・・ウラジャノメ、コヒョウモンモドキ、ヒメヒカゲ・・・・
軒並みもう15年くらい見てなくて・・・撮りたい蝶のオンパレード・・・・。
うう、ここ行きたい(笑)。

確かに、信州の草原で見たヒメヒカゲは、中国地方の湿原で見た
ヒメヒカゲに比べて、元気だったような記憶がありますね~(笑)。
Commented by luehdorf at 2013-07-19 02:20 x
呑むさん様
天気と時期に恵まれました。
飼育係、以前は一緒に山道を歩くこともあったのですが、C型肝炎のインターフェロン療法とその後の甲状腺機能亢進症でずいぶんと疲れやすくなりました。
ですから、今回のようなときは正に“短期決戦”で、車横付けポイントを狙うことになります。

眼状紋系、8月にギャング共と入笠辺りに出向くことになっておりますので、赤いのとか翅に筋の入ったやつなんかを期待しているのですが…。
Commented by itsuki at 2013-07-20 07:35 x
素敵な休日をお過ごしですね~~
涼を求めて ついでに美味しいモノを食べて・・・・おまけにチョウまで採集できて・・・・
言う事無しのお出掛けですね~~~
Commented by luehdorf at 2013-07-20 16:01 x
itsuki様
いろんなことをやって楽しく過ごしました。

ちょいと調べたら、高ボッチのヒメヒカゲは採集禁止種ではないみたいです。(条例とかの規制枠はないみたい…)
どうも地元の“善良(?)な”自然愛好家(と自称する)連中が、「貴重な種だから…」ってなことを言ってジャマをするみたいですねぇ。そういえばよくある『看板』おの類もなかった。
第一、ウ〇コにたかっているのを見て通りすがりの方々は、怖いものでも見つけたように迂回してました。
「これ長野ではこの辺りでしか採れない、いわゆる『貴重な』チョウチョなんですよ」って言ったら、どんな返事が返ってきたでしょう(笑)。

私感では、以前よりも楽に(斜面を登り下りする必要がないので)見られるようになっていた気がしました。
Commented by 通りすがり at 2013-07-21 01:39 x
> ちょいと調べたら、高ボッチのヒメヒカゲは採集禁止種ではないみた> いです。(条例とかの規制枠はないみたい…)
もうちょっと調べたら如何ですか?まあご存知の上で書かれているのでしょうが・・・ 反論があるのならこのコメントを削除してください。
Commented by luehdorf at 2013-07-21 02:47 x
通りすがりのお方へ
>反論があるのならこのコメントを削除してください。
反論は堂々とすべきだと思いますので…。

なぁ~るほど、県の指定だったのですね。不覚にも存じておりませんでした。申し訳ございません。

私見ですが、草原依存の種というものは、草原自体が遷移の過程の一局面にあるゆえ、生息地の消滅と共に消えていかねばならないものと思っています。
ですから、それをヒトの手によって無理矢理に維持しようとするのはとても『不自然』なことなのではないかとすら考えています。

ヒメヒがあそこに残ったのは、開発の手が伸びなかったとか、また諏訪湖との関係であの斜面の森林化に何らかのブレーキがかかっているのではとか、いろいろと考えております。

ボクの興味はチョウチョの消長よりもその原因が何なのだろか?っていう方向に向いてきているものですから…。

バリバリのカーソニストでしたが、’80年代後半、二次林の発達で田舎のヒメギフ産地がボロボロになったのを見て、「自然は変化するもので、それをヒトの手でどうにかしようとするのはヒトの思い上がりだ」と宗旨替えをした身です。
Commented by K.M at 2015-08-30 19:25 x
突然意味不明のコメントです

飛島 山形県
<< 見~ぃつけたぁ! ラミーカミキリとおまけ >>