南岸低気圧

絶え間なく降る雪を見て、上京した年を思い出した。
あのときは確か3月4日、学科試験の2日目だった。
3月の東京でこんなに降るのかよ、と思いつつ電車に乗り、新宿の中央改札で小田急に乗ってしまった。
窓の外の景色が前日と違う。?と思って停車駅の表示を見ると『下北沢』。知らないよこんな駅…。間違いに気づき、慌てて飛び降りて反対側のホームに来た上りに乗り換えた。
新宿の改札で駅員に事情を話し、そのまま通過させてもらって京王線にダッシュした。
自動改札の現在なら、小田急の改札に切符を投入したときにはじかれたのだろうが、当時は駅員がパンチを使っていた頃だから、乗り換え切符のチェックも結構いい加減だったのだろう。
下車駅からもダッシュして試験場に着くと、開始から5分経っていた。正門前では「あの頃」のことであるから、院生や4年生が警備に立っていた(オリンピックチャンピオンの加藤さんもいたから驚いた)。「すみません。新宿で電車を乗り間違えて遅れてしまいました」と受験票を出しながら言うと、一人の方が、「大丈夫だ。一緒に来い」と言って教室までついてきてくれた。その方が小さくドアをノックし、監督官に事情を伝えてくれて入室を許された。
問題用紙を渡されて落ち着いたけれど、結構動揺したなぁ。
この2日後が実技の初日。グラウンドにはまだ雪が所々残っていた。
最初が陸上のハイジャンプ。助走路はアンツーカーの保護のためかむしろが敷いてあった。それが濡れているので踏み切りの際に足が滑る。そして着地点は砂場で、これも濡れて砂が硬くなっている。試験官は「無理はしないでいいぞ」と言ってくれたのに、周りはずいぶんと一生懸命にやってたっけ…。
実はこのとき、こちらはヒドイ二日酔いだった。前日に学科が終わったら、寮の先輩たちが「合格祝いだぁ!」と…。
電気ポットで燗をした日本酒そしてサントリーのレッドの大瓶。初めて呑むのだからペースなんか分からない。注がれるままに呑み、気づいたらベッドに寝かされていた。
朝、「時間だぞ」と声をかけられて起きると、周りがゆがんで見える。「大丈夫か?」と言われても「ダメです」とは言えない。着替えの入ったバッグを肩にかけて電車に乗った。
順番を待つ間、中学、高校と一緒だったSがやってきた。「おはよう」と言うと、「お前、何?すごく酒臭いぞ」。そうか、道理で自分の周囲にあまり人がいなかったはずだ。訳を話すと、「お前ネェ、まだ試験があるんです、って断らなきゃ」。「だよなぁ」と言いつつ、それができる性格じゃないと心の中で思っていた。
とにかく、バーが歪んで見えてどう跳べばいいのかも分からない。「無理するな」の試験官の言葉に従い、1本だけ跳んで、「終わります」と宣言した。走るのと投げるのもあったのだが、雪のせいでグラウンド状態が悪いから、1種目でいいとなったのもラッキーだった。
このときの呑み方が幸い(?)だったのか、入学すると、先輩たちからは何かにつけてお誘いがあった。だから南岸低気圧はすぐにお酒と結びついてしまう。

今日はこの曲。

[PR]
by luehdorf | 2012-03-01 01:05 | いろいろ | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://himegi.exblog.jp/tb/17446100
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by itsuki at 2012-03-01 08:21 x
「雪」 ・・・・良く歌いましたね・・・・・
 18才の冬の頃・・・ヤマハ・FG580を買って 揚水や拓郎をコピーしていました
 この頃、「篠島のコンサート」で前座の長渕が”帰れ「コール”を食らい
 涙した事件があった・・・・
 その光景を最前列で眺めていたのが尾崎豊だった
 フォーク・シーンの終焉の頃ですね
 このあと ニュー・ミュージックの荒井由実が登場する・・・・・・
 そんな時代でしたね
Commented by カトカラおんつぁん at 2012-03-01 21:59 x
ゆっきでした〜あなたのあとを・・・♩
私も好きで唄ってましたね。
関東の雪降りにぴったりのタイミングですね。

明日は、陽水の「氷の世界」でしょうか。(笑)

そんなことより、受験前夜に呑み過ぎってのも凄い武勇伝じゃないですか。呑んベーの私もリスペクトしちゃいます。
薬缶で燗をした日本酒やサントリーのレッドの大瓶、みな青い春の想い出の品々です。今じゃ、あんな呑み方してる若者は絶滅してるんでしょうね。きっと。
Commented by nomusan at 2012-03-01 22:17 x
おお、(分家)すごいぞすごいぞ!!
これはええお話し聞かせていただきましたぁ~(爆)。

ここ最近の更新、なかなか入れずにROMさせて頂いておりましたが、やっと足跡残せる話題になりましたぁ~(笑)。
う~ん・・・けど、やっぱり実技とは言え受験の前の晩に呑むのも凄いし呑ませるのも凄いし・・・それよりも受験の時に寮に泊まるってのも考えてみれば・・・全てに”昭和のかほり”が・・・やっぱり私はかの北の国の友人が言うようにもう5年くらい早く生まれていた方が良かったのかなぁ(笑)。

雪・・・ええですねぇこの歌・・・。
Commented by luehdorf at 2012-03-02 00:28
itsuki様
この歌が流行っている頃、ボクは、ある理由でサンタナに夢中でした。
でも周囲は拓郎にハマっているヤツが多く、まぁ、遊んでいるときは常に聞かされていまして、いやでも覚えてしまいました。
そして陽水が、確か「人生が二度あれば」で出てきたのでは…。
でもこの方、その前はアンドレ・カンドレとか名乗っていたんですよね。

’60年代、GS,カレッジフォークから反戦フォークへと流れ、’70年代になって平和になったのでしょう。かぐや姫なんかも含めて「四畳半フォーク」なんて…。
あぁ、懐かしい!
Commented by luehdorf at 2012-03-02 00:36
カトカラおんつぁん様
学科の手応えが結構あったものですから、お誘いにはためらうことなく乗ってしまいました。
ただ、呑んだことがないものですから、レッドを口に含んだらきついので、脇にあった水で薄めようとしたら、岡山出身の先輩が、「ウィスキーを薄めて呑んだらイカン。生のままやるもんじゃ」と…。
焼けるようなのど越しはいまだに忘れられません。
レッドの“ストレート ノー テェーサー”、今は絶対にできません(笑)。
Commented by luehdorf at 2012-03-02 00:48
呑むさん様
えぇ~っと、ミッションにおける“壊れ”の原点がこれでございます(笑)。
カラオケなんぞまだないときですから、赤ペラでの放歌高吟、様々な一発芸と多彩でした。芸人さんとは違い、脱ぎはなかったです。

暮れに帰郷した先輩に宿の相談をしたら、「寮に泊まれるよ」。「いくらぐらいでですか?」。「タダだよ」。即、「お願いします」でした。
5泊したのですが、呑む打つが手軽にできる場所と知り、体操部の春合宿に参加したこともあって、入学式の前に入寮してました(爆)。
寮委員の方は、「まだ受け付けしてないんだけど、入試のときにも泊まってたからなぁ。よし、面接済みってことで特例だ」って…。
このアバウトなところも昭和ですかねぇ。
Commented by カトカラおんつぁん at 2012-03-02 12:12 x
うちの大学にも明善寮ってのが有ったのですが、洗面器でご飯炊いたりしてまして、呑む・打つ(並べるかな)常時開場という具合でしたね。私は自宅通学だったのに、なぜか2日も3日もお泊まりしてましたw

あんな無頼な学生時代を送れた事は、今となっては貴重な経験でしたね。どこかで脱線してみる事は人の成長には必要なんだと思いますね。
Commented by luehdorf at 2012-03-02 23:50
カトカラおんつぁん様
いずこも同じなのですね。
我が寮、4棟80室余りあったのですが、8割以上は明かりが消えていませんでした。
自宅通学のU、“積み木”でハマリまして、深夜12時前のコーヒーブレークの際、お店のピンク電話から「明日帰る」と家に電話していました。
それが3日目からは、「明日は帰れると思うよ」に変わり、結局1週間…。
ボロボロにされて悄然と帰っていきましたっけ…。
でもいい根性をしてまして、その翌週には寝袋を持ち込みまして、半年ほど“幽霊寮生”として暮らしました(笑)。

>どこかで脱線してみる事は人の成長には必要…
ボクは正しく御意にございます(爆)。
Commented by oratei at 2014-07-24 16:00 x
突然のコメントご容赦下さい。

明善寮が大変なことになっています。詳しくは以下のサイトで

詳しくは「明善寮」「退去」をキーワードに検索して下さい。

私は、1973年に中江にあった尚心寮に入寮し、1976年に尚心寮と浩寮を統合して新築された八木山緑町の以文寮に移りました。
<< 工業暗化は…? 初めて… >>