「ほっ」と。キャンペーン

ゼフ勘なしか?

毎週火曜日、1か月かけたがクロミドリの影は全くなし。時間に追われながらの帰途、道脇の小さなクヌギを叩いてみたらアカが翔び出した。
何とか証拠画像を…。
e0100711_1356385.jpg

その前、周辺をうろうろしていると田んぼと休耕農地があった。
休耕農地ではヒョウモンが翔んでいた。
ウラギンスジ。
e0100711_1359364.jpg

そしてウラギンの吸蜜。
e0100711_140345.jpg

「富士には月見草が…」と言ったのは太宰であったか。アザミにはヒョウモンが似合う。
面白かったのは、休耕農地の南縁はウラギンスジばかりで北はウラギンばかり。
こいつら「すみわけ」てるのか?
あとはホントにン十年ぶりに出会ったハラビロ君。おぉ~い同輩!
e0100711_14428.jpg

こちらは黄色が明るかった。若いのだろうか?
e0100711_1443485.jpg


おまけは玄関前の壁に止まってたこれ。ウンモンスズメだと思うんですけど…。
e0100711_147887.jpg


明日はこれまで通りに「あそこ」へ行くか、ラミーも考えて大菩薩方面に行くか。
最後まで迷いましょう。
[PR]
by luehdorf | 2013-07-01 14:08 | チョウなど | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://himegi.exblog.jp/tb/20735333
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nomusan at 2013-07-04 21:10 x
おっと、出遅れてしまいました。
で、まずは・・・蛾は詳しくありませんが、これはウンモンスズメでよろしいか、と・・・。
おりませんでしたか、クロミドリ・・・・。ええ雰囲気だったのですが・・・。

ちなみにウラギンスジヒョウモン、九州で一番”珍”なヒョウモンかもしれません(笑)。
Commented by luehdorf at 2013-07-05 10:39
nomusan様
どうもうまくいきませんでした。
でも懲りることなく周辺も探ってみるつもりです。

林を抜けてオープンな所に出ると、ヒョウモンの楽園になっています。
始めのころはミドリヒョウモンが多かったのですが、ウラギンやらウラギンスジやら…。
田んぼ脇の水路に沿ってトンボも多く、久しく見てなかったハラビロは一生懸命追ってしまいました。
<< 次はいよいよ… 荒川に沿って… >>