甲州ヒメギフ

ヒメギフチョウ、宮城の実家からほど近いところで初めて採ったのが’67だった。
今はリンゴ農家をやっているSと、高校に進学したという昂揚感から、何のあてもなく自転車を走らせてたどり着いたらそこで翔んでいたのだった。
驚きもあったが、「こんなにもあっさりと採れるものなの?」という感が拭い去れなかった。そんな訳でヒメギフはたやすいという思いがあり、この30年余りはギフ一辺倒になっていた。
しかし世の情勢は“ギフ採り”には何とも愉快でない状況になってきてしまった。そして、あぁじゃ、こぉじゃとうるさく言われるのも気に食わないものだから、この数年は松本近辺でヒメギフと遊ぶのが常になった。
先日、長野からの帰りに思った。「甲州のヒメギフはまだ手をつけていない…」。
増富、櫛形山など有名どころの名は一応知ってはいたが、他はどうなんだろう?以前にどこやらで、「甲州のヒメギフは標高1000ンm以上の林道が…」とかいうのを見たことがあり、地図を見てみた。
合点したことが一つ。旧牧丘町から西、増富にかけては2000mクラスの山(金峰山など2500m超)を挟んだ北側が長野県。特に牧丘の北の川上村はヒメギフの濃厚な産地ではないか。ならば山の南側のこちらにだってベタにいてもよさそうなもんだ。
とりあえずは増富の東の木賊峠に東、すなわち甲府側からアプローチしてみようと思った次第。

結論を先に述べると、結果はnull。しかし、木賊峠の手前の観音峠への道すがら、地元のチョウ屋と思しき7、8人の集団がネットを拡げていて、話を聞くと「まだ出ている」と…。そして上述の「…標高1000ンm以上の林道…」説を確認すると、「ああ、それは言えるかも…」と…。
来春以降の楽しみがひとつ増えた。
さらに、越冬のキベリタテハを大分見かけた。切通しの陽当たりのよい斜面のある所はもちろん、大菩薩や入笠で“当たり場所”だった「橋」でテリを張るのも3ヶ所ほどで…。
昇仙峡の奥の“奇岩”の景色が気に入った飼育係が「また来ようよ」って言ってるから、キベリの盛期に出向こうかと思っている。

実は今回、不精をして地図でのルート確認をしっかりとせず、ナビを利用しようとした。これが失敗の元で、“おまかせ”にしたら、やたらと高速に誘導したがる。それに逆らって“リルート”を繰り返していたら、こんどは轍はあるものの道の真ん中には丈の高い草が生えている(明らかに1年近くは車が通っていない)道へ誘導しようとする。そんな道には助手席の飼育係が難色を示す(当然か…)から、そこもナビを無視して別ルートへ…。
そんなことを繰り返しているうちに“リングワンデリング”をしてしまい、結局一度下へ降りるはめに…。この時間ロスが1時間半ほど、これが痛かった。帰宅して地図を確認すると、すべてナビの指示を無視していれば最短で木賊峠に着いていたようなのである。
それを話すと、「今まで機械に頼らずにやってきてうまくいってたんだから、今までどおりにやればいいってことなの…」と飼育係に諭された。下調べは綿密にやらなくては…。

ということで、撮ったのは…。

初狩PA(下り)からの富士山。今の季節にしてはすごくきれいに見えた。
e0100711_0593160.jpg


こんな風にスミレもきれいに咲いてました。(上ってきたヒメギフが日向ぼっこするには好適と思える場所で…)
e0100711_1104489.jpg

(どうも近いのはピンがうまく合わない。老眼鏡が必要か…?)

入笠ではこんなヤナギで吸蜜してたっけ…。
e0100711_121517.jpg


木賊峠から望む富士山。
e0100711_1317.jpg


帰りに下っていたらいきなり八ヶ岳が見えました。
e0100711_1406.jpg

[PR]
by luehdorf | 2012-05-15 01:11 | チョウなど | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://himegi.exblog.jp/tb/17985744
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nomusan at 2012-05-15 20:51 x
綺麗ですねぇ富士山。ええなぁ~。

ゆっくりと楽しませて頂きました。これぞ蝶屋の醍醐味でございますよね~。
これからしばらく楽しめそうな環境を見つけられたようですね。来年以降が楽しみです。って今年でもまだ行けそうかな?
続編を楽しみにしています。

私も今季から本格的にナビを使い始めまして、わかってる道でも「ナビがどう案内するか?」を確かめたくてひたすら案内してもらいましたが、やはり極力国道を走らせたがるようですね~。で、国道がなければ県道(笑)。
特に、先日筑後川でシルビアのポイントを廻ったときに感じたのが、「県道でもない土手は道として認識してないのか?。」と思うくらい土手の道を誘導してくれませんでした(笑)。
なので、ある程度のエリアに入ったらやはり地形図や地図を見て自分でコース取りした方が良さそうですね(笑)。
Commented by K.M at 2012-05-15 21:15 x
またいつかまだ見ぬヒメギフの採集ガイドしてくださ~い。お願いしまぁ~す。
Commented by luehdorf at 2012-05-15 23:25 x
呑むさん様
朝、家を出るときに、この季節には珍しく、富士山がくっきりと拝めたのです。
で、中央道の富士山ビューポイントである初狩PAに寄ると、皆さんカメラやケータイで…。

カーナビ、あまり“リルート”させたら分岐でもないのに「まもなく左方向です」などと。
飼育係は「機械もいい加減呆れていやになってるのかもよ…」。
やはりきちんと予習をすべきですね。

山梨、少しあなどっていました。道さえ間違えなければ家から2時間ほどでヒメギフやキベリと“勝負”できるんですから…。
これは気合を入れていろいろと動いてみなければ…。
Commented by luehdorf at 2012-05-15 23:27 x
K.M様
長野はおおよそご案内できると思います。
山梨に関しては“数”の期待できるところを探していきます。
ぜひ“東征”をなさってください。
Commented by K.M at 2012-05-15 23:46 x
あざーす!
場所にもよるけど長野の方が近いので有り難いっす。
ピカピカであろう場所と時期の選定が難しいと思ってなかなか計画に踏み出せないでいます。
でも当たり外れあるからダメもとで構いませんので…。ゴールデンウィーク後半当たりでしょうか?
その次の週末ぐらいでしょうか?
Commented by luehdorf at 2012-05-16 23:15 x
K.M様
ボクの行く所は平年並みの気候ならGWでメスの方が多くなるかな?ってところです。
入笠は全山ベタにいますので、麓の青柳駅周辺が4月下旬、標高が高くなればGWがベスト。6月中旬に元気よく翔ぶメスを採ったことがあります。
八ヶ岳西麓に黒味の強いヒメが採れるところがあるのですが、ちょいと面倒で…。
<< 一関市釣山公園 新東名 >>