「ほっ」と。キャンペーン

オレンジ不発…

先月末、鉄兄ィから連絡があり、仕事の後に出向いた。
「やっぱりクモツキを飼育したいんだけどどうにかならないかなぁ?」。
10年ほど前に過労から眼をやり、また体力的にも不安を覚えている鉄兄ィは、フィールドへ出るのを控えて飼育に血道をあげている。
自らのネットワークを駆使して、ダレがこんなのを持ってるの?と思えるような産地のモノを飼っている。そして自分のところの食草のキャパシティを超えると、こちらにおコボレが回ってくる。と言うよりも、『コボス』ことを念頭において入手しているようなのである。今回は、まだ来ていないが、まぁGの仲間のひとつ(日本海の向こうのヤツ)の打診があった。
そんな話があればこちらも動かざるを得ない。手近なところで入笠を目指した。R158で釜トンネルの手前の梓川沿いなら確実な所があるけれど、飼育係同道での日帰りはちと辛いからである。(まぁ、ここは、来年以降、夜立ちでの強行軍あるいは1泊2日で行かなければならない所ではある)
入笠はこのところ「マイカー規制」がかかっている。調べてみると、GWの前から土日と祝祭日、7月以降は8月末まで毎日である。これが富士見からのメインルートでのことなのである。
そこで青柳から入った。この金沢林道、高遠あるいはR152方面からの林道とぶつかるまでダート道なのである。しかし、以前、GWの末期に下ってきたときに、ヒメギフがブワッと湧いてきてしばらく遊んだ記憶がある。今回は違った。T字路を左折して頂上へ向かおうとすると、ナビシートの飼育係が「ヒメギフじゃない?」と左を指差す。そう、車の前を道路右の伐採地の方へ翔ぶヒメギフが…。路肩に車を寄せて飛び出すと、カラマツの疎林の中へ元気にはばたきながら消えていった。
でも当初の目的は『オレンジ』なのだからとにかく上を目指す。そしてゲートの前に着くと、2年前と同じ看板が…。帰宅していろいろ調べてみると、相当にひどい崩落であったらしく、現在のところ、歩いて通過するしかないのだとか…。とすれば回り込んで旧長谷村(現伊那市)側からアプローチするしかない。日曜日だから工事は休んでいるはずで、行ける所まで車で突っ込み、そこから歩くことも考えたが、飼育係からストップがかかって断念。遅めのヒメギフ探索にシフトした。
まずは牧場の北門まで戻り、その脇の斜面に入った。いつも下から吹き上がってくるので、斜面を下ってサイシンを探す。傾斜が急になって両足だけでは支えられなくなる辺りまで下がるもなし。もっと下なのか。そこから30mほど下は枯れ沢になっていたが…。
登り返すと、道路に出る辺りに翔ぶものが見える。「あぁ、いる…」と駆け上がってネットをかぶせると、大分スレたオスだった。リリースすると、驚いたように斜面を下っていき、枯れ草色の中で静止して日向ぼっこを始めた。1時間弱粘るもこの1頭だけ…。
場所を変え、初めに目撃した地点に戻って周辺を探索。最近盛んに伐採をかけている所のようで、ずいぶんと開けている。作業路に沿って下りながらサイシンを探すが見当たらない。発生地は別の所なのか?まぁ、ここも来年のGW後半にでももう一度…。

行きのダートコースの途中にカモシカが立っていた。車に驚いて斜面に駆け上がってこちらを見ている。
e0100711_094916.jpg


これはサルオガセの成長途上か?
e0100711_0111819.jpg


帰途、いつものように立ち寄った温浴施設での帰り際、ロビーで立ち番をしているオネェちゃんが大騒ぎをしていた。ハチが入ってきたと言うのである。
この時期でしかも夜だから、そんな大騒ぎをすることでもないと思って見てみると、ハチなんかではなくカミキリ。
ほうきを持ってこさせて叩き落すとキマダラカミキリ。「もらっちゃうよ」と言って手づかみして携帯灰皿に放り込もうとしたら「刺されますよ」と…。「だからぁ、ハチじゃなくてカミキリムシ」と言って顔を上げると、事務室との境の扉の所で若いニィちゃんが顔色を変えている。「えっ?K君もムシがダメなの?」と聞くと、情けない顔をして「ダメなんです」。
「何があったって、お客さんをそっちのけにして自分たちがパニくっちゃダメでしょ?」と言うと、恥ずかしそうに頷いたものだった。
[PR]
by luehdorf | 2012-05-29 00:25 | チョウなど | Trackback | Comments(17)
トラックバックURL : http://himegi.exblog.jp/tb/18076786
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by itsuki at 2012-05-29 07:46 x
ムムム・・・・オレンジですか~・・・・・
憧れのアレですね!
1度でいいから見てみたいですねぇ~~(涎)^^^^
あわよくば・・・XXXしてみたいなぁ~~~
でも・・・1人で入笠山に行くのも自信ないし・・・・・
過去に一度「大雪」の雪渓が残ってて苦労した事があるので相性がわるいんですよね・・・・・
Commented by luehdorf at 2012-05-30 23:45
itsuki様
そう!アレです。
’02年の6月に1ペアを採ったのが初でして、その後“柳の下のドジョウ”を狙うもことごとく空振りです。
鉄兄イとも1度出かけ、2人がかりでハタザオを徹底チェックして見つけた卵も、みんな普通のツマキでした。

小黒川の林道、上からのルートをふさがれると、伊那の方から攻めるしかないのですが、中央道で岡谷を越えて行っても、諏訪から杖突峠を抜けていっても1時間以上余分に見なければならないので…。

旧南安曇村の梓川沿いは、今でも確実に成虫そして卵が採れるはずです。
根性を入れ直そうかと…。
Commented by nomusan at 2012-06-01 20:26 x
オレンジですかぁ・・・・・。
今でも出会ったその少ない回数をすべてそらんじてる私です(笑)。
そして、そもそも”復活”の引き金になったのがこのオレンジ・・・。
そのときは見れませんでしたが、その2年後に・・・・。
ん?と言うことはもう18年見てないのか・・・???
見たいですねぇ~・・・。
Commented by luehdorf at 2012-06-02 18:34 x
呑むさん様
’02に入笠で採るまでは、梓川流域でいろいろやっていました。
あるとき、後輩のFが環境庁から腕章をもらって上高地に入っていましたので、彼の調査を手伝いながら教えてもらったのが卵の形状。
確かにスジグロやツマキよりもずんぐりとしていて…。
入笠ではまだこの“ずんぐり”に当たっていないのですよ。
記憶が薄れる前に“ずんぐり”を見つけたいものです。
Commented by K.M at 2012-06-04 06:38 x
伊那から登るのが私のメインルートですが一昨年キベリに会おうと行ってみたら工事してて通れませんでしたw
合法的なクモツキはかなりの消耗戦を人生計画単位で強いられるんじゃないかと 思っていますが、登山の技量があがって定年後も規制が厳しくなってなければトライしたいです。
Commented by luehdorf at 2012-06-04 10:08 x
K.M様
伊那側からどこまで入れましたか?
上にあった看板には「4km地点…」とありましたので、クモツキで皆さんがよく入る、通称“南沢”の上辺りと見ていましたが…。
数採りはともかく、道路がきちんとすれば車横づけのできる入笠は、難易度そしていろいろな鬱陶しさのない点からお勧めです。
その次が梓川沿い(ここでは細かくポイントを書けませんが…)でしょう。
どちらも山歩きのアルバイトがほとんどありません。
Commented at 2012-06-04 20:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-06-04 20:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by K.M at 2012-06-04 22:50 x
小学校を過ぎて、川沿い走り対抗車線がなくなって一本道になったところにこの先通行止めって書いてあって、それでも進んで行ったら2kmぐらいで駄目でした。
Commented by luehdorf at 2012-06-07 22:40
非公開様
基本、長野はご禁制ですね。
でも、あそこは皆さんずいぶんとオープンにやってますよ。

長野の県条例、「高山蝶」って言ってるんですけど、そもそも「高山蝶」ってどう定義されてんの?ってなもんでしてね。

クモツキは確か、松本市内の梓川河畔、標高300mくらいの所で採れた記録があるはずです。「高山蝶」なのかなぁ~(笑)。
Commented by luehdorf at 2012-06-07 22:47
K.M様
通行止めを過ぎて登っていくとき、小黒川を渡ったでしょうか?(登り始めは流れが右のはずです)
恐らく、小黒川を渡って流れが道の左になってすぐの辺りでダメになっていると思います。
それなら、青柳側から登って牧場の門の看板を無視して下がっていけば大丈夫かも…。

夏に確認に出向きます。
Commented by K.M at 2012-06-08 12:08 x
渡ってないです。
流れは上流に向かって道の右でしたよ。
だだ、ダンプカーの往来が沢山あって、本当に工事してた感じだったので、もう治ってるかもしれません。
ただ、期待してわざわざ行って通行止めはこたえましたw
Commented by luehdorf at 2012-06-09 12:23 x
K.M様
ありがとうございます。
それなら南沢より下流での崩落だと思います。

いま上にある看板は一昨年のままですから、崩落の規模が大きくて工事がまだ続いているのだと思います。

下から工事車両が上がっていって工事しているのであれば、上のゲートを無理やり通過し、テイ沢との出会い(この辺りは車のUターンができますから…)まで行き、あと2kmほどを歩くという作戦も…。
Commented by K.M at 2012-06-11 11:40 x
アプローチ困難=荒れてない でチャンスかもですね!
崩落を繰り返すのもまた環境としていいのでしょうね。
Commented by luehdorf at 2012-06-15 17:18 x
K.M様
遅くなって申し訳ございません。

おっしゃる通りチャンスかもしれません。
ハタザオは先駆植物で、荒れた後に真っ先に進出するからです。
以前、南アルプスの産地が台風でグチャグチャになったとき、その後2,3年して豊作になったこともありますから…。
夏にロケーションをしっかりとし、来年にかけてみましょう。
オニよ笑え! です(笑)。
Commented by itsuki at 2012-07-16 07:45 x
季節も変わりました・・・・・

そろそろ「新ネタ」の更新を~~~(笑)




Commented by luehdorf at 2012-07-20 00:56
itsuki様
了解いたしました(笑)。
<< やったね! 一関市釣山公園 >>