「ほっ」と。キャンペーン

小淵沢周辺…

火曜日朝、天気が良くなってきたので車で出ることにした。週末まで集中工事なので混むことは承知。仕事場の周辺の探索をメインに…。
まずはよく樹液の出る『ご神木』が3年前に見事に切られてしまった場所へ出向いた。何も翔んでいない。そのまま車を進め、飼育係がいるときなら「そんな狭いところは入らないでよ」と当然言われるようなあたりへ。案の定、先が狭くなって行き止まり。慎重にバックし、ちょこちょこ切り返し、方向変換し終えて車を止める。
こんな木が目についたから。
e0100711_10324.jpg

少し細めだけどいわゆる『台木』で、新枝の元の部分には樹液が。7月になったら。
お休み前のミドリヒョウモンが翔び回るのだがファインダーに入ってくれない。
道の脇に積んである材に黄色のトンボが止まったので、ハラビロかな?と思ったら違った。
e0100711_16194.jpg

叩いたり覗いたりしているうちにタイムアップ。
仕事場の東、小さな川の脇の斜面をパルが翔んでいた。先週よりも数が多い。オスはずいぶんと痛んでいて、片側の後翅がほとんど欠けているものまで。昼近くで気温が上がったため、活性が高くて全く静止する気配を見せない。ちょうどいい機会だから翔んでるところを狙ってみた。
銀塩のときの、ファインダーを覗いたままでの流し撮りの方が楽だった気がする。明るいところではモニターが見にくいのだ。今度はメガネを外し、ファインダーを覗いて試してみるか。
とにかくN様のおっしゃる「押すべし、押すべし」を実行し、何とか見られるのがこれ。
e0100711_1173490.jpg

まだまだですね。
今の時期、ハリエンジュ(ニセアカシア)が真っ盛り。これ、天ぷらにするとうまい。我が家では川沿いに見えるこの花を見つけると、「天ぷらだ!」と言うのが決まりになっている。揚げているとき、揚げ油から立ち昇る香りがまた素晴らしい。
道脇のヤツに近寄って。
e0100711_1214088.jpg

黒いアゲハ類を見たかったけど果たせず。

来週は夕方まで時間を使える。入笠に入ろうと思って、小黒川林道の状態を伊那の市役所に問い合わせると、崩落の状態がひどいので上からも下からも入れないのだと。
仕方がない、釜無川とその支流域でどこか探してみよう。とにかく天気になぁれ。
[PR]
by luehdorf | 2013-05-24 01:27 | チョウなど | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://himegi.exblog.jp/tb/20541050
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by itsuki at 2013-05-24 07:48 x
へぇ~・・・・・
ニセアカシアの天麩羅ですか・・・・今度試してみよ~~♪
最近外に出る機会が少ないので花の時期もすっかり忘れています
そろそろneoが羽化する頃かなぁ・・・・来週はneoを見に出かけてみます
Commented by nomusan at 2013-05-26 15:11 x
これはええ雰囲気の場所ですねぇ~。
7月の大きな成虫もですが・・・・緑に光らない・・・・ミドリはどないでっしゃろ(笑)?

ニセアカシアの天麩羅?思いもつかないお話しでした。
世の中、知らないことが多すぎます(笑)。
Commented by luehdorf at 2013-05-28 00:10 x
itsuki様
山菜系、天ぷらが一番だと思います。高温の熱に通すことでアクとりの必要がなくなりますから…。
ニセアカシア、一度お試しあれ。長野ではシーズンに、一皿3,4本で¥500~600ですよ。
明日は初めての所をちょいと探索してきます。
Commented by luehdorf at 2013-05-28 00:16 x
呑むさん様
>緑に光らない…
実はボクも一番にそれを考えました。6月、雨さえ降らなければ叩いてみましょう。
ここは仕事場までも近いですから、ぎりぎりまで粘れますし…。
“西の風”、ずいぶんとブランクがありますので、カンを取り戻すためにも徹底的にやりますよ。
どれくらいの種類が見られるかなあ。
Commented by K.M at 2013-06-01 17:59 x
まだ、上からも下からも入れないんですね。残念です。
<< 自然には勝てない… 撃沈+α >>